韓国、第2四半期経済成長率0.7%…再び0%台に後退

韓国、第2四半期経済成長率0.7%…再び0%台に後退
韓国の2018年第2四半期の実質国内総生産(GDP)が前期比で0.7%増加にとどまった。民間消費増加の勢いが鈍化する中、建設投資と設備投資の減少傾向が強くなったのが原因となった。

韓国銀行が26日に発表した「2018年第2四半期実質国内総生産(速報値)」によると、今年の第2四半期の実質国内総生産は前期比で0.7%の増加となった。GDP成長率は昨年の第4四半期に-0.2%のマイナス成長を記録した後、今年の第1四半期に1.0%と盛り返したものの、今回再び0%台の成長率に後退した。前年同期比の成長率は2.9%だった。

建設投資は住居用建物建設と土木建設の低迷により1.3%減を記録。設備投資は機械類と運送装備が共に減少して前期比で-6.6%となった。設備投資の増加率は-7.1%だった2016年第1四半期以来の最低値となる。

知識財産生産物投資も-0.7%となり、2012年第4四半期の-1.5%以降で最も低い成長率を記録した。

民間消費は化粧品などの非耐久財、飲食及び宿泊業などのサービス業を中心に0.3%の増加。政府消費も0.3%の増加となった。

輸出は半導体、石炭及び石油製品などを中心に0.8%の増加。輸入は機械類、運送装備などが減り-2.6%。操業生産増加率は0.7%に留まり、第1四半期の1.6%から鈍化した。建設業は2.1%から-2.3%とマイナス転換した。

住居用建物建設、土木建設の減少により建設業の生産増加率は2012年第1四半期の-4.7%以来の低い数値となった。

サービス業は0.6%増を記録した。不動産及び賃貸業の生産は減少したものの、卸小売及び飲食宿泊業、保険及び社会福祉サービス業などの成長率は増加した。農林水産業の生産は-2.5%で、電気ガス水道事業は9.7%増加した。

実質国内総所得(GDI)は-0.8%でマイナスに転じた。実質GDIが減少するのは-1.3%だった昨年第4四半期以来となる。

mkchang@fnnews.com チャン・ミンクォン記者
翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米テスラCEOイーロン・マスク氏が連日仮想通貨を賛辞している。仮想通貨専門メディアCCNは21日(現…
  2. 韓国野党「民主平和党」の鄭東泳(チョン・ドンヨン)代表は21日、慰安婦問題と関連して日本政府の謝罪と…
  3. 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長がベトナム・ハノイまで専用の列車を利用して移動する可能性があ…
  4. サムスン電子が20日、米国サンフランシスコのビル・グラハム・シビックセンターで「サムスンGalaxy…
  5. ビットコインの価額が4000ドルを巡る攻防が激しくなる模様だ。4000ドル台を回復すると、さらに上昇…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る