世界初のブロックチェーンスマホ「FINNEY」、仮想通貨決済・送金支援

世界初のブロックチェーンスマホ「FINNEY」、仮想通貨決済・送金支援

‐チェーンパートナース子会社コインダックとスイスのスマートフォン開発企業シリンラボが業務協約

今月発売される世界初のブロックチェーン・スマートフォン「フィンニー(Finney)」に、韓国発の仮想通貨決済・送金技術が搭載される。

チェーンパートナース(Chain Partners)の子会社、仮想通貨決済サービス企業のコインダック(Coinduck)は、スイスのスマートフォン開発企業シリンラボ(Sirin Labs)と先月29日に戦略的提携を結んだ事を7日、明らかにした。

コインダックは別途の装置やアプリケーション無しで、オン・オフラインで仮想通貨イーサリアム(ETH)を決済出来る。現在韓国国内1000ヶ所以上の店舗で利用されているコインダックのサービスが、シリンラボが今月発売するブロックチェーン・スマートフォン「フィンニー」にも搭載される。

「フィンニー」は、ウォレット機能を使用する際にのみ通信網に接続される「コールド・ウォレット」を搭載し、保安性を高めている。またアンドロイド基盤の侵入防止機能を追加し、ハッキングの危険性を最小化しているとの評価だ。

コインダックは今回の業務協約で、「フィンニー」により仮想通貨決済に伴う手続きを大幅に減らす事が具現化される。またボタンさえ押せば送金先アドレスのコピーや転送も可能となる。

シリンラボのズビカ・ランダウ代表は、「コインダックと共に仮想通貨の送金や決済に掛かる時間を短縮し、より簡単に利用出来るようになった」と、「今後の日常の中では、スマートフォンで仮想通貨をより便利に利用出来るだろう」と話した。

コインダックのシン・ミンソプ代表は、「今回の業務協約で人々が仮想通貨を安全に、より気軽に経験出来るようになった」と、「ブロックチェーン基盤システムの保安性を元に、仮想通貨は徐々に実際の貨幣に取って代わるだろう」と強調した。

コインダックとシリンラボが共同で発表するブロックチェーン・スマートフォン「フィンニー」は、11月に発売開始となり、韓国では来月12月中に発売される予定だ。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  2. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  3. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  4. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  5. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…

おすすめ記事

  1. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  2. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  3. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
ページ上部へ戻る
Translate »