トランプ氏、「来年早々に二回目の米朝会談が開かれる…急ぎはしない」

トランプ氏、「来年早々に二回目の米朝会談が開かれる急ぎはしない」

ドナルド・トランプ米国大統領が7日、米朝高位級会談が突然延期された事について、「憂慮していない」と述べ、来年早々の第二回米朝首脳会談開催の立場を再確認した。

トランプ大統領は米中間選挙の翌日となるこの日、ホワイトハウスで行われた記者会見で、二回目の米朝首脳会談開催に関する質問を受け、「来年早々のいつか」と答えた。今月8日にニューヨークで予定されていた、マイク・ポンペオ米国務長官と金英哲(キム・ヨンチョル)北朝鮮労働党副委員長兼統一戦線部長との、米朝高位級会談が突然延期された事に関連して、米朝首脳会談は変化無く開かれるのかとの質問に対する返事だ。

トランプ大統領は高位級会談が延期された背景について、「スケジュールが決まっていたので、そちら(米朝高位級会談の日程)を変えようと考えた」と説明している。続けて、「私達は他の日に会おうと考えている」と、「会談の日程は改めて決めるだろう」と付け加えた。

トランプ大統領が言及したスケジュールとは、今月11日の第一次世界大戦終戦100周年記念行事参加を兼ねてフランスを訪問するため、今月9日に出国する予定だった事を言っていると思われる。このため金副委員長が渡米したとしても、今年5月末〜6月初の一回目の訪米時とは違い、トランプ大統領との面会は成されないとみられていた。

これに先だって米国務省はこの日の0時に、米朝高位級会談が延期され、両者の日程が許される時に改めて会う事になるだろうと発表し、その背景についての憶測が飛び交った。

トランプ大統領は、「私達は北朝鮮と上手く行っている事にとても満足し、上手く行くと考えている。急ぎはしない」と話した。対北制裁に関しては、「制裁は維持されている」としながら、「制裁を無くしたいのだが、彼ら(北朝鮮)も同様に応えなければならない」と伝えた。

翻訳:水野卓

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  2. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  3. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  4. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  5. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
ページ上部へ戻る
Translate »