供給不安が解消?国際原油価格が7ヶ月ぶりの低水準に

供給不安が解消?国際原油価格が7ヶ月ぶりの低水準に

米国による対イラン制裁が再開された中、国際原油価格は5日(現地時間)、7ヶ月ぶりの低水準に下落した。

同日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の12月物は前日比0.04ドル安の63.10ドルで取引を終えた。6日続落だ。

先月初めに4年来最高値まで上がった原油価格が安定の動きを見せる理由は、石油輸出国機構(OPEC)の増産の動きとイラン産原油の輸入禁止処置に例外国を指定したことが背景になっている。

米政府はイラン産原油の輸入禁止処置に日本や韓国などの8ヵ国については一時的に例外を認めることにした。一部の国にイラン産原油の輸入を当面容認し、供給不安を和らげるのが米政府の狙い。インドと中国を例外国に含めたこともイラン制裁による原油供給減少の衝撃を緩和するためとみられる。

また、米国と中国の貿易摩擦による原油需要減少への懸念と米国の原油在庫の増加も原油価格を下落させる要因となっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昨年12月20日に韓国海軍艦艇と日本海上自衛隊の哨戒機のレーダー照射問題が起きてからすでに一ヶ月が経…
  2. 韓国の弁護士団体「民主社会のための弁護士会」は22日、新日鉄住金への追加訴訟を準備中だと伝えた。同団…
  3. 韓国国防部は22日、日本と対立しているレーダー照射問題と関連して米国と情報を共有していると伝えた。…
  4. 韓国経済最後の砦である輸出戦線に赤信号が灯った。21日に関税庁が発表した資料によると、今月1〜20日…
  5. ビットコインが3600ドル台を割り込み、3500ドル台で値動きしている。3500ドルは多くの専門家ら…

おすすめ記事

  1. 2019-1-21

    米朝首脳会談、開催場所はハノイかダナンか…米朝両者に近しいベトナムが有力

    2回目の米朝首脳会談の開催地として、ベトナムのハノイとダナンが有力視されている。ベトナムは米朝両者と…
  2. 2019-1-16

    PM2.5が変えた韓国社会…野外での活動が減少

    PM2.5が一年中韓国の空気を支配している。市民らは今月13日から15日まで3日連続で最悪の大気汚染…
  3. 2019-1-8

    韓国、結婚離れ加速…未婚率で日本を上回る

    韓国、結婚離れ加速…未婚率で日本を上回る 韓国の未婚率が急速に増加していることが分かった。ま…
  4. 2019-1-7

    CESの5大トピックに「ブロックチェーン」初選定

    CESの5大トピックに「ブロックチェーン」初選定 ‐5G、IoT、ヘルスケア、自動車と共にC…
  5. 2018-12-30

    韓国人が日本で犯した犯罪は韓国の法律に基づき処罰することは可能か?

    [JL法律事務所代表 朴性文の法律相談] 韓国人が日本で犯した犯罪は韓国の法律に基づ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る