韓国、不況の風が吹き始める?OECDも景気下降警告

韓国、不況の風が吹き始める?OECDも景気下降警告

韓国の経済が来年、下落局面に入るとのシグナルがはっきりと見えている。韓国統計庁と民間経済研究所に続き、経済政策当局で注視する経済協力開発機構(OECD)も韓国の景気見通しについて悲観的な見通しを出した。

OECDが18日に発表した9月景気先行指数(CLI)によると、韓国の先行指数は99.1を記録した。前年同月比0.2ポイント下落した数値。韓国の先行指数は今年3月に100.2を記録した後、4月に100.0、5月に99.8、6月に99.6、7月に99.5、8月に99.3など6カ月連続下落だ。前年同期と比べてみると、下落幅はさらに大きい。

OECDが毎月発表する景気先行指数は、6〜9ヶ月後の経済見通しを測る重要な指標。前月より上昇すると景気上昇、下下落すると景気下落を意味する。通常6カ月続落すれば、景気が下落局面に入った可能性が大きいものとみなす。基準点である100以下で上昇すると、景気後退から回復のシグナルとして判断する。韓国の下落スピードは、OECDの平均下落率、アジア5カ国(韓国、中国、インド、インドネシア、日本)、先進7カ国と比べても著しく速い。

同指数でOECDの平均は5月100.0、6月の99.9、7月に99.8、8月に99.6、9月に99.5と集計され、韓国の景気先行指数がOECDの平均以下で動いているのが分かる。欧州地域や先進7カ国と比べると、格差の幅はさらに大きかった。9月に基準で0.6程度の差があった。欧州地域や先進7カ国の景気先行指数は100に近い。

一方、アジア5カ国の場合、景気先行指数が5月の99.5から9月の99.7に増加した。中国とインドの影響が大きかった。中国は米国との貿易紛争中にも、景気先行指数が同じ期間中に98.9から99.3まで上がった。インドは100.7で101.3に成長した。

OECDは、中国について産業部門での安定した成長を予想。インドについては成長の勢いが引き続き強まると観測した。日本も景気先行指数は毎月下落したが、その幅は大きくなかった。

OECD加盟国の殆どは「成長鈍化」段階にあるが、韓国の景気下落局面は下落の速度と幅などで他の国より著しいと分析される。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 10月13日に25歳の誕生日を迎える、世界的な人気を誇るBTSのジミン。世界各地のARMY(BTSの…
  2. 「大久保まつり」が10月14日に開催される。場所は例年通りにJR新大久保駅から大久保2丁目交差点まで…
  3. サウジアラビアの港でイラン国営石油会社のタンカーが爆発し、大量の石油が紅海に流出した。イランは今回の…
  4. 米航空機メーカーのボーイング社と独自動車メーカーのポルシェが「空飛ぶ電気自動車」を共同開発することで…
  5. 曹国(チョ・グク)法務部長官任命から1ヶ月が経過したものの依然として賛否論争は激しく、文在寅大統領と…

おすすめ記事

  1. フェイスブックの仮想通貨リブラの同盟が急激に揺れ動いている。世界最大のオンライン決済企業のひとつ、ペ…
  2. 今年下半期に日本円の価値が世界各国の通貨の中で最も大幅に上昇するとの見通しだ。世界的な景気沈滞への憂…
  3. 韓国外交部は27日、声明を出し、「日本の防衛白書は、我々の固有の領土である独島(竹島)に対して領有権…
  4. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  5. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
ページ上部へ戻る