学校で仮想通貨採掘した校長と教頭が免職に…中国媒体が報道

学校で仮想通貨採掘した校長と教頭が免職に…中国媒体が報道

中国の中学校校長と教頭が学校で仮想通貨を採掘(マイニング)したことが発覚された。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは10日、同学校は校長と教頭を免職処分としたと報じた。

報道によると、中国の湖南省郴州市の中学校校長レイ・フア氏は昨年6月、家に仮想通貨の採掘機を設置し、イーサリアムのマイニングを始めた。しかし、一日に約21キロワットの電気を消費し、電気代は手に負えないほど膨らんだ。同氏は電気代の節約のため、採掘機を自身が務める学校に移し、約1年間運営した。最初は1台だった採掘機は7台にまで増えた。今年1月には教頭も同じく学校の電力を利用して仮想通貨を採掘した。校長の許可の下でイーサリアムを採掘したという。

校長と教頭の犯罪は、電気使用量が異常に高く出たことを不審に思った地域の電力会社の通報で発覚された。学校は二人を免職処分とした。地元当局は二人が設けた仮想通貨の収入を没収したが、正確な金額については伝えられていない。しかし、中国メディアは二人の採掘事業の収入はあまり高くないと予想した。その理由として、イーサリアムの価格が今年に入って70%以上下落したことと、仮想通貨市場全体が弱気相場に入っていることを挙げた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 華為技術幹部逮捕に中国の強まる米非難...報復措置を警告 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)…
  2. 金正恩氏の年内訪韓は?韓国政府「慌てず催促せず」姿勢強調 ‐韓国政府「今まで進捗した状況…
  3. ビットコインが上昇...BSVは100ドル割り込む ビットコインの価額が上昇の動きを見せている。コイ…
  4. イーサリアム、来年1月にハードフォーク予定 イーサリアムのハードフォークである「コンスタンティノー…
  5. 台湾が脱原発を放棄...その理由は? 台湾の蔡英文政権の脱原発政策にブレーキがかかっている。先月24…

おすすめ記事

  1. 2018-12-10

    歪める韓国音楽チャート…アイドルのファンに占領された

    歪める韓国音楽チャート…アイドルのファンに占領された -評論家「組織的ファンを持たない歌手は…
  2. 2018-12-5

    拇印で結んだ契約 効力はあるか?

    [JL WATER JAPAN代表 朴性文の法律相談] 拇印で結んだ契約 効力はあるか? ‐…
  3. 2018-12-3

    拡大するAI活用、日本の7原則と中国の限界

    拡大するAI活用、日本の7原則と中国の限界 中国の指導部が人工知能(AI)をテーマにセミナーを…
  4. 2018-12-3

    米中貿易戦争「90日間休戦」…完全妥結までは道のり長く

    米中貿易戦争「90日間休戦」...完全妥結までは道のり長く ‐紛争拡大時には中国経済にも打撃…両国…
  5. 2018-11-27

    牛肉の産地情報もブロックチェーンで管理

    牛肉の産地情報もブロックチェーンで管理 ‐韓国情報通信部、来年1月よりブロックチェーンによる畜…

アーカイブ

ページ上部へ戻る