韓国株、コスピ小幅下落…米利上げ示唆が嫌気

韓国株、コスピ小幅下落…米利上げ示唆が嫌気

9日の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI)は小幅下落した。米連邦準備理事会(FRB)が前日の声明で金利を引き上げる方針である事を示唆したことが嫌気された。

同日のKOSPI指数は前日比6.54(0.31%)ポイント安の2086.09を記録した。午前の取引序盤は短期的な上値抵抗とされていた2100を迫る場面もあったが、機関投資家の売りに下落に転じた。FRBが満場一致で政策金利の据え置きを決定したものの、「今回のFRB声明で今年12月に金利を一段階引き上げることがほぼ確実視された」として市場は下落に動いた。

新興企業向け株式市場コスダック指数も0.92%安で取引を終えた。コスダック指数は前日比6.38ポイント安の687.29を記録した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
  4. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  5. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
ページ上部へ戻る
Translate »