Bakkt、ビットコイン先物取引を来年に延期

Bakkt、ビットコイン先物取引を来年に延期

ニューヨーク証券取引所の親会社ICE(インターコンチネンタル)は20日、仮想通貨取引プラットフォーム「バックト(Bakkt)」で上昇予定していたビットコイン先物の取引開始を来年1月に延期すると発表した。

バックトは仮想通貨の取引や保管などを目的としたプラットフォームで、ICEが今年8月に発表した。同社は12月12日にビットコイン先物の取引をバックトで開始することを予告していたが、金融当局の認定をまだ受けていないという。同社のケリー・ルーフラーCEOは「事前の準備が遅れているため、ビットコイン先物の開始を来年1月24日に遅らせる」と述べた。

ビットコインETFの承認可否とともに大きな関心を集めていたビットコイン先物の開始。今回の延期発表で仮想通貨市場もすぐに反応し、失望感を表している。前日5000ドル台を割り込んだビットコインの価額はバックトのビットコイン先物の開始延期でさらに下落し、21日午前10時時点で4350ドル前後で推移している。

一方、シンガポールが仮想通貨と関連する規制案を推進していると伝えられ、注目されている。
20日(現地時間)コインテレグラフによると、シンガポール通貨庁(MAS)が用意した規制法案が議会に提出される予定だ。同法案には、政府の監督強化とともに仮想通貨事業者が事業の性格と範囲に応じて当局の許可を受けなければならないという規制内容が含まれている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 華為技術幹部逮捕に中国の強まる米非難...報復措置を警告 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)…
  2. 金正恩氏の年内訪韓は?韓国政府「慌てず催促せず」姿勢強調 ‐韓国政府「今まで進捗した状況…
  3. ビットコインが上昇...BSVは100ドル割り込む ビットコインの価額が上昇の動きを見せている。コイ…
  4. イーサリアム、来年1月にハードフォーク予定 イーサリアムのハードフォークである「コンスタンティノー…
  5. 台湾が脱原発を放棄...その理由は? 台湾の蔡英文政権の脱原発政策にブレーキがかかっている。先月24…

おすすめ記事

  1. 2018-12-10

    歪める韓国音楽チャート…アイドルのファンに占領された

    歪める韓国音楽チャート…アイドルのファンに占領された -評論家「組織的ファンを持たない歌手は…
  2. 2018-12-5

    拇印で結んだ契約 効力はあるか?

    [JL WATER JAPAN代表 朴性文の法律相談] 拇印で結んだ契約 効力はあるか? ‐…
  3. 2018-12-3

    拡大するAI活用、日本の7原則と中国の限界

    拡大するAI活用、日本の7原則と中国の限界 中国の指導部が人工知能(AI)をテーマにセミナーを…
  4. 2018-12-3

    米中貿易戦争「90日間休戦」…完全妥結までは道のり長く

    米中貿易戦争「90日間休戦」...完全妥結までは道のり長く ‐紛争拡大時には中国経済にも打撃…両国…
  5. 2018-11-27

    牛肉の産地情報もブロックチェーンで管理

    牛肉の産地情報もブロックチェーンで管理 ‐韓国情報通信部、来年1月よりブロックチェーンによる畜…

アーカイブ

ページ上部へ戻る