世界スマートフォン出荷台数が初めて減少

世界スマートフォン出荷台数が初めて減少

世界スマートフォンの年間出荷量が初めて減少したことが分かった。サムスン電子は18年の世界スマートフォン市場シェア1位を維持したものの、シェア率は前年より減少した。

市場調査会社「カウンターポイントリサーチ」が1日に公開した市場レポートによると、18年の世界スマートフォンの年間出荷量は前年より4%減少した。また昨年第4四半期だけで7%減少し、5四半期連続の減少となった。

世界2位のスマートフォン市場であるインド(出荷量1億4500万台)のような新興国は成長したが、中国市場の減速の影響が大きかった。中国のスマートフォン出荷台数は4億850万台で、世界最大のスマートフォン市場。

カウンターポイントリサーチの研究員は「出荷量の減少は、米国・中国・欧州などでスマートフォンの交換サイクルが長くなったためと思われる」とし「スマートフォンメーカーが人工知能・フルスクリーン画面などのさまざまな機能を搭載しているが、目立つ革新が少ない。さらに価格も高く、市場攻略に苦労している」と述べた。

サムスン電子は18年の世界スマートフォン市場シェア1位(19%)を守った。しかしシェア率では17年より1%減少した。2位は前年と同じシェアを維持したアップル(14%)、3位は前年比4%増加したファーウェイだった。

カウンターポイントリサーチのイム・スジョン研究員は「仮想現実や拡張現実などの新しいコンテンツの変化が2019年以降スマートフォン市場に再び活気を吹き込むと期待される」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領が2ヶ月前の新型コロナウイルス国家非常事態宣言以降で初めてとなるゴルフ…
  2. ビットコイン(BTC)が急激な下落傾向を見せている。一時は9千ドル台を割り込んだ。…
  3. 韓国の新型コロナウイルス感染者数が前日より20人増加した。…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 最近、朝鮮半島で小規模な地震が多発している事で、韓国の地震の専門家らが大型地震発生の可能性を警告して…

おすすめ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  2. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  3. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  4. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
  5. 世界各地で移動制限(シャットダウン)が徐々に緩和される事で、新型コロナウイルスの感染者が再び増加する…
ページ上部へ戻る
Translate »