大韓航空の趙亮鎬会長、逮捕状審査に出廷

【写真】数十億円規模の相続税脱税など不正疑惑が掛けられている韓進グループの趙亮鎬会長は5日午前、逮捕状発付の是非を判断する令状審査を受けるため、ソウル南部地裁に出廷した。

大韓航空を傘下に収めている韓国財閥「韓進グループ」の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長が5日、自身の逮捕状発付の是非を判断する令状審査のため、法廷に出頭した。趙会長には数十億円規模の相続税脱税と裏金作りの容疑が掛けられている。

同日午前10時26分、ソウル南部地裁に到着した趙会長は「拘束を避けられると思うか」との報道陣の問いには答えず法廷に向かった。

2日にソウル南部地検刑事6部(キム・ジョンオ部長検事)は国際租税調整に関する法律違反、特定経済犯罪加重処罰法上の横領・背任・詐欺、薬事師法違反の疑いで趙会長に対する逮捕状を請求した。

趙会長とその家族は数十億円規模の相続税を申告せずに裏金とした容疑などが掛けられている。

ソウル国税庁は4月30日に趙会長を脱税容疑で検察に告発している。国税庁は趙会長と4人の子らが2002年に死去した韓進グループ創業者の故趙重勲(チョ・ジュンフン)氏の海外資産を相続する過程で相続税の申告をしなかったと見ている。これによる趙会長の脱税額は50億円規模に上ると見られる。

検察は趙会長の脱税に関連して、先月25日に趙会長の弟である韓進重工業の趙南鎬(チョ・ナムホ)会長とメリッツ・フィナンシャルグループの趙正鎬(チョ・ジョンホ)会長を呼び出し取り調べている。翌26日には前韓進海運会長の故趙秀鎬(チョ・スホ)氏の婦人であり、ユス・ホールディングスのチェ・ウンヨン会長にも相続税の無申告の経緯について取り調べたと伝えられている。

また検察は大韓航空の機内免税品を納品する過程で趙会長の子であるヒョンア氏・ウォンテ氏・ヒョンミン氏ら創業家一家がいわゆる「通行税」を受け取る方法で会社に損害をもたらした容疑(背任)についても疑いを抱いている。

検察は創業家一家が代表を務める免税品仲介業者に利益を与えるため、大韓航空側が金銭的な損害を自ら受け入れていたかどうかについて重点的に調べている。更に検察は不動産の不適切なグループ内取引による横領の容疑も重ねて捜査している。検察が把握している趙会長一家の横領と背任の規模は少なくとも20億円以上になると見られる。

この他にも趙会長は2000年から仁川広域市中区の仁荷大学病院付近に薬剤師と共に「事務長薬局」を開局し、数億円の不当な利益を得た容疑で検察の取り調べを受けている。
検察は先月28日に趙会長を呼び出し、15時間を超す長時間の取り調べを行った。この際に趙会長は容疑の大半を否認したと伝えられている。

趙会長に対する逮捕の可否は今夜遅くか明日の未明には下される。

beruf@fnnews.com イ・ジンヒョク記者
翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の対韓国貿易収支が約1兆8000億円(前年比19.0%減)の黒字を記録したが、欧州の財政危機直後…
  2. 投資銀行ゴールドマン・サックスは、武漢市で発生した新型肺炎が国際原油価格を引き下げるほどの脅威になっ…
  3. 中国湖南省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者が571人まで増加し、死者も17人となった。この…
  4. 米ネットフリックスが21日(現地時間)、昨年第4四半期の実績を発表した。発表によると、海外の新規会員…
  5. ロシア極東ウラジオストクに輸入された日本製の自動車から基準値を超える放射線が検出され、日本に返送した…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る