仮想通貨取引所「アップビット」、シンガポールに続きタイ、インドネシアも手中に?

仮想通貨取引所「アップビット」、シンガポールに続きタイ、インドネシアも手中に?

韓国を代表する仮想通貨取引所が、海外市場の拡大に向け動き出した。先月シンガポールに取引所を開設したアップビットだが、今後はタイやインドネシアなど東南アジア市場にも領域を拡大していく方針だという。アップビットを運営するドゥナムが、6日明らかにした。二か国でのサイト開設も既に済ませているという。

ドゥナムは10月末日、シンガポールに取引所を開設したばかりだ。ドゥナムのイ・ソクウ代表は9月にシンガポールへの進出計画を発表した際、「法定貨幣での取引が可能な東南アジア諸国での事業拡大も今後検討したい」と語っていた。

現地でのサイト開設も、事業拡大計画の一環と見られている。アップビットのシンガポール取引所では、シンガポールドルでの仮想通貨取引が可能だ。今後は進出先の各国法定貨幣での取引が可能になると思われる。

ドゥナムの関係者は「タイやインドネシアは仮想通貨取引に関心が高いので、アップビットの認知度向上のためにサイトを開設した。取引所の設立を実際に進めているわけではないが、今後の可能性はある」とした。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  2. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  3. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  4. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  5. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »