韓国人の海外旅行先1位は「日本・大阪」、日本人の1位は?

韓国人の海外旅行先1位は「日本・大阪」、日本人の1位は?

韓国人の海外旅行先1位は「日本・大阪」で、日本人の1位は「韓国・ソウル」である事が分かった。旅行サイトのエクスペディアが、今年1年で韓国人旅行客が訪れた人気旅行先と旅行パターンを総合的に分析した。

今年1年、エクスペディアを通じて最も多くの韓国人が訪れた旅行先は、例年と変わらず日本だった。大阪、福岡、東京、沖縄、札幌の順で、この他に鹿児島、静岡、名古屋、宮崎、北九州などの地方都市も注目されていた。

日本人旅行客の一番の人気旅行先は「韓国・ソウル」だった。台北、バンコク、東京を抑えて1位となった。しかしソウル以外の韓国の都市に対する注目度は、未だ低い事も分かった。釜山は、ロンドン、パリ、グァムより高い人気で19位となったものの、済州島は47位に留まった。ソウルは、香港、台湾、シンガポールからの旅行者にも人気だった。それぞれの国のランキング順位は、4位、4位、8位だった。

エクスペディアを通じて韓国を最も多く訪れた海外旅行客は日本人だった。これに米国と香港からの旅行客が後に続いた。以下、台湾、シンガポール、タイ、マレーシアの順で、英国とドイツからの旅行客もインバウンド順位の10位圏内に入っている。

外国人旅行客が訪問する韓国の都市はソウルが断然トップだった。10人中7人の割合だった。釜山は全インバウンド旅行客の13%が、済州島や仁川はそれぞれ6%が訪問していた。以下は、慶尚道、京畿道、江原道、全羅道、忠清道の順だった。

この中で、大邱は特に日本人旅行客に、済州島は台湾人に注目されていた。大邱は日本人のアウトバウンド旅行予約率基準で前年比約420%も上昇し、済州島は台湾人の予約率基準で約80%上昇している。

東南アジア地域では、新興リゾート地の人気上昇が目立った。マレーシアのコタキナバルは、ボラカイ島が環境保護のために閉鎖されていた間に人気が急浮上し、ベトナムのダナン人気はニャチャンにも波及した。

日本は大都市よりも、これまで大きな注目を浴びて来なかった小都市が良い成果を見せている。「人が行った所」ではなく、「自分の好み」を重視する旅行にトレンドが変わり、格安航空会社LCCを中心に多様な都市に新規就航した影響だと見られる。

東京から新幹線で2時間の距離に位置する名古屋は、韓国人の予約率が最も急増した。沖縄から南西に410km離れた石垣島は、香港からの旅行客が大きく増加した。特に石垣島は日本人の間でも人気がある。小都市旅行のトレンドは、日本の中でも目立っている。日本人旅行客は今年、沖縄周辺の宮古島や石垣島、北海道の地方都市である旭川や釧路に大きな関心を見せている。

韓国人が最も多く利用するホテルは、大阪とグァムにあるホテルが大半だった。海外人気ホテル順位10位圏内に、両地域のホテルがそれぞれ4軒ずつ含まれている。最も人気だったホテルは、大阪の「ホテルサンルート大阪なんば」とグァムの「オンワードビーチリゾート」だった。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. -日本最大500以上の企業が出展- (社)済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔滄勳)は、日本…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長の妹であり北朝鮮のナンバー2としても知られる金与正氏が朝鮮労働党中央委員会…
  3. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  4. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  5. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »