仮想通貨取引所「アップビット」、シンガポールに続きタイ、インドネシアも手中に?

仮想通貨取引所「アップビット」、シンガポールに続きタイ、インドネシアも手中に?

韓国を代表する仮想通貨取引所が、海外市場の拡大に向け動き出した。先月シンガポールに取引所を開設したアップビットだが、今後はタイやインドネシアなど東南アジア市場にも領域を拡大していく方針だという。アップビットを運営するドゥナムが、6日明らかにした。二か国でのサイト開設も既に済ませているという。

ドゥナムは10月末日、シンガポールに取引所を開設したばかりだ。ドゥナムのイ・ソクウ代表は9月にシンガポールへの進出計画を発表した際、「法定貨幣での取引が可能な東南アジア諸国での事業拡大も今後検討したい」と語っていた。

現地でのサイト開設も、事業拡大計画の一環と見られている。アップビットのシンガポール取引所では、シンガポールドルでの仮想通貨取引が可能だ。今後は進出先の各国法定貨幣での取引が可能になると思われる。

ドゥナムの関係者は「タイやインドネシアは仮想通貨取引に関心が高いので、アップビットの認知度向上のためにサイトを開設した。取引所の設立を実際に進めているわけではないが、今後の可能性はある」とした。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米FRBが、当分の間は金利を動かさないとの方針を再確認した。FRBは22日に公開した前回のFOMC議…
  2. 米国議会調査局は、韓国と米国が対北朝鮮政策と関連し大きい差を見せていると指摘した。…
  3. 米国の大手通信会社AT&Tが通信料金の支払いに仮想通貨の利用を支援する。AT&Tは23日(現地時間)…
  4. 米国が対北制裁に違反した北朝鮮の貨物船を差し押さえ、北朝鮮も返還を求め国連などの国際社会に対し外交戦…
  5. 徴用工判決および賠償問題と関連し韓国が財団設立を検討しているとの日本メディアの報道に対し、韓国政府が…

おすすめ記事

  1. 2019-5-22

    OECD、韓国経済成長見通しまた下方修正 2.6%→2.4%

    経済協力開発機構(OECD)が韓国の今年の経済成長率見通しを従来の2.6%から2.4%に0.2%ポイ…
  2. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  3. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  4. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  5. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…

アーカイブ

ページ上部へ戻る