下落続くアップル….僅か一ヶ月で20%下落

下落続くアップル….僅か一ヶ月で20%下落

米国株式市場の超大型銘柄アップルが主力商品iPhoneの販売不振の影響で下落を続けている。

14日(現地時間)のニューヨーク証券取引所で、アップルは前日比2.8%安の186.80ドルで取引を終えた。同株価は、先月3日に付けた上場来高値の233.47ドルに比べると、約20%下落した水準だ。時価総額も大幅に減った。先月1兆1300億ドルに達したアップルの時価総額は、同日の終値基準で8864億ドルにまで縮んた。わずか40日余りで2兆5億円の時価総額を失ったことになる。

下落の理由はiPhoneの販売不振への懸念からだ。投資家らは今後2〜3年以内にiPhoneの販売不振に直面する可能性が高いと心配している。アップルが最近発表した2018年度第4四半期の実績では、売上高は629億ドルで前年同期比20%増加したものの、主力製品であるiPhoneの販売台数は4689万台を記録し、市場予測を下回った。

市場では、平均販売単価(ASP)793ドルに達するiPhoneの高価戦略で売上は大きく伸びたが、iPhoneの販売台数の伸び悩みは「売上高の成長鈍化を意味するシグナル」と受け止めている。

また、アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が今後の実績報告にiPhoneの販売台数を非公開することを決定したことも投資心理をさらに悪化させている。海外メディアは「投資家らはアップルがiPhoneの販売台数を隠そうとしていると思っている」とし、「販売台数の非公開方針が悪影響を及ぼしている」と伝えている。

アップルの不振は、半導体を含むIT産業全般に拡大する可能性があり、ここ何年間続いたIT産業の好況がそろそろ後退期にさしかかっているとの分析も出ている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国銀行は28日、金融通貨委員会で政策金利を引き下げた。これは韓国経済の成長鈍化に対する憂慮が高まっ…
  2. 10億ドル以上の仮想通貨を保有する、「クジラ」と呼ばれる大口投資家らが最近、ビットコインを買い集めて…
  3. 3月23日にトレーダー2人が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、立会場を全面閉鎖したニューヨーク証券…
  4. 米中対立が中華圏に飛び火している。中国による香港の国家保安法制定や台湾による最先端魚雷購入推進に米中…
  5. ドイツ連邦統計庁は25日(現地時間)、ドイツのGDPが第1四半期にマイナス2.2%を記録したと発表し…

おすすめ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  2. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  3. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  4. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
  5. 世界各地で移動制限(シャットダウン)が徐々に緩和される事で、新型コロナウイルスの感染者が再び増加する…
ページ上部へ戻る
Translate »