スミッシング詐欺、人工知能が防ぐ…詐欺判別するAIアルゴリズム開発

スミッシング詐欺、人工知能が防ぐ…詐欺判別するAIアルゴリズム開発

携帯電話にメッセージを送りつけ偽サイトに誘導する「スミッシング詐欺」。日々進化するスミッシング詐欺に被害も増える中、人工知能(AI)を利用してスミッシング詐欺を判別する新技術が開発され注目を集めている。

韓国の金融監督院は20日、携帯電話で受信されるショートメッセージがスミッシング詐欺かどうかを判別するAIアルゴリズムを開発したと明らかにした。最近の金融詐欺は、金融機関を詐称し低金利のローンで消費者を惑わすメッセージを大量送信。関心を示す消費者に入金を要求する手口のスミッシング被害事例が急増している。これに金融監督院は、KB国民銀行、アマゾンウェブサービスとコラボチームを構成。約8ヶ月間の共同研究とテストを経て、スミッシングを防止できるAIアルゴリズムの開発を完了した。開発されたAIアルゴリズムは、ピンテック企業などが自由に利用できるように、ネット上に無料で公開される予定だ。

金融監督院の関係者は「今後も電話番号の比較・分析でスミッシングを判別するなどのさまざまなAIを開発し、様々な手口の金融詐欺に積極的に対応していく計画だ」と述べた

金融監督院は今月29日に開催される国際シンポジウムで、AIアルゴリズムの概要や適用技術などを説明する。また実際にAIがスミッシング詐欺を判別する様子を同シンポジウムで試演する予定だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. -1ヶ月でマスク供給量は2倍に-マスク不足に対する市民意識にも変化 「薬局前の行列が消えまし…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染者が1万人を突破した。今年1月20日に最初の感染者が発生して74日目とな…
  3. ビットコイン半減期まであと1か月が残ているなか、価格上昇を期待する投資家らをがっかりさせる分析が出た…
  4. 世界的な仮想資産取引所バイナンスが仮想資産市況情報サイトのコインマーケットキャップを4億ドルで買収す…
  5. 米国投資銀行ゴールドマン・サックスが、新型コロナウイルスの拡散により米国の第2四半期の国内総生産(G…

おすすめ記事

  1. 日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓…
  2. 今月1日の夜9時、夜の深まりとともに不夜城と化していた、韓国の渋谷と呼ばれる「弘大」では、まだ早い時…
  3. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
  4. 米国カリフォルニア州の共和党の下院予備選候補だったジョアン・ライト氏は先月27日、自身のツイッターで…
  5. 韓国の人口が、3カ月連続で「自然減」となったことがわかった。婚姻と出産が急減したことが原因で、出生児…
ページ上部へ戻る
Translate »