下落続くBCH、下げ幅拡大44%安…BCHSVも40%安

下落続くBCH、下げ幅拡大44%安…BCHSVも40%安

BCH(ビットコインキャッシュ)価額の急落が止まらない。急落が始まった19日と比べると、現在の価額は44%以上下がった水準で推移している。

仮想通貨取引所コインマーケットキャップによると、20日午後14時時点でBCHの価額は212.61ドルを付けている。ハードフォーク後に大きな価額変動を見せたBCHは前日に389ドルを付けた後、下落が続いている。すでに年初来安値を更新しているが、200ドル台を割り込む可能性もあり、投資心理がさらに冷え込んでいる雰囲気だ。

BCHからハードフォークした新しい仮想通貨「ビットコインキャッシュSV」(BCHSV)も24時間前より約40%安の57.40ドルで前後で取引されている。

BCH関連コインだけでなく、仮想通貨全体が暴落相場だ。ビットコインの場合はさらに下げ幅が拡大し、24時間前より約15%安の4690ドルを記録中で、時価総額3位のイーサリアムも約15%安の143ドルまで下落した。その一方、リップルは堅調な動きを見せている。殆どの仮想通貨が15%以上の下落を見せているが、リップルは約1%安の0.485を記録中だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  2. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  3. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  4. 株式会社「帝美」は12月10日、東京・目黒に位置する雅叙園で開催された、会員数1000人を超える年商…
  5. ナイキが「ブロックチェーン・スニーカー」の特許を出願した。 10日(現地時間)、ザ・ブロック…

おすすめ記事

  1. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  2. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  3. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  4. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  5. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
ページ上部へ戻る