世界スマートフォン出荷台数が初めて減少

世界スマートフォン出荷台数が初めて減少

世界スマートフォンの年間出荷量が初めて減少したことが分かった。サムスン電子は18年の世界スマートフォン市場シェア1位を維持したものの、シェア率は前年より減少した。

市場調査会社「カウンターポイントリサーチ」が1日に公開した市場レポートによると、18年の世界スマートフォンの年間出荷量は前年より4%減少した。また昨年第4四半期だけで7%減少し、5四半期連続の減少となった。

世界2位のスマートフォン市場であるインド(出荷量1億4500万台)のような新興国は成長したが、中国市場の減速の影響が大きかった。中国のスマートフォン出荷台数は4億850万台で、世界最大のスマートフォン市場。

カウンターポイントリサーチの研究員は「出荷量の減少は、米国・中国・欧州などでスマートフォンの交換サイクルが長くなったためと思われる」とし「スマートフォンメーカーが人工知能・フルスクリーン画面などのさまざまな機能を搭載しているが、目立つ革新が少ない。さらに価格も高く、市場攻略に苦労している」と述べた。

サムスン電子は18年の世界スマートフォン市場シェア1位(19%)を守った。しかしシェア率では17年より1%減少した。2位は前年と同じシェアを維持したアップル(14%)、3位は前年比4%増加したファーウェイだった。

カウンターポイントリサーチのイム・スジョン研究員は「仮想現実や拡張現実などの新しいコンテンツの変化が2019年以降スマートフォン市場に再び活気を吹き込むと期待される」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »