スミッシング詐欺、人工知能が防ぐ…詐欺判別するAIアルゴリズム開発

スミッシング詐欺、人工知能が防ぐ…詐欺判別するAIアルゴリズム開発

携帯電話にメッセージを送りつけ偽サイトに誘導する「スミッシング詐欺」。日々進化するスミッシング詐欺に被害も増える中、人工知能(AI)を利用してスミッシング詐欺を判別する新技術が開発され注目を集めている。

韓国の金融監督院は20日、携帯電話で受信されるショートメッセージがスミッシング詐欺かどうかを判別するAIアルゴリズムを開発したと明らかにした。最近の金融詐欺は、金融機関を詐称し低金利のローンで消費者を惑わすメッセージを大量送信。関心を示す消費者に入金を要求する手口のスミッシング被害事例が急増している。これに金融監督院は、KB国民銀行、アマゾンウェブサービスとコラボチームを構成。約8ヶ月間の共同研究とテストを経て、スミッシングを防止できるAIアルゴリズムの開発を完了した。開発されたAIアルゴリズムは、ピンテック企業などが自由に利用できるように、ネット上に無料で公開される予定だ。

金融監督院の関係者は「今後も電話番号の比較・分析でスミッシングを判別するなどのさまざまなAIを開発し、様々な手口の金融詐欺に積極的に対応していく計画だ」と述べた

金融監督院は今月29日に開催される国際シンポジウムで、AIアルゴリズムの概要や適用技術などを説明する。また実際にAIがスミッシング詐欺を判別する様子を同シンポジウムで試演する予定だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る