暑くなる地球…「今年は更に暑い」

昨年の暑さは観測史上4番目…「今年は更に暑い」

2018年が気象観測史上4番目に暑い年となった。温暖化現象は今後さらに進み、今年が史上2番目に暑い年になるとの見通しも出ている。

世界の気候研究機関が去年の気候を分析した結果を最近発表し、気象観測が始まった1880年以降の140年間、去年が4番目で暑い年だと伝えた。気候の測定方式には若干の差はあるが、去年の平均気温は16年と15年、17年に続き歴代4位だという。

米航空宇宙局NASAと米海洋大気庁NOAAの気候分析報告書によると、去年の平均気温は14.69度で、20世紀の平均気温より0.79度高く測定された。米国だけを見ると平均気温は歴代14位で、そこまで暑くはなかったが、欧州ではほぼ全域で気象観測が始まった以来最も暑い年だったという。

世界気象機関(WMO)も、去年の平均気温は産業化により大量の二酸化炭素を発生させた19世紀末より華氏1.8度も高くなり、歴代4位を記録したと発表した。

米新聞大手ニューヨーク・タイムズ(NYT)は「気象観測史上、最も暑かった年の中、90%以上が2001年以降発生していた」とし「また、同期間中に最も暑かった5つの年も最近5年に集中していた」と伝えた。また「ここ20年間続いている温暖化傾向は人間の活動による気候変化に起因する」と説明した。

今年の気候については気象学者の言葉を引用し、「昨年世界で発生したラニーニャとエルニーニョ現象が今年に影響を与える」とし「今年は気象観測史上2番目に暑い年となる」と予想した。

気候専門家らは長期的な気候の流れに注目すべきだと強調している。NASA関係者のガービン・シュミット氏は「地球温暖化は、もはや未来のことではなく、今起こっている現象」と警告した。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国経済は新型コロナウイルス感染症の影響で、今年第2四半期に過去最悪の成長率-32.9%を記録した。…
  2. 一時出国した後、日本への再入国が閉ざされていた留学生や駐在員などの再入国が、来月初から制限的に許可さ…
  3. ビットコイン(BTC)が1万1000ドルラインを突破した。ビットコインの価格が1万1000ドルを超え…
  4. アップルは来たる9月8日に新製品発売イベントをオンラインで開催し、アイフォン12やアップルウォッチ第…
  5. 世界の新型コロナウイルス感染者が今月26日時点で1600万人を超えた。依然として米国の感染者数が最も…

おすすめ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  2. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  3. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  4. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  5. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
ページ上部へ戻る
Translate »