ラオスでダム決壊…数百人が行方不明

ラオスでダム決壊…数百人が行方不明に

韓国のSK建設が施工に参画しているラオスの水力発電用ダムが決壊し数百人が行方不明になった。現在まで確認された死者数は26人に上る。

24日、ラオス通信(KPL)とサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によると、前日の夜にラオス南東部アッタプー県にあるセピアン-セナムノイダムが決壊。50億立方メートルの水が下流に流れ込み、周辺の6つの村を襲った。

この事故により現在まで26人の死亡が確認。数百人が行方不明になっている。ABCラオス・ニュースの報道によると、現地の公務員らがボートで救助活動を行っている。SCMPによると、セピアン-セナムノイダムは工事を終え、来年から稼働に入る予定だったという。

12億ドル規模のセピアン-セナムノイダム工事はラオスの水力発電プロジェクトの一部だった。ラオスの水力発電プロジェクトは、ボラヴェン高原を通るメコン川の支流をとめ、3つのダムや発電所を建設。最大690mに達する落差を利用して電力を生産する事業だ。年間発電量は410メガワットだ。

セピアン-セナムノイダムは、韓国のSK建設と韓国西部発電、タイのラチャブリ・エレクトリシティー・ジェネレーティング・ホールディング、ラオスのラオ・ホールディング・ステート・エンタプライズなどが2012年に設立した「セピアン・セナムノイ電力会社(PNPC)」が工事を担当。生産された電力の90%はタイに輸出し、残りの10%はラオス現地で使用することになっていた。

環境団体らはラオスの水力発電推進がメコン川や現地社会に与える影響について懸念の声をあげていた。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »