韓国、不況の風が吹き始める?OECDも景気下降警告

韓国、不況の風が吹き始める?OECDも景気下降警告

韓国の経済が来年、下落局面に入るとのシグナルがはっきりと見えている。韓国統計庁と民間経済研究所に続き、経済政策当局で注視する経済協力開発機構(OECD)も韓国の景気見通しについて悲観的な見通しを出した。

OECDが18日に発表した9月景気先行指数(CLI)によると、韓国の先行指数は99.1を記録した。前年同月比0.2ポイント下落した数値。韓国の先行指数は今年3月に100.2を記録した後、4月に100.0、5月に99.8、6月に99.6、7月に99.5、8月に99.3など6カ月連続下落だ。前年同期と比べてみると、下落幅はさらに大きい。

OECDが毎月発表する景気先行指数は、6〜9ヶ月後の経済見通しを測る重要な指標。前月より上昇すると景気上昇、下下落すると景気下落を意味する。通常6カ月続落すれば、景気が下落局面に入った可能性が大きいものとみなす。基準点である100以下で上昇すると、景気後退から回復のシグナルとして判断する。韓国の下落スピードは、OECDの平均下落率、アジア5カ国(韓国、中国、インド、インドネシア、日本)、先進7カ国と比べても著しく速い。

同指数でOECDの平均は5月100.0、6月の99.9、7月に99.8、8月に99.6、9月に99.5と集計され、韓国の景気先行指数がOECDの平均以下で動いているのが分かる。欧州地域や先進7カ国と比べると、格差の幅はさらに大きかった。9月に基準で0.6程度の差があった。欧州地域や先進7カ国の景気先行指数は100に近い。

一方、アジア5カ国の場合、景気先行指数が5月の99.5から9月の99.7に増加した。中国とインドの影響が大きかった。中国は米国との貿易紛争中にも、景気先行指数が同じ期間中に98.9から99.3まで上がった。インドは100.7で101.3に成長した。

OECDは、中国について産業部門での安定した成長を予想。インドについては成長の勢いが引き続き強まると観測した。日本も景気先行指数は毎月下落したが、その幅は大きくなかった。

OECD加盟国の殆どは「成長鈍化」段階にあるが、韓国の景気下落局面は下落の速度と幅などで他の国より著しいと分析される。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米韓合同軍事演習が20日に終了する予定で、米朝実務交渉再開への期待感も高まっている。…
  2. 韓国上場企業の純利益が大幅に減少したことがわかった。しかし、サムスン電子やSKハイニックスを除けば、…
  3. 香港の「逃亡犯条例」に反対するデモ隊が18日、大規模集会を開き香港政府に対して強く抗議する中、中国人…
  4. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  5. ビットコインの創設者として知られている「サトシ・ナカモト」を名乗る人物がまたも登場した。その人物は日…

おすすめ記事

  1. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  2. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  3. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
  4. 7月に韓国国内で販売された日本車の規模が1年前に比べて17.2%も減少したことが分かった。日本政府の…
  5. まるでドラマの様だった6.30米韓朝首脳の板門店会合から1ヶ月が過ぎた。板門店会合をドラマと表現した…
ページ上部へ戻る