韓国と北朝鮮、非武装地帯の監視所撤退開始…10日に兵力撤収が完了

韓国と北朝鮮、非武装地帯の監視所撤退開始…10日に兵力撤収が完了

韓国と北朝鮮は10日、南北軍事合意書の履行のため、非武装地帯(DMZ)内の監視所のうち、試験的撤退の対象となっている監視所から火器と兵力の撤収する予定だ。

試験的に撤収する監視所は韓国と北朝鮮がそれぞれ11カ所。韓国政府の関係者は「同日中に撤収作業が完了する予定で、北朝鮮側も兵力の撤収と火器の取り外し作業を進めている」と説明した。現在、韓国と北朝鮮の軍事境界線の南北各2キロに設定された非武装地帯には、韓国が60ヵ所、北朝鮮が160ヵ所の監視所がある。両国は試験的に各11カ所を撤退した後、非武装地帯内の全監視所を取り壊すことに合意した。

当初、試験的に撤収する監視所は爆破する方式で完全になくすことにしたが、安全性と環境への影響などを考慮し、掘削機を利用して取り壊すことにした。今回の撤退作業は12月中に相互検証を実施し、撤退状況を評価する予定だ。

ただ、保存価値のある一部の監視所を平和の象徴や観光資源などに活用することに合意し、それぞれ1カ所の監視所を保存することにした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  4. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  5. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »