世界スマートフォン出荷台数が初めて減少

世界スマートフォン出荷台数が初めて減少

世界スマートフォンの年間出荷量が初めて減少したことが分かった。サムスン電子は18年の世界スマートフォン市場シェア1位を維持したものの、シェア率は前年より減少した。

市場調査会社「カウンターポイントリサーチ」が1日に公開した市場レポートによると、18年の世界スマートフォンの年間出荷量は前年より4%減少した。また昨年第4四半期だけで7%減少し、5四半期連続の減少となった。

世界2位のスマートフォン市場であるインド(出荷量1億4500万台)のような新興国は成長したが、中国市場の減速の影響が大きかった。中国のスマートフォン出荷台数は4億850万台で、世界最大のスマートフォン市場。

カウンターポイントリサーチの研究員は「出荷量の減少は、米国・中国・欧州などでスマートフォンの交換サイクルが長くなったためと思われる」とし「スマートフォンメーカーが人工知能・フルスクリーン画面などのさまざまな機能を搭載しているが、目立つ革新が少ない。さらに価格も高く、市場攻略に苦労している」と述べた。

サムスン電子は18年の世界スマートフォン市場シェア1位(19%)を守った。しかしシェア率では17年より1%減少した。2位は前年と同じシェアを維持したアップル(14%)、3位は前年比4%増加したファーウェイだった。

カウンターポイントリサーチのイム・スジョン研究員は「仮想現実や拡張現実などの新しいコンテンツの変化が2019年以降スマートフォン市場に再び活気を吹き込むと期待される」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る