サウジ減産示唆にも国際原油価額が急落

サウジ減産示唆にも国際原油価額が急落

サウジアラビアが減産を示唆したにもかかわらず、国際原油価額の下落が続いた。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油は11日続落し、1バレル=60ドルの大台を割り込んだ。

12日のニューヨーク原油先物相場で12月渡しのWTIは前週末比0.43%(0.26ドル)安の1バレル=59.93ドルで取引を終えた。60ドルを下回ったのは約9カ月ぶり。欧州の原油指標である北海ブレント原油先物相場も下落し、北海ブレント原油先物の1月渡しは、前日比0.09%安の1バレル=70.12となった。時間外取引ではさらに急落し、1バレル=70ドル台を割り込んだ。現在、北海ブレント原油先物の1月渡しは前日比1.72%安の1バレル=68.97まで落ちた状態だ。

サウジアラビアは11日、OPEC加盟国と非加盟産油国の閣僚会議で、12月から石油生産を日量平均50万バレル減らすと宣言した。また、OPECの加盟国14ヵ国とロシアなど10ヵ国の産油国は12月6日にオーストリア・ウィーンで開催されるOPEC総会で、供給過剰の解消のための減産を議論することにした。大々的な減産示唆に原油価額は上昇に転じたが、トランプ米大統領がサウジとOPECの動きにブレーキをかけ始めた。

トランプ大統領は同日、自身のツイッターを通じて「サウジとOPECが原油生産を減らさないことを願う」とし「原油価格は供給量に基づいて、もっと低くなるべきだ」と述べた。トランプ大統領の同ツイッター以降、原油価格は急落に転じた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国投資銀行ゴールドマン・サックスが、新型コロナウイルスの拡散により米国の第2四半期の国内総生産(G…
  2. 日本政府が新型コロナウイルス感染症の拡散防止のため、韓国と中国発の入国制限措置を4月末まで延長するこ…
  3. ヨーロッパではイタリアに続きスペインも新型コロナウイルス感染症による死者の数が中国を超えた。現在、全…
  4. 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、1年延期された東京五輪の開催時期について「夏に限定し…
  5. 写真はpixabayから 英国王室のチャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染したことが分か…

おすすめ記事

  1. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
  2. 米国カリフォルニア州の共和党の下院予備選候補だったジョアン・ライト氏は先月27日、自身のツイッターで…
  3. 韓国の人口が、3カ月連続で「自然減」となったことがわかった。婚姻と出産が急減したことが原因で、出生児…
  4. 韓国企業が、マスクの再利用が可能となる抗菌剤を開発し、注目を集めている。科学専門企業「Ventex」…
  5. 韓国京畿道城南市陽地洞(ソンナム市ヤンジ洞)にある教会「恩恵の川」の信徒40人が新型コロナウイルスに…
ページ上部へ戻る
Translate »