今週の韓国株、不確実性で身構えるコスピ

今週の韓国株、不確実性で身構えるコスピ

今週の韓国株式市場は米中間選挙を巡って期待感と失望感が交差し、明確な方向性を見せずに終わった。先週の下落から上昇反発したものの、経済の先行き懸念は依然として高く、上昇の勢いは短期的な上値抵抗線にぶつかる模様だ。

今週の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI)は前週比0.47%安の2086.09を記録した。コスピは一時、短期的な上値抵抗線とされる2100を突破し2120まで上昇した場面もあったが、守り切れなかった。週初めは先週末の雰囲気が続き強い上昇の動きを見せたが、週後半に行くほど勢いは衰えた。原因は機関投資家の売りだった。

1週間の累積基準で機関の売りは1兆2588億ウォン規模に達している。個人と海外勢はそれぞれ7400億ウォン、4100億ウォン規模の買いで機関の売りに対抗したが、指数の下落は避けられなかった。

新興企業向け株式市場のコスダック(KOSDAQ)指数も一時700ポイントを上回ったが、小幅安で今週の取引を終えた。コスダック指数は前週比0.49%安の687.29で先週に続き2週連続下落した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »