PM2.5が変えた韓国社会…野外での活動が減少

PM2.5が変えた韓国社会…野外での活動が減少

PM2.5が一年中韓国の空気を支配している。市民らは今月13日から15日まで3日連続で最悪の大気汚染を経験し、PM2.5を「自然災害」に準ずる社会問題として捉え始めた。またPM2.5への対策を求める市民らの声が高まっており、国会でもPM2.5を自然災害に含めるための関連法改定案を検討中だ。ファイナンシャルニュースはPM2.5が変えた市民生活と問題点を推察し、「より良い空気」が吸える権利のため、様々なアイディアを模索してみる。

「PM2.5のせいで結婚式が台無しになるかもしれない」
ウェデイングプランナーのユさん(仮名)は、結婚式の相談を受ける際に野外での結婚式を勧めていない。野外での結婚式には天候が大きな心配となるが、最近ではPM2.5が最も大きな心配のタネとして上げられているためだ。

ユさんは、「結婚前のカップルが野外での結婚式を望む場合、室内ホールも兼ね備えた式場を勧めている」と、「昨年江村で野外での結婚式を行ったあるカップルは、PM2.5により大きな被害を被った」と打ち明けた。

■外出自粛、露天商の売上に打撃
朝鮮半島を覆ったPM2.5の濃度が高まるに連れ、社会風土にも次第に変化が現れ始めた。市民らの野外活動が減少している中、野外の露天商の売上が急減している。

16日、気象庁によると、PM2.5がピークに達した前日のソウルのPM2.5濃度は262㎍/㎥まで上がっていた。これは「かなり悪い」の基準となる75㎍/㎥を優に超える水準だ。このため、「PM2.5非常低減措置」も3日連続で発令された。これは施行されて以降、4回目となる。

毎日子供たちと運動をしなければならない幼稚園では、心配がより大きい。

ソウル市江西区麻谷洞で幼稚園教諭として働くイさん(31才仮名)は、「義務としてしなければならない運動は、教室や講堂で行っている」と、「当初は子供たちの不満も多く見られたが、今ではPM2.5の危険性を知り、理解している様だ」と話した。この幼稚園は少し前に京畿道富川生態公園に行った際も、PM2.5を理由に子供たちにマスクを配布するなど、野外活動への制限を受けている。

野外で海苔巻やスンデなどの飲食物を販売する露天商らは、大きな打撃を受けている。15日午前11時頃、ソウルにある永登浦駅付近の露天商は、これまでと違い閑散としていた。ある店主は、「PM2.5の濃度が良くなかった最近は、売上が半減した」と、「一部の店では商売を早仕舞している」と話した。同じ頃、永登浦駅付近のある耳鼻咽喉科では(診察を待つ患者の)待機時間が90分に達し、相反する様子を見せていた。

■関連産業は悲喜こもごも
PM2.5を遮断する「マスク」は必需品となっている。15日午前、ソウル市江西区のあるマンション新築工事現場では、全ての作業員がマスクを着用していた。作業員らは、作業リーダー自らがマスクを提供してくれたと明かした。

オンラインショッピング・モールのジーマーケット(Gmarket)によると、14日の一日で売れた黄砂・インフルエンザ用マスクの販売量は、先週比で1341%増加した。

カップルらのデートパターンも変わりつつある。これまで外出をよくしていたピョンさん(32才仮名)は、最近恋人とのデートを室内でする事にした。ピョンさんは、「週末には野外より大型モールや漫画カフェなどに行く」と、「最近ではPM2.5のせいで、室内デートの場所が混み合っている」と話した。

結婚を目前にしたパクさん(32才仮名)は、新居にPM2.5の清浄効果があるとされる植物を購入して置いた。またPM2.5により、ソウル市庁広場のスケート場は運営中止となっている。

PM2.5により関連産業も悲喜こもごもだ。野外活動が急減し、数百件の加盟店を持つある弁当チェーンは、売上が大幅に下落し、苦戦している。一方、空気清浄機の販売は引き続き好調で、2016年には100万台レベルだった販売量が、昨年は250万台を突破している。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領が19日、イランに強力な最終警告を投げ掛けた。この日の警告は、イラクの…
  2. 脱北女性の多くが中国で売春などを強要されていると、英国の民間団体が発表した。…
  3. 米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)の承認判断を再び延期した。SECは2…
  4. 「韓国経済、下落に突入…2020年代には成長率1%台」 -生産性の鈍化で成長率は下落…拡張的…
  5. 米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…

おすすめ記事

  1. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  2. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  3. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  4. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…
  5. 2019-5-8

    再び浮上する「北朝鮮リスク」…韓国の国家信用等級格上げは遠く

    韓国の国家信用等級格上げの障害となっていた北朝鮮リスクが、再び浮上する兆候がみられる。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る