韓国、初の人工降雨が失敗に

韓国、初の人工降雨が失敗に

PM2.5低減対策として行った最初の人工降雨実験は事実上、失敗に終わった。しかし、韓国気象庁はPM2.5低減研究のための第一歩となったことに意味があると明らかにした。

韓国気象庁は28日、気象庁国立気象科学院と環境部の国立環境科学院が25日に黄海上で気象航空機(キングエア350)を利用して人工降雨のPM2.5低減効果を分析するための合同実験を行ったと発表した。しかし、期待とは裏腹に雨は降らなかった。

観測の結果、雲の内部から降水粒子が大きくなっている様子は見られたものの、気象船舶および地上大気測定システムからは有意味な降水は観測されなかった。

ただ、降水と見なすレベルではないが、一部地域に位置する移動観測車両から数分間にわたって弱い霧雨が感知された。気象庁は気象船舶周りの海上に雨を含めた雲が目撃されたとし、精密な分析を行っていると伝えた。

今回の実験では△航空機△船舶△移動観測車両△都市大気測定システムなど多様な気象装備や環境装備が活用された。

気象庁は「今回の実験は気象庁と環境部が協業を通じて人工降雨を利用したPM2.5低減研究のための第一歩となった実験であり、PM2.5の低減を目指す様々な努力の出発点として意義がある」と説明した。

人工降雨およびPM2.5低減効果についての詳細な分析結果は、より科学的な分析と専門家の諮問を受け2月末に気象庁と環境部が合同で発表する予定。また、今後の人工降雨実験やPM2.5合同観測推進に対するプランも明らかにする計画だ。

キム・ジョンソク気象庁長は「成否にかかわらず、今回の実験を通じて我々はもう一つの人工降雨技術を蓄積した」とし「これを基に人工降雨を実用化に向け最善を尽くす」と述べた。

翻訳:尹怡景

【大気汚染に悩む韓国】

PM2.5が変えた韓国社会…野外での活動が減少

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19日、世論調査会社「韓国ギャラップ」によると、文大統領が「よくやっている」とする肯定的な評価は、先…
  2. 北朝鮮の外務官僚が朝鮮中央通信を通じてマイク・ポンペオ米国務長官を非難し、降板を要求した事について、…
  3. 韓国気象庁は、19日午前11時16分、韓国東部の東海市の沖で地震が観測されたと発表した。震源地は東海…
  4. 今月15日(現地時間)に発生した、フランス・パリのノートルダム大聖堂の大火災。その原因として「電気短…
  5. ビットコインSV陣営を率いているクレイグ・ライト氏が、自身がビットコインの発明者「サトシ・ナカモト」…

おすすめ記事

  1. 2019-4-15

    仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

    仮想通貨専門メディアのビットコインエクスチェンジガイドは最近、今年の仮想通貨の成長傾向を予測する4大…
  2. 2019-4-11

    実際のブラックホール写真が初公開…「我々の理論と予測が正しかった」

    世界で初めてブラックホールの存在とその姿が公開された。EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)理…
  3. 2019-4-9

    グーグルとアップルの覇権争いが勃発…5Gゲームコンテンツが収益源として浮上

    グーグルとアップルが5G常用化を前に、新たなゲーム・プラットフォーム開発を宣言した。グーグルとアップ…
  4. 2019-4-6

    スターバックス、真の目的はビットコイン銀行

    昨年8月、スターバックスがICEのBakkt(ビットコイン先物取引などを行うことができるプラットフォ…
  5. 2019-4-5

    没落した英雄…ゴーン会長が4度目の逮捕

    日本の検察は、保釈金を支払い先月6日に釈放されたカルロス・ゴーン前日産自動車会長を4日、特別背任容疑…

アーカイブ

ページ上部へ戻る