トランプ氏、「来年早々に二回目の米朝会談が開かれる…急ぎはしない」

トランプ氏、「来年早々に二回目の米朝会談が開かれる急ぎはしない」

ドナルド・トランプ米国大統領が7日、米朝高位級会談が突然延期された事について、「憂慮していない」と述べ、来年早々の第二回米朝首脳会談開催の立場を再確認した。

トランプ大統領は米中間選挙の翌日となるこの日、ホワイトハウスで行われた記者会見で、二回目の米朝首脳会談開催に関する質問を受け、「来年早々のいつか」と答えた。今月8日にニューヨークで予定されていた、マイク・ポンペオ米国務長官と金英哲(キム・ヨンチョル)北朝鮮労働党副委員長兼統一戦線部長との、米朝高位級会談が突然延期された事に関連して、米朝首脳会談は変化無く開かれるのかとの質問に対する返事だ。

トランプ大統領は高位級会談が延期された背景について、「スケジュールが決まっていたので、そちら(米朝高位級会談の日程)を変えようと考えた」と説明している。続けて、「私達は他の日に会おうと考えている」と、「会談の日程は改めて決めるだろう」と付け加えた。

トランプ大統領が言及したスケジュールとは、今月11日の第一次世界大戦終戦100周年記念行事参加を兼ねてフランスを訪問するため、今月9日に出国する予定だった事を言っていると思われる。このため金副委員長が渡米したとしても、今年5月末〜6月初の一回目の訪米時とは違い、トランプ大統領との面会は成されないとみられていた。

これに先だって米国務省はこの日の0時に、米朝高位級会談が延期され、両者の日程が許される時に改めて会う事になるだろうと発表し、その背景についての憶測が飛び交った。

トランプ大統領は、「私達は北朝鮮と上手く行っている事にとても満足し、上手く行くと考えている。急ぎはしない」と話した。対北制裁に関しては、「制裁は維持されている」としながら、「制裁を無くしたいのだが、彼ら(北朝鮮)も同様に応えなければならない」と伝えた。

翻訳:水野卓

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昨年12月20日に韓国海軍艦艇と日本海上自衛隊の哨戒機のレーダー照射問題が起きてからすでに一ヶ月が経…
  2. 韓国の弁護士団体「民主社会のための弁護士会」は22日、新日鉄住金への追加訴訟を準備中だと伝えた。同団…
  3. 韓国国防部は22日、日本と対立しているレーダー照射問題と関連して米国と情報を共有していると伝えた。…
  4. 韓国経済最後の砦である輸出戦線に赤信号が灯った。21日に関税庁が発表した資料によると、今月1〜20日…
  5. ビットコインが3600ドル台を割り込み、3500ドル台で値動きしている。3500ドルは多くの専門家ら…

おすすめ記事

  1. 2019-1-21

    米朝首脳会談、開催場所はハノイかダナンか…米朝両者に近しいベトナムが有力

    2回目の米朝首脳会談の開催地として、ベトナムのハノイとダナンが有力視されている。ベトナムは米朝両者と…
  2. 2019-1-16

    PM2.5が変えた韓国社会…野外での活動が減少

    PM2.5が一年中韓国の空気を支配している。市民らは今月13日から15日まで3日連続で最悪の大気汚染…
  3. 2019-1-8

    韓国、結婚離れ加速…未婚率で日本を上回る

    韓国、結婚離れ加速…未婚率で日本を上回る 韓国の未婚率が急速に増加していることが分かった。ま…
  4. 2019-1-7

    CESの5大トピックに「ブロックチェーン」初選定

    CESの5大トピックに「ブロックチェーン」初選定 ‐5G、IoT、ヘルスケア、自動車と共にC…
  5. 2018-12-30

    韓国人が日本で犯した犯罪は韓国の法律に基づき処罰することは可能か?

    [JL法律事務所代表 朴性文の法律相談] 韓国人が日本で犯した犯罪は韓国の法律に基づ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る