ジェイミー・ダイモンの心変わり?…「JPモルガン、ビットコイン市場進出検討」

ジェイミー・ダイモンの心変わり?…「JPモルガン、ビットコイン市場進出検討」

ビットコインについて“詐欺だ”などと否定的な見解を示していた米銀JPモルガンのジェイミー・ダイモン会長が、心変わりでもしたのだろうか。英報道機関であるファイナンシャルニュースは5月17日、JPモルガンがビットコイン市場に進出する機会をうかがっていると報道した。

昨年9月、ダイモン会長はビットコインをめぐり「資産形成手段としてはおろか、バブルであり詐欺にすぎない」などと発言し懐疑的な立場を示していた。

しかし今月上旬、あのゴールドマンサックスが仮想通貨取引所の開設準備を進めているとの事実が明らかとなり業界全体の雰囲気が変わってきている。

■仮想通貨部門担当に29歳のフィンテック専門家

JPモルガンは仮想通貨市場進出計画の担当者として、社内フィンテック開発の総括を務めていた29歳のオリバー・ハリスを選定した。これこそがJPモルガンの真剣さを物語っているとはフィナンシャル・ニュースの評価だ。

彼は法人・投資銀行事業部門に属し、仮想通貨技術適用の可能性を探る予定だ。例を挙げると、仮想通貨保管サービスやブロックチェーン決済事業などがそれに該当する。この法人・投資銀行事業部門が提供するサービスは、ゴールドマンサックスよりも多岐にわたるという。

ハリスはアクセンチュア戦略コンサルタントを経て、4年前にJPモルガンに入社した。彼は社内のブロックチェーンプロジェクトであるQuorumについても指揮を任されているが、JPモルガンはこのQuorumを独立法人として分社する案を検討中だ。

JPモルガンの共同代表であるダニエル・ピント氏も、米経済番組CNBCのインタビュー内において「仮想通貨分野を注視している。未来の金融システムにおいては仮想通貨技術が重要な役割を果たすと確信している。ただ、現在のような形態ではないだろう」との発言をしている。

今後ウォール街の各銀行は、ゴールドマンサックスの動向に従わなければならないだろうと専門家らは見ている。ブロックチェーン・キャピタルの調査責任者であるスペンサー・ボガート氏は「多くの銀行がゴールドマンサックスに続き仮想通貨市場に参入していくことになる。コインベースやバイナンスなどが仮想通貨市場において実績を残したという話を聞いたのだろう。もし市場に参入しなければ、取引所がウォール街を追い越す可能性もある」と強調した。

翻訳者:M.INOKUCHI

関連記事

ピックアップ記事

  1. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  2. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  3. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  4. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…
  5. 17日の仮想通貨市場は、ほとんどの銘柄が前日比10%以上の暴落を見せるなど重い雰囲気が漂っている。米…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る