Bakkt、ビットコイン先物取引を来年に延期

Bakkt、ビットコイン先物取引を来年に延期

ニューヨーク証券取引所の親会社ICE(インターコンチネンタル)は20日、仮想通貨取引プラットフォーム「バックト(Bakkt)」で上昇予定していたビットコイン先物の取引開始を来年1月に延期すると発表した。

バックトは仮想通貨の取引や保管などを目的としたプラットフォームで、ICEが今年8月に発表した。同社は12月12日にビットコイン先物の取引をバックトで開始することを予告していたが、金融当局の認定をまだ受けていないという。同社のケリー・ルーフラーCEOは「事前の準備が遅れているため、ビットコイン先物の開始を来年1月24日に遅らせる」と述べた。

ビットコインETFの承認可否とともに大きな関心を集めていたビットコイン先物の開始。今回の延期発表で仮想通貨市場もすぐに反応し、失望感を表している。前日5000ドル台を割り込んだビットコインの価額はバックトのビットコイン先物の開始延期でさらに下落し、21日午前10時時点で4350ドル前後で推移している。

一方、シンガポールが仮想通貨と関連する規制案を推進していると伝えられ、注目されている。
20日(現地時間)コインテレグラフによると、シンガポール通貨庁(MAS)が用意した規制法案が議会に提出される予定だ。同法案には、政府の監督強化とともに仮想通貨事業者が事業の性格と範囲に応じて当局の許可を受けなければならないという規制内容が含まれている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米FRBが、当分の間は金利を動かさないとの方針を再確認した。FRBは22日に公開した前回のFOMC議…
  2. 米国議会調査局は、韓国と米国が対北朝鮮政策と関連し大きい差を見せていると指摘した。…
  3. 米国の大手通信会社AT&Tが通信料金の支払いに仮想通貨の利用を支援する。AT&Tは23日(現地時間)…
  4. 米国が対北制裁に違反した北朝鮮の貨物船を差し押さえ、北朝鮮も返還を求め国連などの国際社会に対し外交戦…
  5. 徴用工判決および賠償問題と関連し韓国が財団設立を検討しているとの日本メディアの報道に対し、韓国政府が…

おすすめ記事

  1. 2019-5-22

    OECD、韓国経済成長見通しまた下方修正 2.6%→2.4%

    経済協力開発機構(OECD)が韓国の今年の経済成長率見通しを従来の2.6%から2.4%に0.2%ポイ…
  2. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  3. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  4. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  5. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…

アーカイブ

ページ上部へ戻る