韓国、第2四半期経済成長率0.7%…再び0%台に後退

韓国、第2四半期経済成長率0.7%…再び0%台に後退
韓国の2018年第2四半期の実質国内総生産(GDP)が前期比で0.7%増加にとどまった。民間消費増加の勢いが鈍化する中、建設投資と設備投資の減少傾向が強くなったのが原因となった。

韓国銀行が26日に発表した「2018年第2四半期実質国内総生産(速報値)」によると、今年の第2四半期の実質国内総生産は前期比で0.7%の増加となった。GDP成長率は昨年の第4四半期に-0.2%のマイナス成長を記録した後、今年の第1四半期に1.0%と盛り返したものの、今回再び0%台の成長率に後退した。前年同期比の成長率は2.9%だった。

建設投資は住居用建物建設と土木建設の低迷により1.3%減を記録。設備投資は機械類と運送装備が共に減少して前期比で-6.6%となった。設備投資の増加率は-7.1%だった2016年第1四半期以来の最低値となる。

知識財産生産物投資も-0.7%となり、2012年第4四半期の-1.5%以降で最も低い成長率を記録した。

民間消費は化粧品などの非耐久財、飲食及び宿泊業などのサービス業を中心に0.3%の増加。政府消費も0.3%の増加となった。

輸出は半導体、石炭及び石油製品などを中心に0.8%の増加。輸入は機械類、運送装備などが減り-2.6%。操業生産増加率は0.7%に留まり、第1四半期の1.6%から鈍化した。建設業は2.1%から-2.3%とマイナス転換した。

住居用建物建設、土木建設の減少により建設業の生産増加率は2012年第1四半期の-4.7%以来の低い数値となった。

サービス業は0.6%増を記録した。不動産及び賃貸業の生産は減少したものの、卸小売及び飲食宿泊業、保険及び社会福祉サービス業などの成長率は増加した。農林水産業の生産は-2.5%で、電気ガス水道事業は9.7%増加した。

実質国内総所得(GDI)は-0.8%でマイナスに転じた。実質GDIが減少するのは-1.3%だった昨年第4四半期以来となる。

mkchang@fnnews.com チャン・ミンクォン記者
翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真:WIKIMEDIA COMMONS (作者 Steve Jurvetson) グーグル、…
  2. 仮想通貨取引所「アップビット」、シンガポールに続きタイ、インドネシアも手中に? 韓国を代表する…
  3. 接点探す米中…中国副首相訪米秒読み段階 -首脳会談の事前調整兼ね訪問 米国と中国が高位級…
  4. 「ビットコインの遅い処理速度は弱点ではない」=大物投資家 仮想通貨投資家でコインメトリクスの共…
  5. 徴用工問題で韓国に歩調合せる北朝鮮...国際大会で声明発表か 韓国の最高裁が新日鉄住金に対し、…

おすすめ記事

  1. 2018-11-8

    米中間選挙の勝者はトランプ?「上院の勝利で弾劾される恐れが消えた」

    米中間選挙の勝者はトランプ?「上院の勝利で弾劾される恐れが消えた」 2018年米国中間選挙が予…
  2. 2018-10-30

    韓国最高裁、元徴用工訴訟に新日鉄住金の賠償命令を判決…「個人請求権は消滅していない」

    韓国最高裁、元徴用工訴訟に新日鉄住金の賠償命令を判決...「個人請求権は消滅していない」 日本…
  3. 2018-10-29

    韓国ではアダルトサイトを見ることもダメ?過度な処置に不満爆発

    韓国ではアダルトサイトを見ることもダメ?過度な処置に不満爆発 「アダルト動画も好きなように見られな…
  4. 2018-10-26

    共同警備区域の非武装化が完了…北朝鮮側への観光は来月から

    韓国と北朝鮮の軍事境界線がある板門店。/WIKIMEDIA COMMONS(Henrik Ishih…
  5. 2018-10-22

    カナダの実験「大麻合法化」…成功するか?

    カナダの実験「大麻合法化」...成功するか? 10年ほど前のある真っ暗な夜、カナダ・カルガリー…

アーカイブ

ページ上部へ戻る