韓国、初の人工降雨が失敗に

韓国、初の人工降雨が失敗に

PM2.5低減対策として行った最初の人工降雨実験は事実上、失敗に終わった。しかし、韓国気象庁はPM2.5低減研究のための第一歩となったことに意味があると明らかにした。

韓国気象庁は28日、気象庁国立気象科学院と環境部の国立環境科学院が25日に黄海上で気象航空機(キングエア350)を利用して人工降雨のPM2.5低減効果を分析するための合同実験を行ったと発表した。しかし、期待とは裏腹に雨は降らなかった。

観測の結果、雲の内部から降水粒子が大きくなっている様子は見られたものの、気象船舶および地上大気測定システムからは有意味な降水は観測されなかった。

ただ、降水と見なすレベルではないが、一部地域に位置する移動観測車両から数分間にわたって弱い霧雨が感知された。気象庁は気象船舶周りの海上に雨を含めた雲が目撃されたとし、精密な分析を行っていると伝えた。

今回の実験では△航空機△船舶△移動観測車両△都市大気測定システムなど多様な気象装備や環境装備が活用された。

気象庁は「今回の実験は気象庁と環境部が協業を通じて人工降雨を利用したPM2.5低減研究のための第一歩となった実験であり、PM2.5の低減を目指す様々な努力の出発点として意義がある」と説明した。

人工降雨およびPM2.5低減効果についての詳細な分析結果は、より科学的な分析と専門家の諮問を受け2月末に気象庁と環境部が合同で発表する予定。また、今後の人工降雨実験やPM2.5合同観測推進に対するプランも明らかにする計画だ。

キム・ジョンソク気象庁長は「成否にかかわらず、今回の実験を通じて我々はもう一つの人工降雨技術を蓄積した」とし「これを基に人工降雨を実用化に向け最善を尽くす」と述べた。

翻訳:尹怡景

【大気汚染に悩む韓国】

PM2.5が変えた韓国社会…野外での活動が減少

関連記事

ピックアップ記事

  1. 電車の中で大変そうに立っている老人と席に座っていた若者の写真をめぐり非難の声が殺到している。…
  2. 犬を放置して死なせたペットショップの店主が控訴審でも執行猶予付きの判決を言い渡された。…
  3. 韓国繊維産業の中心地「慶尚北道」に拠点を置く繊維企業が、日本の東京で輸出商談会を開催する。参加企業は…
  4. アップルが今年4月の公開を目標にしている、動画配信サービスが最終段階に入った。…
  5. 世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る