ゴールドマンサックス出資会社 ‘米ドル連動’仮想通貨政策

ゴールドマンサックス出資会社 ‘米ドル連動’仮想通貨政策

ゴールドマンサックスの出資会社であるフィンテック・スタートアップのサークル(Circle)が、取引速度をさらに高めた米ドルのデジタル版を作る。

サークルがドルに連動した仮想通貨を発行する計画であると、米経済番組CNBCが5月15日に報道した。
ゴールドマンサックス、百度などから投資を受けたサークルは、ブロックチェーン技術を活用した個人間(P2P)決済ネットワークを運営する企業だ。この日のサークルの発表によると、仮想通貨マイニング企業であるビットメインが主導したファンディングラウンドにおいて1億1000万ドル(約1187億ウォン)を募集したところ、時価総額で30億ドル近くにまで達したという。

今回のプロジェクト開発は、サークルの商品を監督する独立組織“センター(CENTRE)”が担っている。サークルの顧客たちは貨幣価値の安定を維持するため、1コインにつき1ドルを保有しなくてはならないとCNBCが伝えた。
サークルのジェレミー・アレル最高経営責任者(CEO)は「ドルの大きなパワーが発揮されるかもしれない。ブロックチェーンで実際に動くのは基本的にドルだからだ」と語った。
また「伝統的な金融と仮想通貨が交わるために必ず必要となる過程である」とし、「今回の事業に関心を持ち支援の意思表示をしてくれた銀行も多数ある」と付け加えた。

さらに彼は「テトナベイシスなどドル価値に連動したコインは既に存在するが、既存のコインに対する代案が必要だと考えた」とし「ドルがコインに転換されれば、ブロックチェーン技術を用いて僅か数秒での送金も可能だ。今後はユーロやポンドなども追加していく計画だが、アジア通貨に関しては既存業者たちの存在もあり今すぐには難しいかもしれない」と語った。

アレルCEOは最後に「現時点ではイドリウムが最善の選択だ。まずはイドリウムを基盤としていく考えだが、より機能性に優れた技術が登場すれば、その他のプラットフォームへ乗り換える可能性も十分にある」と強調した。

翻訳者 M.INOKUCHI

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »