中国株、今年25%下落…時価総額で日本に追い抜かれ3位に

中国株、今年25%下落…時価総額で日本に追い抜かれ3位に

米国と中国の貿易戦争の余波で、中国株式市場が今年暴落した。下げ幅としては世界主要国の証券市場の中で最も大きかった。

香港紙サウスチャイナ・モーニングポストによると、上海総合指数は今年最後の取引日に2493.90で取引を終えた。これは昨年の大納会の終値より24.6%も急落した数値。深セン総合指数も昨年比33.2%安を記録した。中国株式市場の時価総額は今年2兆4000億ドル減少し、6兆3000億ドルを記録した。これまで時価総額基準で世界2位だった中国は、今年8月に日本に追い抜かれ3位となった。

中国株の暴落について専門家らは、「米中貿易戦争の激化や中国の景気減速への懸念などによる投資心理の委縮が背景になっている」と分析している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. -日本最大500以上の企業が出展- (社)済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔滄勳)は、日本…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長の妹であり北朝鮮のナンバー2としても知られる金与正氏が朝鮮労働党中央委員会…
  3. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  4. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  5. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »