今週の韓国株、不確実性で身構えるコスピ

今週の韓国株、不確実性で身構えるコスピ

今週の韓国株式市場は米中間選挙を巡って期待感と失望感が交差し、明確な方向性を見せずに終わった。先週の下落から上昇反発したものの、経済の先行き懸念は依然として高く、上昇の勢いは短期的な上値抵抗線にぶつかる模様だ。

今週の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI)は前週比0.47%安の2086.09を記録した。コスピは一時、短期的な上値抵抗線とされる2100を突破し2120まで上昇した場面もあったが、守り切れなかった。週初めは先週末の雰囲気が続き強い上昇の動きを見せたが、週後半に行くほど勢いは衰えた。原因は機関投資家の売りだった。

1週間の累積基準で機関の売りは1兆2588億ウォン規模に達している。個人と海外勢はそれぞれ7400億ウォン、4100億ウォン規模の買いで機関の売りに対抗したが、指数の下落は避けられなかった。

新興企業向け株式市場のコスダック(KOSDAQ)指数も一時700ポイントを上回ったが、小幅安で今週の取引を終えた。コスダック指数は前週比0.49%安の687.29で先週に続き2週連続下落した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国で新型コロナウイルス事態がますます深刻さを増しているなか、政府の内部報告書が伝えられ、さらに懸念…
  2. 日本の安倍晋三首相が新型コロナウイルスの検査に「ドライブスルー」方式の導入を検討すると明らかにした。…
  3. ■中国中央銀行「CBDC開発は最優先課題」 中国の中央銀行である人民銀行が先週の3日、「中国…
  4. 米国内での新型コロナウイルス感染拡大について、ドナルド・トランプ米国大統領が「数多くの死亡者が発生す…
  5. -1ヶ月でマスク供給量は2倍に-マスク不足に対する市民意識にも変化 「薬局前の行列が消えまし…

おすすめ記事

  1. 民団中央本部の呂健二団長は8日、日本政府が新型コロナウイルスの感染拡大で非常事態宣言を発表したことに…
  2. 韓国では「社会的距離を置く」キャンペーンが19日まで2週間延長されたが、これまで休業を続けていた営業…
  3. 日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓…
  4. 今月1日の夜9時、夜の深まりとともに不夜城と化していた、韓国の渋谷と呼ばれる「弘大」では、まだ早い時…
  5. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
ページ上部へ戻る
Translate »