韓国、通勤のお供がマスクとウェットティッシュ…その理由は?

韓国、通勤のお供がマスクとウェットティッシュ…その理由は?

韓国政府の世宗庁舎へは自転車で通勤しているのだが、その際に必ず携帯するアイテムが3つある。防寒用の手袋とPM2.5対策用のマスク、そしてウェットティッシュだ。

ソウル市のレンタサイクルサービス「タルンイ」のように世宗市にも「オウルリング」なるものが存在し、私はこちらを利用している。駐車中の自転車のサドルには毎朝のように白い埃が積もっており、ウェットティッシュでこれをふき取ることから私の朝は始まるのだ。

中国で空気の缶詰が販売されるというニュースが報道され、鼻で笑っていたのがほんの数年前だったか。当時は「中国版の詐欺」、「中国は人口が多いだけに変わり者も多いのだな」などと考えていたが、今やこの問題は他人事ではなくなった。行き交う人々は皆防塵マスクを使用し、空気清浄機は発売したそばから飛ぶように売れる。

窓を開けて換気することを躊躇し、その日の天気よりもPM2.5の数値を気にする。時折見上げる青空が、一日の気分をも左右する。大気の悪化は、文字通り国民の生活の質までをも悪化させた。

先月は常に「非常低減措置」という耳慣れない単語に神経を尖らせた。非常低減措置が3日間連続(13~15日)で施行されたのは、2017年に非常低減措置を導入して以来初めてのことだ。非常低減措置発令時に首都圏の公共・行政機関では、車両2部制と作業・工事現場における運営短縮などが義務付けられる。今月15日からはPM2.5特別法が施行され、前述のような措置が全国へと拡大される。ただ、非常削減措置の発動は各自治体の判断に任せられており、完全なものではない。

現時点で韓国政府がとれる対策としては最善であると言えるが、まだまだ不十分だ。

公式に数値化されてはいないが、中国から運ばれてくる季節風には大量の埃が含まれていることくらい誰でも知っている。しかし、露骨に不満や要求を中国に表示できないのが現状だ。

PM2.5問題は、外交・通商問題とセットである。環境部ではなく外交部に「気候変化環境外交局」があるのもこのような理由からだろう。韓国は2017年、中国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)報復に苦しんだ過去がある。当時の韓国経済がどれほど大きな打撃を受けたかは記憶に新しい。昨今の不況を考慮すれば、いま中国を無視するわけにはいかないだろう。

「中国に経済発展を止めろとはとても言えない」

ある政府関係者によるこの言葉は、政府の苦しい立場をよく表現している。政府が打ち出す関連対策は全て、自国内で発生する埃を最小限にとどめようというもので内部要因に集中している。中国相手に断固とした態度を取ることができず、国民のPM2.5関連知識だけが無駄に増えている現状がもどかしい。

それでも協議の機会が生じたのは幸いで、先月23日に韓中は環境協力共同委員会をソウルで開催された。様々なイシューがあるが、核心はやはり大気汚染問題だった。

韓国政府はこれまでも中国との親密さをアピールしてきた。しかし重要なのは実効性であり、今回の共同委員会では多少強硬な姿勢も必要だったと思う。

文在寅(ムン・ジェイン)政府は、国民の安全を最優先課題として誕生した政権である。きれいな空気を吸う権利くらいは保障してもらいたいものだ。ウェットティッシュなしで自転車に乗れる日が来ることを願ってやまない。

翻訳者:M.I

【大気汚染に悩む韓国】

韓国、初の人工降雨が失敗に

PM2.5が変えた韓国社会…野外での活動が減少

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  2. 29日に訪韓するトランプ米大統領が同期間中に北朝鮮の金正恩国務委員長と会談する可能性が浮上しているな…
  3. ビットコインの価格が1万ドルを再突破したことで、仮想通貨市場に楽観論が急速に広がっている。…
  4. トランプ大統領の訪韓が確定されたことで、両首脳が南北の非武装地帯(DMZ)を視察する可能性も浮上して…
  5. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領からの親書を受け取ったと、北朝鮮の官営メディ…

おすすめ記事

  1. 2019-6-21

    トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

    トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…
  2. 2019-6-19

    韓国外交部、「日韓企業からの拠出金で徴用工に被害補償」

    韓国外交部は19日、徴用工判決問題と関連し、日本と韓国の企業が参加する基金を造成し、徴用工の被害に補…
  3. 2019-6-15

    [ワールドレポート] メイ首相の涙とイギリスの先行き

    イギリスのテリーザ・メイ首相が今月7日、首相と与党党首から辞任した。2016年6月、国民投票でブレグ…
  4. 2019-6-13

    香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中…
  5. 2019-6-12

    日朝が平壌で「水面下の調整」…7月平壌で首脳会談か?

    安倍晋三総理の平壌訪問に向け、日本政府の次官級官僚が最近、北朝鮮を訪問した事が分かった。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る