ゴールドマンサックス出資会社 ‘米ドル連動’仮想通貨政策

ゴールドマンサックス出資会社 ‘米ドル連動’仮想通貨政策

ゴールドマンサックスの出資会社であるフィンテック・スタートアップのサークル(Circle)が、取引速度をさらに高めた米ドルのデジタル版を作る。

サークルがドルに連動した仮想通貨を発行する計画であると、米経済番組CNBCが5月15日に報道した。
ゴールドマンサックス、百度などから投資を受けたサークルは、ブロックチェーン技術を活用した個人間(P2P)決済ネットワークを運営する企業だ。この日のサークルの発表によると、仮想通貨マイニング企業であるビットメインが主導したファンディングラウンドにおいて1億1000万ドル(約1187億ウォン)を募集したところ、時価総額で30億ドル近くにまで達したという。

今回のプロジェクト開発は、サークルの商品を監督する独立組織“センター(CENTRE)”が担っている。サークルの顧客たちは貨幣価値の安定を維持するため、1コインにつき1ドルを保有しなくてはならないとCNBCが伝えた。
サークルのジェレミー・アレル最高経営責任者(CEO)は「ドルの大きなパワーが発揮されるかもしれない。ブロックチェーンで実際に動くのは基本的にドルだからだ」と語った。
また「伝統的な金融と仮想通貨が交わるために必ず必要となる過程である」とし、「今回の事業に関心を持ち支援の意思表示をしてくれた銀行も多数ある」と付け加えた。

さらに彼は「テトナベイシスなどドル価値に連動したコインは既に存在するが、既存のコインに対する代案が必要だと考えた」とし「ドルがコインに転換されれば、ブロックチェーン技術を用いて僅か数秒での送金も可能だ。今後はユーロやポンドなども追加していく計画だが、アジア通貨に関しては既存業者たちの存在もあり今すぐには難しいかもしれない」と語った。

アレルCEOは最後に「現時点ではイドリウムが最善の選択だ。まずはイドリウムを基盤としていく考えだが、より機能性に優れた技術が登場すれば、その他のプラットフォームへ乗り換える可能性も十分にある」と強調した。

翻訳者 M.INOKUCHI

関連記事

ピックアップ記事

  1. アップルが今年4月の公開を目標にしている、動画配信サービスが最終段階に入った。…
  2. 世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を…
  3. 米銀大手JPモルガン・チェースが独自の仮想通貨を発行する予定だと米放送局CNBCが14日(現地時間)…
  4. 米EV車メーカー、テスラが対中国輸出を急いでいる様子だ。海外メディアによると、米中貿易交渉の決裂に備…
  5. エネルギーに対する経済依存脱却を推進して来たサウジアラビアが、これまで国内に限られていた石油・ガスの…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る