米朝会談、後退も進展もない

マイク・ポンペオ米国務長官と文在寅(ムン・ジェイン)大統領 /写真:韓国大統領

ポンペオ長官との会談を終えた北、「強盗のような要求」と遺憾表明
‘終戦宣言’ 巡る葛藤も…実務級会談は継続の方向

マイク・ポンペオ米国務長官の訪朝により、6.12北米首脳会談に続く高位級会談が1泊2日の日程で行われたが、双方の非核化及び体制保障に関する見解相違は予想以上に大きかった。両国は対話の意志を見せたものの、お互いに対する批判的な意見も飛び出した。

ポンペオ長官は今回の北米高位級会談において、非核化へのタイムテーブルと核廃棄の検証を重点的に要求した。しかし北朝鮮側は、停戦協定締結65周年(7月27日)を機に終戦宣言の発表を求め、新たな展開を迎えている。これと関連して河野太郎外相とポンペオ長官、そして韓国のカン・ギョンファ外交部長官は8日、東京で行われた日米韓外交長官会談にて訪朝成果を共有、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)に向けた協力を再確認した。

ポンペオ長官は、北朝鮮の非核化タイムテーブル専門のグループを中心に実務交渉を継続、東倉里(トンチャンリ)ミサイルエンジン実験場閉鎖に向け実務級会談も近く開始することにしたと発表。また朝鮮戦争における米軍兵の遺骸送還に向けた実務会談を、12日板門店で行うことも決定した。

しかし米朝間の非核化や体制保障に対する立場の違いが原因で、お互いを非難する一幕も。7日午後にポンペオ長官が平壌を離れると、北朝鮮は外務省のスポークスマンを通し「CVIDや申告、検証など、米国が一方的で強盗のような非核化要求を提示した」として遺憾の意を示した。

これに対しポンペオ長官は「我々の要求が強盗のようだと言うのであれば、全世界が強盗ではないか」と反発した。またポンペオ長官は、今回トランプ大統領の親書を北朝鮮側に渡したが、金正恩委員長に会う事は叶わなかった。また北朝鮮側も、金英徹氏(中央委員会副委員長兼統一戦線部長)が金正恩委員長の親書を伝えている。

lkbms@fnnews.com イム・グァンボク記者
翻訳者:M.I

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
  2. 我が家は家族経営の薬局だ。業務の中心は処方箋調剤だが、一般薬などの販売もしている。コロナ禍において…
  3. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  4. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  5. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
ページ上部へ戻る
Translate »