暑くなる地球…「今年は更に暑い」

昨年の暑さは観測史上4番目…「今年は更に暑い」

2018年が気象観測史上4番目に暑い年となった。温暖化現象は今後さらに進み、今年が史上2番目に暑い年になるとの見通しも出ている。

世界の気候研究機関が去年の気候を分析した結果を最近発表し、気象観測が始まった1880年以降の140年間、去年が4番目で暑い年だと伝えた。気候の測定方式には若干の差はあるが、去年の平均気温は16年と15年、17年に続き歴代4位だという。

米航空宇宙局NASAと米海洋大気庁NOAAの気候分析報告書によると、去年の平均気温は14.69度で、20世紀の平均気温より0.79度高く測定された。米国だけを見ると平均気温は歴代14位で、そこまで暑くはなかったが、欧州ではほぼ全域で気象観測が始まった以来最も暑い年だったという。

世界気象機関(WMO)も、去年の平均気温は産業化により大量の二酸化炭素を発生させた19世紀末より華氏1.8度も高くなり、歴代4位を記録したと発表した。

米新聞大手ニューヨーク・タイムズ(NYT)は「気象観測史上、最も暑かった年の中、90%以上が2001年以降発生していた」とし「また、同期間中に最も暑かった5つの年も最近5年に集中していた」と伝えた。また「ここ20年間続いている温暖化傾向は人間の活動による気候変化に起因する」と説明した。

今年の気候については気象学者の言葉を引用し、「昨年世界で発生したラニーニャとエルニーニョ現象が今年に影響を与える」とし「今年は気象観測史上2番目に暑い年となる」と予想した。

気候専門家らは長期的な気候の流れに注目すべきだと強調している。NASA関係者のガービン・シュミット氏は「地球温暖化は、もはや未来のことではなく、今起こっている現象」と警告した。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国で新型コロナウイルス事態がますます深刻さを増しているなか、政府の内部報告書が伝えられ、さらに懸念…
  2. 日本の安倍晋三首相が新型コロナウイルスの検査に「ドライブスルー」方式の導入を検討すると明らかにした。…
  3. ■中国中央銀行「CBDC開発は最優先課題」 中国の中央銀行である人民銀行が先週の3日、「中国…
  4. 米国内での新型コロナウイルス感染拡大について、ドナルド・トランプ米国大統領が「数多くの死亡者が発生す…
  5. -1ヶ月でマスク供給量は2倍に-マスク不足に対する市民意識にも変化 「薬局前の行列が消えまし…

おすすめ記事

  1. 民団中央本部の呂健二団長は8日、日本政府が新型コロナウイルスの感染拡大で非常事態宣言を発表したことに…
  2. 韓国では「社会的距離を置く」キャンペーンが19日まで2週間延長されたが、これまで休業を続けていた営業…
  3. 日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓…
  4. 今月1日の夜9時、夜の深まりとともに不夜城と化していた、韓国の渋谷と呼ばれる「弘大」では、まだ早い時…
  5. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
ページ上部へ戻る
Translate »