サウジ減産示唆にも国際原油価額が急落

サウジ減産示唆にも国際原油価額が急落

サウジアラビアが減産を示唆したにもかかわらず、国際原油価額の下落が続いた。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油は11日続落し、1バレル=60ドルの大台を割り込んだ。

12日のニューヨーク原油先物相場で12月渡しのWTIは前週末比0.43%(0.26ドル)安の1バレル=59.93ドルで取引を終えた。60ドルを下回ったのは約9カ月ぶり。欧州の原油指標である北海ブレント原油先物相場も下落し、北海ブレント原油先物の1月渡しは、前日比0.09%安の1バレル=70.12となった。時間外取引ではさらに急落し、1バレル=70ドル台を割り込んだ。現在、北海ブレント原油先物の1月渡しは前日比1.72%安の1バレル=68.97まで落ちた状態だ。

サウジアラビアは11日、OPEC加盟国と非加盟産油国の閣僚会議で、12月から石油生産を日量平均50万バレル減らすと宣言した。また、OPECの加盟国14ヵ国とロシアなど10ヵ国の産油国は12月6日にオーストリア・ウィーンで開催されるOPEC総会で、供給過剰の解消のための減産を議論することにした。大々的な減産示唆に原油価額は上昇に転じたが、トランプ米大統領がサウジとOPECの動きにブレーキをかけ始めた。

トランプ大統領は同日、自身のツイッターを通じて「サウジとOPECが原油生産を減らさないことを願う」とし「原油価格は供給量に基づいて、もっと低くなるべきだ」と述べた。トランプ大統領の同ツイッター以降、原油価格は急落に転じた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »