韓流ブームから15年…人気ドラマ主題歌のコンサートが東京で開催

韓流ブームから15年…人気ドラマ主題歌のコンサートが東京で開催

韓国コンテンツ振興院と駐日韓国大使館韓国文化院が共同で主催した「Drama Original Sounds Korea2018」が3日、東京・山野ホールで盛況のうち開催された。

2010年に初めて開催され今年で8回目を迎えた「Drama Original Sounds Korea」は韓流の発展と日韓文化交流を促すために毎年、日本で開催されている。今年は特に韓流ブームから15年となる年で、韓流のファンや関係者2000人が集まった。

■「冬のソナタ」を手がけた巨匠ユン・ソクホ監督が特別出演
昼と夜、2回に分けて開催された今年の公演はチケットオープン当日に定員の3倍を超える人数が抽選に応募するなど大きな話題を呼び、代表的な韓流コンサートとしての名声を確固たるものにした。

公演では「冬のソナタ」、「パリの恋人」など過去に韓流を広めた作品のOSTを演奏し、観客を楽しめた。他にも「シグナル」、「ミッシングナイン」、「キルミーヒールミー」、「パリの恋人」、「私のおじさん」など様々なドラマの主題歌を歌った主人公たちが生のライブを披露し、観客に原曲の感動を与えた。

特に今回の公演では「秋の童話」、「冬のソナタ」、「夏の香り」、「春のワルツ」などで愛されたユン・ソクホ監督が特別ゲーストとして出演し注目を集めた。ユン監督とドラマ楽曲の作曲家イ・ジス氏はドラマOST製作の裏話を打ち明けた。ユン監督は「音楽を通じてようやく一つのドラマが完成されると思うほど、ドラマにとって音楽はなくてはならない大切な要素」とし「音楽を先に選んでからドラマを製作した経験もある」と語った。

会場に訪れた日本人の観客は「『冬のソナタ』を通じて韓国を知った以来、今まで韓国ドラマを観ている」とし「今まで観てきたドラマがOSTと共に再現され、まるで同窓会に来ているような気持ち」と満足感を示した。

■韓流のまた違う顔を見せる
シンシンバンドのリーダーで第57号京畿民謡履修者のイ・ヒムンはドラマ「私のおじさん」の挿入歌と韓国伝統の旋律である「難逢歌」を民謡風とロック風を合わせて披露するフュージョン国楽を通じて日本の韓流ファンに韓国の伝統を紹介した。

韓国コンテンツ振興院日本ビジネスセンター長のファン・ソンへ氏は「韓国の音楽というとK-POPアイドルの音楽だけを思い浮かべる傾向が強い。今回の公演をきっかけに日本の韓流ファンに過去の珠玉の作品のOSTだけでなく、フォーク、ミュージカル、フュージョン国楽、クラシックなど韓国音楽の多様性を伝えたかった」と語った。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »