今週の韓国株、不確実性で身構えるコスピ

今週の韓国株、不確実性で身構えるコスピ

今週の韓国株式市場は米中間選挙を巡って期待感と失望感が交差し、明確な方向性を見せずに終わった。先週の下落から上昇反発したものの、経済の先行き懸念は依然として高く、上昇の勢いは短期的な上値抵抗線にぶつかる模様だ。

今週の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI)は前週比0.47%安の2086.09を記録した。コスピは一時、短期的な上値抵抗線とされる2100を突破し2120まで上昇した場面もあったが、守り切れなかった。週初めは先週末の雰囲気が続き強い上昇の動きを見せたが、週後半に行くほど勢いは衰えた。原因は機関投資家の売りだった。

1週間の累積基準で機関の売りは1兆2588億ウォン規模に達している。個人と海外勢はそれぞれ7400億ウォン、4100億ウォン規模の買いで機関の売りに対抗したが、指数の下落は避けられなかった。

新興企業向け株式市場のコスダック(KOSDAQ)指数も一時700ポイントを上回ったが、小幅安で今週の取引を終えた。コスダック指数は前週比0.49%安の687.29で先週に続き2週連続下落した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
  2. BTS(防弾少年団)の所属事務所ビッグヒットエンターテインメントは18日、ソウル・江南区にBTSのポ…
  3. グローバル・ブロックチェーン・仮想通貨プロジェクト「リブラ(Libra)」を主導するフェイスブックの…
  4. 約2週後に迫った英国のEU脱退(ブレグジット)をめぐり、英国と欧州連合(EU)が劇的に新しい脱退協定…
  5. 米動画配信大手ネットフリックスが今年第3四半期に市場予想を上回る純利益を記録した。しかし新規加入者数…

おすすめ記事

  1. 今年6月に沖縄県那覇市で中国人観光客をAEDで助けた蔚山(ウルサン)消防本部職員に那覇市消防局長から…
  2. フェイスブックの仮想通貨リブラの同盟が急激に揺れ動いている。世界最大のオンライン決済企業のひとつ、ペ…
  3. 今年下半期に日本円の価値が世界各国の通貨の中で最も大幅に上昇するとの見通しだ。世界的な景気沈滞への憂…
  4. 韓国外交部は27日、声明を出し、「日本の防衛白書は、我々の固有の領土である独島(竹島)に対して領有権…
  5. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
ページ上部へ戻る