韓国、経済先行きに不安感増加…「悲観論が急増」

韓国、経済先行きに不安感増加…「悲観論が急増」

韓国世論調査機関ギャラップは9日、来年の景気に対する調査結果を発表し、悲観的見方が楽観的見方を上回っていると伝えた。悲観的見方の優勢は6ヶ月連続で、ギャラップは「去年9月に調査を開始した以来、悲観と楽観の格差が最も大きく広がった」と説明した。

ギャラップによると、6〜8日に全国の成人1002人を対象に今後1年の景気はどうなるかについて世論調査を行った結果、「更に悪化する」との答えは53%だった。一方「よくなる」は16%で、「現状並み」は27%だった。「悪化する」との悲観的な見方は先月の調査より7%ポイント増加し、「よくなる」との楽観的な見方は4%ポイント減少した。

悲観と楽観の差は約10%で、ギャラップで実施した去年9月の調査開始以来、最大の格差となった。ギャラップは「直近6ヶ月のすべて調査で悲観的な見方が楽観論より優勢だ」と説明した。50代(68%)と自営業者(65%)が経済の先行きを最も不安視した。所得主導成長政策に対する反感や来年度最低賃金の急激な上昇などが主な原因として分析されている。

今後1年の家計所得については良くなる」は16%にとどまった。その一方、「悪化する」は29%、「現状並み」は52%だった。失業者数の見通しは56%が「増加する」と予想し、「減少する」と「現状並み」はそれぞれ15%と23%だった。

翻訳:尹怡景

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  3. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  4. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  5. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
ページ上部へ戻る
Translate »