韓国、経済先行きに不安感増加…「悲観論が急増」

韓国、経済先行きに不安感増加…「悲観論が急増」

韓国世論調査機関ギャラップは9日、来年の景気に対する調査結果を発表し、悲観的見方が楽観的見方を上回っていると伝えた。悲観的見方の優勢は6ヶ月連続で、ギャラップは「去年9月に調査を開始した以来、悲観と楽観の格差が最も大きく広がった」と説明した。

ギャラップによると、6〜8日に全国の成人1002人を対象に今後1年の景気はどうなるかについて世論調査を行った結果、「更に悪化する」との答えは53%だった。一方「よくなる」は16%で、「現状並み」は27%だった。「悪化する」との悲観的な見方は先月の調査より7%ポイント増加し、「よくなる」との楽観的な見方は4%ポイント減少した。

悲観と楽観の差は約10%で、ギャラップで実施した去年9月の調査開始以来、最大の格差となった。ギャラップは「直近6ヶ月のすべて調査で悲観的な見方が楽観論より優勢だ」と説明した。50代(68%)と自営業者(65%)が経済の先行きを最も不安視した。所得主導成長政策に対する反感や来年度最低賃金の急激な上昇などが主な原因として分析されている。

今後1年の家計所得については良くなる」は16%にとどまった。その一方、「悪化する」は29%、「現状並み」は52%だった。失業者数の見通しは56%が「増加する」と予想し、「減少する」と「現状並み」はそれぞれ15%と23%だった。

翻訳:尹怡景

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
  2. BTS(防弾少年団)の所属事務所ビッグヒットエンターテインメントは18日、ソウル・江南区にBTSのポ…
  3. グローバル・ブロックチェーン・仮想通貨プロジェクト「リブラ(Libra)」を主導するフェイスブックの…
  4. 約2週後に迫った英国のEU脱退(ブレグジット)をめぐり、英国と欧州連合(EU)が劇的に新しい脱退協定…
  5. 米動画配信大手ネットフリックスが今年第3四半期に市場予想を上回る純利益を記録した。しかし新規加入者数…

おすすめ記事

  1. 今年6月に沖縄県那覇市で中国人観光客をAEDで助けた蔚山(ウルサン)消防本部職員に那覇市消防局長から…
  2. フェイスブックの仮想通貨リブラの同盟が急激に揺れ動いている。世界最大のオンライン決済企業のひとつ、ペ…
  3. 今年下半期に日本円の価値が世界各国の通貨の中で最も大幅に上昇するとの見通しだ。世界的な景気沈滞への憂…
  4. 韓国外交部は27日、声明を出し、「日本の防衛白書は、我々の固有の領土である独島(竹島)に対して領有権…
  5. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
ページ上部へ戻る