ラオスでダム決壊…数百人が行方不明

ラオスでダム決壊…数百人が行方不明に

韓国のSK建設が施工に参画しているラオスの水力発電用ダムが決壊し数百人が行方不明になった。現在まで確認された死者数は26人に上る。

24日、ラオス通信(KPL)とサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によると、前日の夜にラオス南東部アッタプー県にあるセピアン-セナムノイダムが決壊。50億立方メートルの水が下流に流れ込み、周辺の6つの村を襲った。

この事故により現在まで26人の死亡が確認。数百人が行方不明になっている。ABCラオス・ニュースの報道によると、現地の公務員らがボートで救助活動を行っている。SCMPによると、セピアン-セナムノイダムは工事を終え、来年から稼働に入る予定だったという。

12億ドル規模のセピアン-セナムノイダム工事はラオスの水力発電プロジェクトの一部だった。ラオスの水力発電プロジェクトは、ボラヴェン高原を通るメコン川の支流をとめ、3つのダムや発電所を建設。最大690mに達する落差を利用して電力を生産する事業だ。年間発電量は410メガワットだ。

セピアン-セナムノイダムは、韓国のSK建設と韓国西部発電、タイのラチャブリ・エレクトリシティー・ジェネレーティング・ホールディング、ラオスのラオ・ホールディング・ステート・エンタプライズなどが2012年に設立した「セピアン・セナムノイ電力会社(PNPC)」が工事を担当。生産された電力の90%はタイに輸出し、残りの10%はラオス現地で使用することになっていた。

環境団体らはラオスの水力発電推進がメコン川や現地社会に与える影響について懸念の声をあげていた。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る