世界初のブロックチェーンスマホ「FINNEY」、仮想通貨決済・送金支援

世界初のブロックチェーンスマホ「FINNEY」、仮想通貨決済・送金支援

‐チェーンパートナース子会社コインダックとスイスのスマートフォン開発企業シリンラボが業務協約

今月発売される世界初のブロックチェーン・スマートフォン「フィンニー(Finney)」に、韓国発の仮想通貨決済・送金技術が搭載される。

チェーンパートナース(Chain Partners)の子会社、仮想通貨決済サービス企業のコインダック(Coinduck)は、スイスのスマートフォン開発企業シリンラボ(Sirin Labs)と先月29日に戦略的提携を結んだ事を7日、明らかにした。

コインダックは別途の装置やアプリケーション無しで、オン・オフラインで仮想通貨イーサリアム(ETH)を決済出来る。現在韓国国内1000ヶ所以上の店舗で利用されているコインダックのサービスが、シリンラボが今月発売するブロックチェーン・スマートフォン「フィンニー」にも搭載される。

「フィンニー」は、ウォレット機能を使用する際にのみ通信網に接続される「コールド・ウォレット」を搭載し、保安性を高めている。またアンドロイド基盤の侵入防止機能を追加し、ハッキングの危険性を最小化しているとの評価だ。

コインダックは今回の業務協約で、「フィンニー」により仮想通貨決済に伴う手続きを大幅に減らす事が具現化される。またボタンさえ押せば送金先アドレスのコピーや転送も可能となる。

シリンラボのズビカ・ランダウ代表は、「コインダックと共に仮想通貨の送金や決済に掛かる時間を短縮し、より簡単に利用出来るようになった」と、「今後の日常の中では、スマートフォンで仮想通貨をより便利に利用出来るだろう」と話した。

コインダックのシン・ミンソプ代表は、「今回の業務協約で人々が仮想通貨を安全に、より気軽に経験出来るようになった」と、「ブロックチェーン基盤システムの保安性を元に、仮想通貨は徐々に実際の貨幣に取って代わるだろう」と強調した。

コインダックとシリンラボが共同で発表するブロックチェーン・スマートフォン「フィンニー」は、11月に発売開始となり、韓国では来月12月中に発売される予定だ。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る