韓国、不況の風が吹き始める?OECDも景気下降警告

韓国、不況の風が吹き始める?OECDも景気下降警告

韓国の経済が来年、下落局面に入るとのシグナルがはっきりと見えている。韓国統計庁と民間経済研究所に続き、経済政策当局で注視する経済協力開発機構(OECD)も韓国の景気見通しについて悲観的な見通しを出した。

OECDが18日に発表した9月景気先行指数(CLI)によると、韓国の先行指数は99.1を記録した。前年同月比0.2ポイント下落した数値。韓国の先行指数は今年3月に100.2を記録した後、4月に100.0、5月に99.8、6月に99.6、7月に99.5、8月に99.3など6カ月連続下落だ。前年同期と比べてみると、下落幅はさらに大きい。

OECDが毎月発表する景気先行指数は、6〜9ヶ月後の経済見通しを測る重要な指標。前月より上昇すると景気上昇、下下落すると景気下落を意味する。通常6カ月続落すれば、景気が下落局面に入った可能性が大きいものとみなす。基準点である100以下で上昇すると、景気後退から回復のシグナルとして判断する。韓国の下落スピードは、OECDの平均下落率、アジア5カ国(韓国、中国、インド、インドネシア、日本)、先進7カ国と比べても著しく速い。

同指数でOECDの平均は5月100.0、6月の99.9、7月に99.8、8月に99.6、9月に99.5と集計され、韓国の景気先行指数がOECDの平均以下で動いているのが分かる。欧州地域や先進7カ国と比べると、格差の幅はさらに大きかった。9月に基準で0.6程度の差があった。欧州地域や先進7カ国の景気先行指数は100に近い。

一方、アジア5カ国の場合、景気先行指数が5月の99.5から9月の99.7に増加した。中国とインドの影響が大きかった。中国は米国との貿易紛争中にも、景気先行指数が同じ期間中に98.9から99.3まで上がった。インドは100.7で101.3に成長した。

OECDは、中国について産業部門での安定した成長を予想。インドについては成長の勢いが引き続き強まると観測した。日本も景気先行指数は毎月下落したが、その幅は大きくなかった。

OECD加盟国の殆どは「成長鈍化」段階にあるが、韓国の景気下落局面は下落の速度と幅などで他の国より著しいと分析される。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 華為技術幹部逮捕に中国の強まる米非難...報復措置を警告 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)…
  2. 金正恩氏の年内訪韓は?韓国政府「慌てず催促せず」姿勢強調 ‐韓国政府「今まで進捗した状況…
  3. ビットコインが上昇...BSVは100ドル割り込む ビットコインの価額が上昇の動きを見せている。コイ…
  4. イーサリアム、来年1月にハードフォーク予定 イーサリアムのハードフォークである「コンスタンティノー…
  5. 台湾が脱原発を放棄...その理由は? 台湾の蔡英文政権の脱原発政策にブレーキがかかっている。先月24…

おすすめ記事

  1. 2018-12-10

    歪める韓国音楽チャート…アイドルのファンに占領された

    歪める韓国音楽チャート…アイドルのファンに占領された -評論家「組織的ファンを持たない歌手は…
  2. 2018-12-5

    拇印で結んだ契約 効力はあるか?

    [JL WATER JAPAN代表 朴性文の法律相談] 拇印で結んだ契約 効力はあるか? ‐…
  3. 2018-12-3

    拡大するAI活用、日本の7原則と中国の限界

    拡大するAI活用、日本の7原則と中国の限界 中国の指導部が人工知能(AI)をテーマにセミナーを…
  4. 2018-12-3

    米中貿易戦争「90日間休戦」…完全妥結までは道のり長く

    米中貿易戦争「90日間休戦」...完全妥結までは道のり長く ‐紛争拡大時には中国経済にも打撃…両国…
  5. 2018-11-27

    牛肉の産地情報もブロックチェーンで管理

    牛肉の産地情報もブロックチェーンで管理 ‐韓国情報通信部、来年1月よりブロックチェーンによる畜…

アーカイブ

ページ上部へ戻る