ラオスでダム決壊…数百人が行方不明

ラオスでダム決壊…数百人が行方不明に

韓国のSK建設が施工に参画しているラオスの水力発電用ダムが決壊し数百人が行方不明になった。現在まで確認された死者数は26人に上る。

24日、ラオス通信(KPL)とサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によると、前日の夜にラオス南東部アッタプー県にあるセピアン-セナムノイダムが決壊。50億立方メートルの水が下流に流れ込み、周辺の6つの村を襲った。

この事故により現在まで26人の死亡が確認。数百人が行方不明になっている。ABCラオス・ニュースの報道によると、現地の公務員らがボートで救助活動を行っている。SCMPによると、セピアン-セナムノイダムは工事を終え、来年から稼働に入る予定だったという。

12億ドル規模のセピアン-セナムノイダム工事はラオスの水力発電プロジェクトの一部だった。ラオスの水力発電プロジェクトは、ボラヴェン高原を通るメコン川の支流をとめ、3つのダムや発電所を建設。最大690mに達する落差を利用して電力を生産する事業だ。年間発電量は410メガワットだ。

セピアン-セナムノイダムは、韓国のSK建設と韓国西部発電、タイのラチャブリ・エレクトリシティー・ジェネレーティング・ホールディング、ラオスのラオ・ホールディング・ステート・エンタプライズなどが2012年に設立した「セピアン・セナムノイ電力会社(PNPC)」が工事を担当。生産された電力の90%はタイに輸出し、残りの10%はラオス現地で使用することになっていた。

環境団体らはラオスの水力発電推進がメコン川や現地社会に与える影響について懸念の声をあげていた。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が対北制裁の例外となる観光事業などを進めるとの考えを明らかにした事について、米ホワイトハウス…
  2. 米国と中国の「第1段階の貿易合意」にもかかわらず、貿易をめぐる両国の緊張はまだ終わっていないという意…
  3. イラン司法当局が14日(現地時間)、ウクライナ機の撃墜と関連し、多数の容疑者を逮捕したと発表した。…
  4. 仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップによると、15日午前11時基準でビットコインの価額は過去…
  5. 中国の湖北省武漢市で発生したウイルス性肺炎の感染事例が香港、台湾に続き、タイでも確認されるなど、徐々…

おすすめ記事

  1. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  2. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  3. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  4. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
  5. 中国政府が湖北省・武漢市で集団発生した原因不明の肺炎について重症急性呼吸器症候群(SARS)ではな…
ページ上部へ戻る