学校で仮想通貨採掘した校長と教頭が免職に…中国媒体が報道

学校で仮想通貨採掘した校長と教頭が免職に…中国媒体が報道

中国の中学校校長と教頭が学校で仮想通貨を採掘(マイニング)したことが発覚された。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは10日、同学校は校長と教頭を免職処分としたと報じた。

報道によると、中国の湖南省郴州市の中学校校長レイ・フア氏は昨年6月、家に仮想通貨の採掘機を設置し、イーサリアムのマイニングを始めた。しかし、一日に約21キロワットの電気を消費し、電気代は手に負えないほど膨らんだ。同氏は電気代の節約のため、採掘機を自身が務める学校に移し、約1年間運営した。最初は1台だった採掘機は7台にまで増えた。今年1月には教頭も同じく学校の電力を利用して仮想通貨を採掘した。校長の許可の下でイーサリアムを採掘したという。

校長と教頭の犯罪は、電気使用量が異常に高く出たことを不審に思った地域の電力会社の通報で発覚された。学校は二人を免職処分とした。地元当局は二人が設けた仮想通貨の収入を没収したが、正確な金額については伝えられていない。しかし、中国メディアは二人の採掘事業の収入はあまり高くないと予想した。その理由として、イーサリアムの価格が今年に入って70%以上下落したことと、仮想通貨市場全体が弱気相場に入っていることを挙げた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米FRBが、当分の間は金利を動かさないとの方針を再確認した。FRBは22日に公開した前回のFOMC議…
  2. 米国議会調査局は、韓国と米国が対北朝鮮政策と関連し大きい差を見せていると指摘した。…
  3. 米国の大手通信会社AT&Tが通信料金の支払いに仮想通貨の利用を支援する。AT&Tは23日(現地時間)…
  4. 米国が対北制裁に違反した北朝鮮の貨物船を差し押さえ、北朝鮮も返還を求め国連などの国際社会に対し外交戦…
  5. 徴用工判決および賠償問題と関連し韓国が財団設立を検討しているとの日本メディアの報道に対し、韓国政府が…

おすすめ記事

  1. 2019-5-22

    OECD、韓国経済成長見通しまた下方修正 2.6%→2.4%

    経済協力開発機構(OECD)が韓国の今年の経済成長率見通しを従来の2.6%から2.4%に0.2%ポイ…
  2. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  3. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  4. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  5. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…

アーカイブ

ページ上部へ戻る