米朝会談、後退も進展もない

マイク・ポンペオ米国務長官と文在寅(ムン・ジェイン)大統領 /写真:韓国大統領

ポンペオ長官との会談を終えた北、「強盗のような要求」と遺憾表明
‘終戦宣言’ 巡る葛藤も…実務級会談は継続の方向

マイク・ポンペオ米国務長官の訪朝により、6.12北米首脳会談に続く高位級会談が1泊2日の日程で行われたが、双方の非核化及び体制保障に関する見解相違は予想以上に大きかった。両国は対話の意志を見せたものの、お互いに対する批判的な意見も飛び出した。

ポンペオ長官は今回の北米高位級会談において、非核化へのタイムテーブルと核廃棄の検証を重点的に要求した。しかし北朝鮮側は、停戦協定締結65周年(7月27日)を機に終戦宣言の発表を求め、新たな展開を迎えている。これと関連して河野太郎外相とポンペオ長官、そして韓国のカン・ギョンファ外交部長官は8日、東京で行われた日米韓外交長官会談にて訪朝成果を共有、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)に向けた協力を再確認した。

ポンペオ長官は、北朝鮮の非核化タイムテーブル専門のグループを中心に実務交渉を継続、東倉里(トンチャンリ)ミサイルエンジン実験場閉鎖に向け実務級会談も近く開始することにしたと発表。また朝鮮戦争における米軍兵の遺骸送還に向けた実務会談を、12日板門店で行うことも決定した。

しかし米朝間の非核化や体制保障に対する立場の違いが原因で、お互いを非難する一幕も。7日午後にポンペオ長官が平壌を離れると、北朝鮮は外務省のスポークスマンを通し「CVIDや申告、検証など、米国が一方的で強盗のような非核化要求を提示した」として遺憾の意を示した。

これに対しポンペオ長官は「我々の要求が強盗のようだと言うのであれば、全世界が強盗ではないか」と反発した。またポンペオ長官は、今回トランプ大統領の親書を北朝鮮側に渡したが、金正恩委員長に会う事は叶わなかった。また北朝鮮側も、金英徹氏(中央委員会副委員長兼統一戦線部長)が金正恩委員長の親書を伝えている。

lkbms@fnnews.com イム・グァンボク記者
翻訳者:M.I

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  2. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  3. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  4. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…
  5. 17日の仮想通貨市場は、ほとんどの銘柄が前日比10%以上の暴落を見せるなど重い雰囲気が漂っている。米…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る