スミッシング詐欺、人工知能が防ぐ…詐欺判別するAIアルゴリズム開発

スミッシング詐欺、人工知能が防ぐ…詐欺判別するAIアルゴリズム開発

携帯電話にメッセージを送りつけ偽サイトに誘導する「スミッシング詐欺」。日々進化するスミッシング詐欺に被害も増える中、人工知能(AI)を利用してスミッシング詐欺を判別する新技術が開発され注目を集めている。

韓国の金融監督院は20日、携帯電話で受信されるショートメッセージがスミッシング詐欺かどうかを判別するAIアルゴリズムを開発したと明らかにした。最近の金融詐欺は、金融機関を詐称し低金利のローンで消費者を惑わすメッセージを大量送信。関心を示す消費者に入金を要求する手口のスミッシング被害事例が急増している。これに金融監督院は、KB国民銀行、アマゾンウェブサービスとコラボチームを構成。約8ヶ月間の共同研究とテストを経て、スミッシングを防止できるAIアルゴリズムの開発を完了した。開発されたAIアルゴリズムは、ピンテック企業などが自由に利用できるように、ネット上に無料で公開される予定だ。

金融監督院の関係者は「今後も電話番号の比較・分析でスミッシングを判別するなどのさまざまなAIを開発し、様々な手口の金融詐欺に積極的に対応していく計画だ」と述べた

金融監督院は今月29日に開催される国際シンポジウムで、AIアルゴリズムの概要や適用技術などを説明する。また実際にAIがスミッシング詐欺を判別する様子を同シンポジウムで試演する予定だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  3. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  4. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  5. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
ページ上部へ戻る
Translate »