「Tバッグを着ていたから同意?」…世界の女性たちから非難殺到

「Tバッグを着ていたから同意?」…世界の女性たちから非難殺到

10代の少女に性的暴行疑惑を加えた疑いで裁判を受けた20代の男性が、性行為に女性の同意があったと主張、当時被害者が着用していた下着を証拠に提出して無罪の判決を受けた。

この判決を受け、アイルランドや世界の女性たちは「#This is not Consent(これは同意ではない)」というハッシュタグと共に自分の下着写真を投稿するなど、怒りをあらわにしている。

英BBCなどによると、最近アイルランド南部コーク州の刑事裁判所はコークの路上でA氏(17)に性的暴行を加えた疑いで裁判を受けていたB氏(27)に無罪を言い渡した。

同裁判で争点となっていたのは「同意があったのか」だ。強姦だったというA氏の主張に対し、B氏側は同意の上だったと弁論した。問題になったのは「同意の上」を裏付ける証拠として提出したもの。B氏側は弁論中にA氏が当時着用していたレースのTバッグを証拠として提示。

B氏側は「A氏が何を着ていたかを注目べきだ。A氏は前面の部分がレースになったTバックを履いていた」とし、A氏はB氏と性行為をする意思があったと主張した。
その後、陪審員(裁判員)は被告に全員一致で無罪判決を言い渡した。

このような裁判が現地メディアによって知られると、アイルランドは勿論、世界の女性たちは、「どうやって下着が『性行為の同意』の証拠になれるか」として怒りの声をあげている。

アイルランドの女性団体は、被害女性をもう一度辱める裁判慣行を問題視し、アイルランドの主要都市で抗議デモを行なっている。
女性団体は「何を身につけたのか、何処へ行ったのかと関係なく、イエスはイエスで、ノーはノーを意味する」というスローガンを叫びながら、性的暴行の被害者に責任を転嫁する慣行をやめるべきだと主張している。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »