390億円の宝くじに当たった男の秘訣は…「25年間同じナンバーを選んだ」

390億円の宝くじに当たった男の秘訣は…25年間同じナンバーを選んだ」

25年間に渡り同じ番号で宝くじを買ってきた60代の男性が日本円で約390億円という巨額の当選金を手に入れた。

米CBSニュースなどによると、米ニューヨークに住む退職公務員ロバート・ベイリー氏(67)は最近、賞金総額が6億8780ドルにまでのぼた宝くじ「パワーボール」の当選者となった。

ベイリー氏は14日、ニューヨーク・クィーンズのリゾート・ワールドカジノで開かれた会見で「1993年から同じナンバーを選んでいた」とし「一週も欠かさず宝くじを買ってきた」と語った。また、今回のラッキーナンバーを「私のナンバー」と言い、「これからも引き続き同じ番号で宝くじを買うつもり」と述べた。

ベイリー氏は、記録的な当選賞金への期待でパワーボールのブームがピークに達していた先月27日、当選された。当選者は2人で、ベイリー氏は賞金総額の半分にあたる3億4380ドルに対して権利を持つことになる。当選金を一時金として受け取るベイリー氏は、税金を除いた1億2539万ドルを手に入れる。

一方、もう1人の当選者はアイオワ州・レッドフィールドでシングルマザーとして3人の娘を育っているレリーヌ・ウェスト氏(51)だった。
翻訳:尹怡景

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »