大韓航空の趙亮鎬会長、逮捕状審査に出廷

【写真】数十億円規模の相続税脱税など不正疑惑が掛けられている韓進グループの趙亮鎬会長は5日午前、逮捕状発付の是非を判断する令状審査を受けるため、ソウル南部地裁に出廷した。

大韓航空を傘下に収めている韓国財閥「韓進グループ」の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長が5日、自身の逮捕状発付の是非を判断する令状審査のため、法廷に出頭した。趙会長には数十億円規模の相続税脱税と裏金作りの容疑が掛けられている。

同日午前10時26分、ソウル南部地裁に到着した趙会長は「拘束を避けられると思うか」との報道陣の問いには答えず法廷に向かった。

2日にソウル南部地検刑事6部(キム・ジョンオ部長検事)は国際租税調整に関する法律違反、特定経済犯罪加重処罰法上の横領・背任・詐欺、薬事師法違反の疑いで趙会長に対する逮捕状を請求した。

趙会長とその家族は数十億円規模の相続税を申告せずに裏金とした容疑などが掛けられている。

ソウル国税庁は4月30日に趙会長を脱税容疑で検察に告発している。国税庁は趙会長と4人の子らが2002年に死去した韓進グループ創業者の故趙重勲(チョ・ジュンフン)氏の海外資産を相続する過程で相続税の申告をしなかったと見ている。これによる趙会長の脱税額は50億円規模に上ると見られる。

検察は趙会長の脱税に関連して、先月25日に趙会長の弟である韓進重工業の趙南鎬(チョ・ナムホ)会長とメリッツ・フィナンシャルグループの趙正鎬(チョ・ジョンホ)会長を呼び出し取り調べている。翌26日には前韓進海運会長の故趙秀鎬(チョ・スホ)氏の婦人であり、ユス・ホールディングスのチェ・ウンヨン会長にも相続税の無申告の経緯について取り調べたと伝えられている。

また検察は大韓航空の機内免税品を納品する過程で趙会長の子であるヒョンア氏・ウォンテ氏・ヒョンミン氏ら創業家一家がいわゆる「通行税」を受け取る方法で会社に損害をもたらした容疑(背任)についても疑いを抱いている。

検察は創業家一家が代表を務める免税品仲介業者に利益を与えるため、大韓航空側が金銭的な損害を自ら受け入れていたかどうかについて重点的に調べている。更に検察は不動産の不適切なグループ内取引による横領の容疑も重ねて捜査している。検察が把握している趙会長一家の横領と背任の規模は少なくとも20億円以上になると見られる。

この他にも趙会長は2000年から仁川広域市中区の仁荷大学病院付近に薬剤師と共に「事務長薬局」を開局し、数億円の不当な利益を得た容疑で検察の取り調べを受けている。
検察は先月28日に趙会長を呼び出し、15時間を超す長時間の取り調べを行った。この際に趙会長は容疑の大半を否認したと伝えられている。

趙会長に対する逮捕の可否は今夜遅くか明日の未明には下される。

beruf@fnnews.com イ・ジンヒョク記者
翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 我が家は家族経営の薬局だ。業務の中心は処方箋調剤だが、一般薬などの販売もしている。コロナ禍において…
  2. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  3. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  4. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  5. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
ページ上部へ戻る
Translate »