サムスン電子、折り畳みスマホ「ギャラクシーF」公開…価格は?

サムスン電子、折り畳みスマホ「ギャラクシーF」公開…価格は?

韓国のサムスン電子は8日、米サンフランシスコで開いた開発者向け会議で折り畳み式スマホ「ギャラクシーF」を初公開した。

登壇したサムスン電子米国法人の役員ジャスティン・デニソン氏がポケットから取り出したギャラクシーFは、画面を折り畳めるフォルダブル端末だった。7.3インチの画面が内側に二つ折りにする方式で、開いた時は一般的なタブレットの画面となり、折りると4インチ級の画面に変わる。タブレットとスマホの特徴を同時に実現したもので、「ポケットに収まるタブレット」として注目を集めた。

■画面を折り畳む技術
画面を折り畳む技術はディスプレイメーカーが5年も前に開発した技術。しかし、スマートフォンに適用しようとしたら高い壁がある。一日に数十回も折り畳んだり開くには耐久性が良くなければならない。画面自体の厚さを抑えながら、柔軟性を高めることが不可欠。そのため、ギャラクシーFに入ったのが5つの層で構成された「インフィニティ・フレックス・ディスプレー」だった。サムスン電子の説明によると、タッチを認識する曲がるフィルム、薄型網偏光フィルム、曲げても壊れないように緩衝剤の役割をするフィルムまで入れた。

■厚さは?
現在ギャラクシーFの厚さは正確に知られていない。ただ公開された映像からは、最新のスマートフォンの2倍以上の厚さ。実用性と携帯性を向上させるため、発売されるまでこの厚さをいくら減らすのかが成功のカギになると思われる。

■発売時期は?
発売時期も正確に公開されていない。業界では来年1月の家電総合展示会「CES 2018」
か、または2月のモバイル・ワールド・コングレス(MWC)で公開して正式に発売するとみている。しかし、サムスン電子が、完成度をどこまで高めるのかによって発売時期がさらに遅れることもあると思われる。

■価格は?
韓国業界ではギャラクシーFの出荷価格が日本円で15万〜20万円と多少高く設定されると予想する。タブレットサイズの大画面に加え、大容量バッテリーなど価格の上昇要因が多いためだ。

サムスン電子のコ・ドンジン無線事業部社長は今年8月、ギャラクシーノート9の発表後の記者懇談会で、「フォルダブルは大画面を折り畳めたり開ける機器。高度な技術が必要で、低価格で発売することは難しい」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米中の第一段階の貿易交渉が合意に到達した中、実際の履行過程における難関が少なからず予想される。…
  2. 日韓貿易当局が16日、東京で日本政府の輸出規制をめぐり、局長級政策対話を開いた。5か月前の課長級対話…
  3. 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が16日、韓国外交部のイ・ドフン韓半島平和交渉本部長と会談した。同席…
  4. 世界最大の証券会社であるバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが、過去10年間で最高の収益率を見せた資…
  5. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る