韓流ブームから15年…人気ドラマ主題歌のコンサートが東京で開催

韓流ブームから15年…人気ドラマ主題歌のコンサートが東京で開催

韓国コンテンツ振興院と駐日韓国大使館韓国文化院が共同で主催した「Drama Original Sounds Korea2018」が3日、東京・山野ホールで盛況のうち開催された。

2010年に初めて開催され今年で8回目を迎えた「Drama Original Sounds Korea」は韓流の発展と日韓文化交流を促すために毎年、日本で開催されている。今年は特に韓流ブームから15年となる年で、韓流のファンや関係者2000人が集まった。

■「冬のソナタ」を手がけた巨匠ユン・ソクホ監督が特別出演
昼と夜、2回に分けて開催された今年の公演はチケットオープン当日に定員の3倍を超える人数が抽選に応募するなど大きな話題を呼び、代表的な韓流コンサートとしての名声を確固たるものにした。

公演では「冬のソナタ」、「パリの恋人」など過去に韓流を広めた作品のOSTを演奏し、観客を楽しめた。他にも「シグナル」、「ミッシングナイン」、「キルミーヒールミー」、「パリの恋人」、「私のおじさん」など様々なドラマの主題歌を歌った主人公たちが生のライブを披露し、観客に原曲の感動を与えた。

特に今回の公演では「秋の童話」、「冬のソナタ」、「夏の香り」、「春のワルツ」などで愛されたユン・ソクホ監督が特別ゲーストとして出演し注目を集めた。ユン監督とドラマ楽曲の作曲家イ・ジス氏はドラマOST製作の裏話を打ち明けた。ユン監督は「音楽を通じてようやく一つのドラマが完成されると思うほど、ドラマにとって音楽はなくてはならない大切な要素」とし「音楽を先に選んでからドラマを製作した経験もある」と語った。

会場に訪れた日本人の観客は「『冬のソナタ』を通じて韓国を知った以来、今まで韓国ドラマを観ている」とし「今まで観てきたドラマがOSTと共に再現され、まるで同窓会に来ているような気持ち」と満足感を示した。

■韓流のまた違う顔を見せる
シンシンバンドのリーダーで第57号京畿民謡履修者のイ・ヒムンはドラマ「私のおじさん」の挿入歌と韓国伝統の旋律である「難逢歌」を民謡風とロック風を合わせて披露するフュージョン国楽を通じて日本の韓流ファンに韓国の伝統を紹介した。

韓国コンテンツ振興院日本ビジネスセンター長のファン・ソンへ氏は「韓国の音楽というとK-POPアイドルの音楽だけを思い浮かべる傾向が強い。今回の公演をきっかけに日本の韓流ファンに過去の珠玉の作品のOSTだけでなく、フォーク、ミュージカル、フュージョン国楽、クラシックなど韓国音楽の多様性を伝えたかった」と語った。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 歌手チョン・ジュニョンが逮捕された。韓国裁判所は21日、わいせつ動画の撮影および流布の疑いで立件され…
  2. 仮想通貨市場内でのビットコインの市場支配力が徐々に力を失っているとビットコイニストが21日(現地時間…
  3. 麻生太郎副総理兼財務相が参議院の財政•金融委員会会議で、日本政府の仮想通貨政策の方針について明らかに…
  4. ブロックチェーン・仮想通貨業界でいま注目を浴びているのが、サムスン電子の最新スマートフォンGalax…
  5. 韓国の昨年の婚姻率が過去最低水準に落ちた。結婚する平均年齢も上昇し歴代最高水準を記録した。…

おすすめ記事

  1. 2019-3-20

    「安保より実利」 米同盟国の背信…反中国連合に亀裂

    米国を中心とした反中国連合戦線に亀裂が生じ始めている。米国の同盟国を中心にした「反ファーウェイ戦線」…
  2. 2019-3-19

    韓食の決め手は塩

    塩をひとつまみ入れることで隠れていたうま味や甘味、辛み、などがすべて出てくるのです。キムチ作りにも白…
  3. 2019-3-18

    ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に

    ブロックチェーン・仮想通貨業界で2010年5月22日は「ビットコインピザの日」と呼ばれている。米フロ…
  4. 2019-3-15

    スンリとチョン・ジュニョン、夜通しの取り調べ後帰宅…スンリは「入隊延期」

    性接待疑惑が取り沙汰されているBIGBANGのメンバー、スンリ(本名イ・スンヒョン、29才)と、性関…
  5. 2019-3-12

    投資の鬼才ジム・ロジャーズ「北朝鮮では全ての事が収益モデル」

    世界的な投資家であり、ロジャーズ・ホールディングス会長のジム・ロジャーズ氏は、「米国企業では、カーラ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る