サウジ減産示唆にも国際原油価額が急落

サウジ減産示唆にも国際原油価額が急落

サウジアラビアが減産を示唆したにもかかわらず、国際原油価額の下落が続いた。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油は11日続落し、1バレル=60ドルの大台を割り込んだ。

12日のニューヨーク原油先物相場で12月渡しのWTIは前週末比0.43%(0.26ドル)安の1バレル=59.93ドルで取引を終えた。60ドルを下回ったのは約9カ月ぶり。欧州の原油指標である北海ブレント原油先物相場も下落し、北海ブレント原油先物の1月渡しは、前日比0.09%安の1バレル=70.12となった。時間外取引ではさらに急落し、1バレル=70ドル台を割り込んだ。現在、北海ブレント原油先物の1月渡しは前日比1.72%安の1バレル=68.97まで落ちた状態だ。

サウジアラビアは11日、OPEC加盟国と非加盟産油国の閣僚会議で、12月から石油生産を日量平均50万バレル減らすと宣言した。また、OPECの加盟国14ヵ国とロシアなど10ヵ国の産油国は12月6日にオーストリア・ウィーンで開催されるOPEC総会で、供給過剰の解消のための減産を議論することにした。大々的な減産示唆に原油価額は上昇に転じたが、トランプ米大統領がサウジとOPECの動きにブレーキをかけ始めた。

トランプ大統領は同日、自身のツイッターを通じて「サウジとOPECが原油生産を減らさないことを願う」とし「原油価格は供給量に基づいて、もっと低くなるべきだ」と述べた。トランプ大統領の同ツイッター以降、原油価格は急落に転じた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »