「名探偵コナン:ゼロの執行人」が4DXで韓国公開…興行への期待高まる理由は?

「名探偵コナン:ゼロの執行人」が4DXで韓国公開…興行への期待高まる理由は?

アニメ映画「名探偵コナン:ゼロの執行人」の4DX版がファンの話題となっている中、韓国での公開が決まり、興行への期待が高まっている。

「名探偵コナン:ゼロの執行人」4DX版は9日に韓国で公開する。同作品は去年10月19日から11月8日まで3週間限定で日本で再公開、限定上映にもかかわらず2018年4D邦画累計興行収入1位となるなど人気を集めた。同作品は劇場版シリーズ史上最強の大作と言われる作品で、評判通り迫力のあるアクションシーンが見られるとして韓国ファンの期待も高まっている。

「名探偵コナン:ゼロの執行人」4DXは4Dの利点を前面に出している。強烈なカー&スケートボード・ライディングやアクションシーンにはモーションチェアーの激しい動きを連動させるのはもちろん、風やエアーショットのような4DXならではの効果まで加え、リアルなライディング・アクションシーンを楽しむことができる。

「名探偵コナン:ゼロの執行人」4DXは去年の夏に公開された「名探偵コナン:純黒の悪夢」4DX以来シリーズ史上2番目の4DX。特に前作と同じくファンのリクエストで4DX公開が決定された。そのため、ファンの間では4DXマニアなら必ず観るべき作品だとの口コミが広がり、チケット争奪戦が予想される。

実際に公開初日のCGV龍山I-PARKの4DXスクリーンとCGV往十里4DXスクリーンの夕方の人気時間帯はすでに完売。CGV汝矣島4DXスクリーンの人気時間帯も9割以上販売された。

「名探偵コナン:ゼロの執行人」4DXは、都心各地で起こったテロの犯人を捜すため奮闘する名探偵コナンと正義のためなら手段と方法を選ばない公安警察の捜査官、安室透の対決を描く作品。ダイナミックなアクションが特徴だが、特に最高の名シーンとして選ばれた公安警察・安室透のカーチェイスが4DXで更にスリル溢れるシーンに再誕生しており、期待感が高まっている。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  2. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  3. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  4. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…
  5. 韓国中央防疫対策本部は、クリスマスとなる25日0時基準で新型コロナウイルスの新たな感染者が1241…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »