韓国、第2四半期経済成長率0.7%…再び0%台に後退

韓国、第2四半期経済成長率0.7%…再び0%台に後退
韓国の2018年第2四半期の実質国内総生産(GDP)が前期比で0.7%増加にとどまった。民間消費増加の勢いが鈍化する中、建設投資と設備投資の減少傾向が強くなったのが原因となった。

韓国銀行が26日に発表した「2018年第2四半期実質国内総生産(速報値)」によると、今年の第2四半期の実質国内総生産は前期比で0.7%の増加となった。GDP成長率は昨年の第4四半期に-0.2%のマイナス成長を記録した後、今年の第1四半期に1.0%と盛り返したものの、今回再び0%台の成長率に後退した。前年同期比の成長率は2.9%だった。

建設投資は住居用建物建設と土木建設の低迷により1.3%減を記録。設備投資は機械類と運送装備が共に減少して前期比で-6.6%となった。設備投資の増加率は-7.1%だった2016年第1四半期以来の最低値となる。

知識財産生産物投資も-0.7%となり、2012年第4四半期の-1.5%以降で最も低い成長率を記録した。

民間消費は化粧品などの非耐久財、飲食及び宿泊業などのサービス業を中心に0.3%の増加。政府消費も0.3%の増加となった。

輸出は半導体、石炭及び石油製品などを中心に0.8%の増加。輸入は機械類、運送装備などが減り-2.6%。操業生産増加率は0.7%に留まり、第1四半期の1.6%から鈍化した。建設業は2.1%から-2.3%とマイナス転換した。

住居用建物建設、土木建設の減少により建設業の生産増加率は2012年第1四半期の-4.7%以来の低い数値となった。

サービス業は0.6%増を記録した。不動産及び賃貸業の生産は減少したものの、卸小売及び飲食宿泊業、保険及び社会福祉サービス業などの成長率は増加した。農林水産業の生産は-2.5%で、電気ガス水道事業は9.7%増加した。

実質国内総所得(GDI)は-0.8%でマイナスに転じた。実質GDIが減少するのは-1.3%だった昨年第4四半期以来となる。

mkchang@fnnews.com チャン・ミンクォン記者
翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 我が家は家族経営の薬局だ。業務の中心は処方箋調剤だが、一般薬などの販売もしている。コロナ禍において…
  2. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  3. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  4. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  5. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
ページ上部へ戻る
Translate »