仮想通貨ATM、世界中に4000台普及

仮想通貨ATM、世界中に4000台普及

■「ビットコイン、2022年に25万ドルになる」
有名ベンチャー投資家で、仮想通貨の支持者であるチーム・ドレイパー氏は10日、数年内にビットコインの価格が25万ドルに達すると語った。
ドレイパー氏は、「ビットコインが実物貨幣よりも信頼性が高く、時間が経つにつれて仮想通貨の価値はさらに上昇するだろう」と分析した。また、「2022年にはビットコインの価格が25万ドルに迫るだろう」と予想した。

■仮想通貨ATM、世界中に4000台普及
11日(現地時間)、ビットコインドットコムによると、仮想通貨の購入と販売が可能な「仮想通貨専用ATM(自動預け払い機)」の普及台数が今年5月時点で3000台を超え、11月中には4000台に達すると予測されている。
仮想通貨専用ATMは、仮想通貨を簡便に取引する利点がある一方、7.9〜8.85%に達する高い取引手数料に不満の声もある。

■ジョセフ・ルービン氏「ブロックチェーンがウェブを凌ぐ」
イーサリアム社を設立し、開発に参加した仮想通貨界の権威者ジョセフ・ルービン氏が、ドイツメディアT3Nとのインタビューを通じてブロックチェーン技術の将来について楽観論を提示した。
同氏は「ブロックチェーンの技術が既存のウェブより複雑なため、普及と活性化に時間がかかるかもしれないが、全世界が脱集中の流れの中にあることは明らかである」と強調した。また「ブロックチェーンのエコシステムを制御することより、前進させることに興味がある」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国産の発酵紅参を輸入・販売するヒストリーメーカージャパンが、日本有数の旅行社エイチ・アイ・エス(…
  2. フィナンシャルニュースジャパンが運営するインターネットニュースサイト「fnnews.jp」が、関西…
  3. 京都サンガFC監督を務めている曺貴裁氏が来年1月11日、京都国際中学高等学校で講演会を行う。 1.…
  4. 駐大阪韓国文化院は12月4日(土)、福岡国際会議場で第12回「話してみよう韓国語」福岡大会を開催し…
  5. 駐大阪韓国文化院とコリアNGOセンターは、韓日交流の痕跡を辿るオンライン散策<大阪コリアタウ…
ページ上部へ戻る
Translate »