仮想通貨取引所「アップビット」、シンガポールに続きタイ、インドネシアも手中に?

仮想通貨取引所「アップビット」、シンガポールに続きタイ、インドネシアも手中に?

韓国を代表する仮想通貨取引所が、海外市場の拡大に向け動き出した。先月シンガポールに取引所を開設したアップビットだが、今後はタイやインドネシアなど東南アジア市場にも領域を拡大していく方針だという。アップビットを運営するドゥナムが、6日明らかにした。二か国でのサイト開設も既に済ませているという。

ドゥナムは10月末日、シンガポールに取引所を開設したばかりだ。ドゥナムのイ・ソクウ代表は9月にシンガポールへの進出計画を発表した際、「法定貨幣での取引が可能な東南アジア諸国での事業拡大も今後検討したい」と語っていた。

現地でのサイト開設も、事業拡大計画の一環と見られている。アップビットのシンガポール取引所では、シンガポールドルでの仮想通貨取引が可能だ。今後は進出先の各国法定貨幣での取引が可能になると思われる。

ドゥナムの関係者は「タイやインドネシアは仮想通貨取引に関心が高いので、アップビットの認知度向上のためにサイトを開設した。取引所の設立を実際に進めているわけではないが、今後の可能性はある」とした。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る