「名探偵コナン:ゼロの執行人」が4DXで韓国公開…興行への期待高まる理由は?

「名探偵コナン:ゼロの執行人」が4DXで韓国公開…興行への期待高まる理由は?

アニメ映画「名探偵コナン:ゼロの執行人」の4DX版がファンの話題となっている中、韓国での公開が決まり、興行への期待が高まっている。

「名探偵コナン:ゼロの執行人」4DX版は9日に韓国で公開する。同作品は去年10月19日から11月8日まで3週間限定で日本で再公開、限定上映にもかかわらず2018年4D邦画累計興行収入1位となるなど人気を集めた。同作品は劇場版シリーズ史上最強の大作と言われる作品で、評判通り迫力のあるアクションシーンが見られるとして韓国ファンの期待も高まっている。

「名探偵コナン:ゼロの執行人」4DXは4Dの利点を前面に出している。強烈なカー&スケートボード・ライディングやアクションシーンにはモーションチェアーの激しい動きを連動させるのはもちろん、風やエアーショットのような4DXならではの効果まで加え、リアルなライディング・アクションシーンを楽しむことができる。

「名探偵コナン:ゼロの執行人」4DXは去年の夏に公開された「名探偵コナン:純黒の悪夢」4DX以来シリーズ史上2番目の4DX。特に前作と同じくファンのリクエストで4DX公開が決定された。そのため、ファンの間では4DXマニアなら必ず観るべき作品だとの口コミが広がり、チケット争奪戦が予想される。

実際に公開初日のCGV龍山I-PARKの4DXスクリーンとCGV往十里4DXスクリーンの夕方の人気時間帯はすでに完売。CGV汝矣島4DXスクリーンの人気時間帯も9割以上販売された。

「名探偵コナン:ゼロの執行人」4DXは、都心各地で起こったテロの犯人を捜すため奮闘する名探偵コナンと正義のためなら手段と方法を選ばない公安警察の捜査官、安室透の対決を描く作品。ダイナミックなアクションが特徴だが、特に最高の名シーンとして選ばれた公安警察・安室透のカーチェイスが4DXで更にスリル溢れるシーンに再誕生しており、期待感が高まっている。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
  2. 我が家は家族経営の薬局だ。業務の中心は処方箋調剤だが、一般薬などの販売もしている。コロナ禍において…
  3. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  4. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  5. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
ページ上部へ戻る
Translate »