韓国と北朝鮮、非武装地帯の監視所撤退開始…10日に兵力撤収が完了

韓国と北朝鮮、非武装地帯の監視所撤退開始…10日に兵力撤収が完了

韓国と北朝鮮は10日、南北軍事合意書の履行のため、非武装地帯(DMZ)内の監視所のうち、試験的撤退の対象となっている監視所から火器と兵力の撤収する予定だ。

試験的に撤収する監視所は韓国と北朝鮮がそれぞれ11カ所。韓国政府の関係者は「同日中に撤収作業が完了する予定で、北朝鮮側も兵力の撤収と火器の取り外し作業を進めている」と説明した。現在、韓国と北朝鮮の軍事境界線の南北各2キロに設定された非武装地帯には、韓国が60ヵ所、北朝鮮が160ヵ所の監視所がある。両国は試験的に各11カ所を撤退した後、非武装地帯内の全監視所を取り壊すことに合意した。

当初、試験的に撤収する監視所は爆破する方式で完全になくすことにしたが、安全性と環境への影響などを考慮し、掘削機を利用して取り壊すことにした。今回の撤退作業は12月中に相互検証を実施し、撤退状況を評価する予定だ。

ただ、保存価値のある一部の監視所を平和の象徴や観光資源などに活用することに合意し、それぞれ1カ所の監視所を保存することにした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19日に開かれた第11回韓米防衛費分担交渉の3次会議が予定通り進まず早く終了した。午前10時に始まり…
  2. 中国の習近平国家主席が仮想通貨について「金融詐欺」という言葉を発したことで、仮想通貨が全面安の動きを…
  3. 韓国産業通商資源部と韓国貿易協会が18日に発表した資料によると、今年1月から10月まで対日本の貿易収…
  4. 香港に駐留している中国人民解放軍(PLA)が香港の街に現れた。デモで汚くなった道路などを掃除するため…
  5. 米連邦準備制度理事会(FRB)がステーブルコインによって世界金融市場に小さくない打撃がくると警告した…

おすすめ記事

  1. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  2. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  3. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  4. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  5. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
ページ上部へ戻る