韓国、経済先行きに不安感増加…「悲観論が急増」

韓国、経済先行きに不安感増加…「悲観論が急増」

韓国世論調査機関ギャラップは9日、来年の景気に対する調査結果を発表し、悲観的見方が楽観的見方を上回っていると伝えた。悲観的見方の優勢は6ヶ月連続で、ギャラップは「去年9月に調査を開始した以来、悲観と楽観の格差が最も大きく広がった」と説明した。

ギャラップによると、6〜8日に全国の成人1002人を対象に今後1年の景気はどうなるかについて世論調査を行った結果、「更に悪化する」との答えは53%だった。一方「よくなる」は16%で、「現状並み」は27%だった。「悪化する」との悲観的な見方は先月の調査より7%ポイント増加し、「よくなる」との楽観的な見方は4%ポイント減少した。

悲観と楽観の差は約10%で、ギャラップで実施した去年9月の調査開始以来、最大の格差となった。ギャラップは「直近6ヶ月のすべて調査で悲観的な見方が楽観論より優勢だ」と説明した。50代(68%)と自営業者(65%)が経済の先行きを最も不安視した。所得主導成長政策に対する反感や来年度最低賃金の急激な上昇などが主な原因として分析されている。

今後1年の家計所得については良くなる」は16%にとどまった。その一方、「悪化する」は29%、「現状並み」は52%だった。失業者数の見通しは56%が「増加する」と予想し、「減少する」と「現状並み」はそれぞれ15%と23%だった。

翻訳:尹怡景

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国で新型コロナウイルス事態がますます深刻さを増しているなか、政府の内部報告書が伝えられ、さらに懸念…
  2. 日本の安倍晋三首相が新型コロナウイルスの検査に「ドライブスルー」方式の導入を検討すると明らかにした。…
  3. ■中国中央銀行「CBDC開発は最優先課題」 中国の中央銀行である人民銀行が先週の3日、「中国…
  4. 米国内での新型コロナウイルス感染拡大について、ドナルド・トランプ米国大統領が「数多くの死亡者が発生す…
  5. -1ヶ月でマスク供給量は2倍に-マスク不足に対する市民意識にも変化 「薬局前の行列が消えまし…

おすすめ記事

  1. 民団中央本部の呂健二団長は8日、日本政府が新型コロナウイルスの感染拡大で非常事態宣言を発表したことに…
  2. 韓国では「社会的距離を置く」キャンペーンが19日まで2週間延長されたが、これまで休業を続けていた営業…
  3. 日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓…
  4. 今月1日の夜9時、夜の深まりとともに不夜城と化していた、韓国の渋谷と呼ばれる「弘大」では、まだ早い時…
  5. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
ページ上部へ戻る
Translate »