米中間選挙が予測不可に…民主党と共和党との差が縮まる

米中間選挙が予測不可に民主党と共和党との差が縮まる

米国中間選挙を前に、共和党と民主党との間の議会多数党争奪戦が熾烈な展開を見せている。最近の世論調査では民主党が優位を維持しているものの、共和党との差が縮まり、結果が予測出来なくなっている。ドナルド・トランプ米国大統領は共和党の上院勝利を楽観しながらも、下院での敗北の可能性には距離を置き始めている。

ウォール・ストリート・ジャーナルと米NBCが11月1日〜3日に、積極投票層774人を含む1000人の登録有権者を対象に、共同世論調査を実施した結果、「どちらが下院で多数党になるべきか?」との質問に、回答者の50%が民主党、43%が共和党をそれぞれ選択した。先月中旬の調査と比較して、9ポイント差から7ポイント差まで差が縮まっている。

特に無党派層での民主党優位が弱まっている。無党派登録有権者の35%が民主党を、26%が共和党を、「下院多数党」として支持し、38%はまだ決めていないと答えた。性別でみると、女性有権者の55%が「下院多数党」に民主党を、37%が共和党を支持。男性有権者の場合には50%が民主党、43%が共和党を支持している。標本誤差は積極投票層では±.53%、登録有権者層では±.10%となる。

今回の世論調査に参加した共和党所属のビル・マッキンターフ氏は、「差が更に縮まったし、競争が更に熾烈になった」と、「共和党としては、依然として望むポイントまでは若干不足していると感じている」との評価だ。

全国的な世論調査では「下院多数党」について、民主党が優位を維持してはいるものの、州単位では共和党優位を見せる所が少なくなかった。これについて「民主党優位」の世論調査結果は、「注意深く」解釈されなければならないと、ウォール・ストリート・ジャーナルが指摘している。

超接戦競合地域の分析結果でも、民主党が下院の過半数を占めるだろうと予想されている。

CBSと世論調査企業のユーガブ(YouGovが先月30日から今月3日まで、66の競合地域内6500人を対象に調査した結果、下院の総435議席の中で、民主党が過半数(218議席)を超す225議席を獲得する可能性が最も高いと分析している。但し、誤差範囲が±13議席なだけに、結果が覆される可能性もある。

共和党全国委員会委員長のロナ・マクダニエル氏は、「下院の議席の差は27議席程度だろう」と、「最近の米国経済の強さが共和党の選挙戦を助けている」と話した。

今回のウォール・ストリート・ジャーナルとNBCとの調査で、積極投票層の中でトランプ大統領に対する支持率は46%となっている。先月14日〜17日の調査結果より1%下落している。回答者の約3/4は、最近起こったピッツバーグにあるユダヤ教会堂での銃乱射事件と、「反トランプ」陣営の人物を対象にした連続爆発物小包発送事件が、下院選挙への投票に大きな影響は与えないとしている。

一方トランプ大統領は、共和党が民主党に下院多数党の地位を奪われる可能性を意識したかのような発言をしている。トランプ大統領は4日、記者らの囲み取材に「私達は下院で上手く行くだろうが、貴方もご存知の通り、私の主な集中対象は上院」だと、「私の考えでは、私達は上院で本当に上手く行っている」と話した。

翻訳:水野卓

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
  2. 米国内でマリファナ(大麻)を吸う人がタバコ喫煙者より多くなったという結果が発表された。 米国の放送C…
  3. F.ableが特別なライブ公演を企画した。 F.ableの所属事務所は最近「F.able3rdSin…
  4. 駐神戸大韓民国総領事館は、「2022神戸K-POPソング&ダンスコンテスト」を開催します。 K-Po…
  5. 製紙や化粧品などを流通する「SUNOCS(サンオクス、代表:太川玉緒)」は、6月9日〜10日にインテ…
ページ上部へ戻る
Translate »