マイクロソフトの進撃、時価総額がアップルの水準に

マイクロソフトの進撃、時価総額がアップルの水準に

マイクロソフト(MS)の勢いが投資家とトレーダーを驚かせている。時価総額で1位のアップルに肉迫する水準にまで上昇し注目が集まっている。

海外メディアは27日(現地時間)、今週のMSの時価総額が何回もアップルを追い越したことに触れ、「MSが中興期を迎えた。世界1位の座を再び狙っている」と報じた。MSの時価総額は26日に続き、27日にもアップルを抜いた場面があった。同日の終値でMSの時価総額は8220億ドルで、8270億ドルのアップルとの差は0.5%だった。

数年前までは、MSの見通しは明るくなかった。ウィンドウズの代わりにスマートフォンを購入する消費傾向と、PC販売の減少傾向が背景となっていた。2890億ドルでMSが時価総額1位を守っていた2003年11月3日の当時、アップルは80億ドルに過ぎなかったが、その後アイフォンを発売し急成長した。

その一方、MSは市場独占問題で苦しめられたうえ、モバイル機器とインターネット部門で競合他社に押さえられ、結局2010年にアップルに追い抜かれた。

そんなMSに転機が訪れた。2014年、最高経営責任者(CEO)にサトヤ・ナデラ氏が就任した後、事業の体質が大きく変わった。AP通信は「MSが時価総額でアップルを追い抜くことは、数年前までは想像もできなかった」とし、主力事業をウィンドウズOSの代わりにオフィス・クラウド・コンピューティング・サービスに切り替えたナデラCEOの決断を高く評価した。MSのクラウドサービス事業は現在、全体売上で25%以上を占めている。

一方、米国株式市場を牽引してきたいわゆる「FANG」と呼ばれる巨大情報技術(IT)企業は最近苦戦している。特にアップルの株価は、新アイフォンの需要減少への懸念と販売量の公表中止決定などで、10月初め以来25%も急落した。さらに米中の貿易摩擦が激しくなることも重荷となっている。

26日にはトランプ米大統領の発言がアップルに打撃を与えた。トランプ氏はメディアとのインタビュで「中国からの輸入製品に追加関税を賦課することもできる」とし、中国で製造されているアップル製品も対象となる可能性があることを示唆した。同発言が投資家を動揺させ、アップル売りにつながった。

専門家らは「ティム・クック氏(アップルCEO)とアップルの投資家が最も恐れているのは、iPhoneに関税が付くことだ」と述べている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »