韓国、不況の風が吹き始める?OECDも景気下降警告

韓国、不況の風が吹き始める?OECDも景気下降警告

韓国の経済が来年、下落局面に入るとのシグナルがはっきりと見えている。韓国統計庁と民間経済研究所に続き、経済政策当局で注視する経済協力開発機構(OECD)も韓国の景気見通しについて悲観的な見通しを出した。

OECDが18日に発表した9月景気先行指数(CLI)によると、韓国の先行指数は99.1を記録した。前年同月比0.2ポイント下落した数値。韓国の先行指数は今年3月に100.2を記録した後、4月に100.0、5月に99.8、6月に99.6、7月に99.5、8月に99.3など6カ月連続下落だ。前年同期と比べてみると、下落幅はさらに大きい。

OECDが毎月発表する景気先行指数は、6〜9ヶ月後の経済見通しを測る重要な指標。前月より上昇すると景気上昇、下下落すると景気下落を意味する。通常6カ月続落すれば、景気が下落局面に入った可能性が大きいものとみなす。基準点である100以下で上昇すると、景気後退から回復のシグナルとして判断する。韓国の下落スピードは、OECDの平均下落率、アジア5カ国(韓国、中国、インド、インドネシア、日本)、先進7カ国と比べても著しく速い。

同指数でOECDの平均は5月100.0、6月の99.9、7月に99.8、8月に99.6、9月に99.5と集計され、韓国の景気先行指数がOECDの平均以下で動いているのが分かる。欧州地域や先進7カ国と比べると、格差の幅はさらに大きかった。9月に基準で0.6程度の差があった。欧州地域や先進7カ国の景気先行指数は100に近い。

一方、アジア5カ国の場合、景気先行指数が5月の99.5から9月の99.7に増加した。中国とインドの影響が大きかった。中国は米国との貿易紛争中にも、景気先行指数が同じ期間中に98.9から99.3まで上がった。インドは100.7で101.3に成長した。

OECDは、中国について産業部門での安定した成長を予想。インドについては成長の勢いが引き続き強まると観測した。日本も景気先行指数は毎月下落したが、その幅は大きくなかった。

OECD加盟国の殆どは「成長鈍化」段階にあるが、韓国の景気下落局面は下落の速度と幅などで他の国より著しいと分析される。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ビットコイン(BTC)が1万1000ドルラインを突破した。ビットコインの価格が1万1000ドルを超え…
  2. アップルは来たる9月8日に新製品発売イベントをオンラインで開催し、アイフォン12やアップルウォッチ第…
  3. 世界の新型コロナウイルス感染者が今月26日時点で1600万人を超えた。依然として米国の感染者数が最も…
  4. 初心者でも世界を相手にした貿易ビジネスに飛び込めるという、グローバル貿易情報提供プラットフォームが公…
  5. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…

おすすめ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  2. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  3. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  4. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  5. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
ページ上部へ戻る
Translate »