下落続くアップル….僅か一ヶ月で20%下落

下落続くアップル….僅か一ヶ月で20%下落

米国株式市場の超大型銘柄アップルが主力商品iPhoneの販売不振の影響で下落を続けている。

14日(現地時間)のニューヨーク証券取引所で、アップルは前日比2.8%安の186.80ドルで取引を終えた。同株価は、先月3日に付けた上場来高値の233.47ドルに比べると、約20%下落した水準だ。時価総額も大幅に減った。先月1兆1300億ドルに達したアップルの時価総額は、同日の終値基準で8864億ドルにまで縮んた。わずか40日余りで2兆5億円の時価総額を失ったことになる。

下落の理由はiPhoneの販売不振への懸念からだ。投資家らは今後2〜3年以内にiPhoneの販売不振に直面する可能性が高いと心配している。アップルが最近発表した2018年度第4四半期の実績では、売上高は629億ドルで前年同期比20%増加したものの、主力製品であるiPhoneの販売台数は4689万台を記録し、市場予測を下回った。

市場では、平均販売単価(ASP)793ドルに達するiPhoneの高価戦略で売上は大きく伸びたが、iPhoneの販売台数の伸び悩みは「売上高の成長鈍化を意味するシグナル」と受け止めている。

また、アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が今後の実績報告にiPhoneの販売台数を非公開することを決定したことも投資心理をさらに悪化させている。海外メディアは「投資家らはアップルがiPhoneの販売台数を隠そうとしていると思っている」とし、「販売台数の非公開方針が悪影響を及ぼしている」と伝えている。

アップルの不振は、半導体を含むIT産業全般に拡大する可能性があり、ここ何年間続いたIT産業の好況がそろそろ後退期にさしかかっているとの分析も出ている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »