仮想通貨規制案、またも10月に延期…革新性については’認める’

主要20カ国(G20)が仮想通貨関連の共通規制案準備について再び10月に延期した /写真=G20ホームページ

仮想通貨規制案、またも10月に延期…革新性については’認める’
-「マネーロンダリング、脱税、テロ資金供与などの問題あり」

主要20カ国(G20)が仮想通貨と関連した国際的共通規制案の準備を10月に延期した。G20は現地時間21~22日に開催された財務相・中央銀行総裁会議後に発表した声明を通し、仮想通貨が金融及び経済革新を加速させうるという点は認めながらも、投資家保護やマネーロンダリング、脱税などの問題を先決しなければならないと説明した。

去る3月時点でも、規制案の準備は7月の会議まで延ばすとしていたが、今回もまた10月まで延期する運びとなった。これには、G20参加国それぞれの立ち位置が食い違っているという側面もある。

ただ、仮想通貨の革新性については認めているようだ。G20は声明文を通して「仮想通貨(仮想資産)を含めた技術革新は、金融システムと経済へ多大な利点を与えうる。しかし、投資家保護や脱税、またテロ資金供与などの面で問題もある」と指摘した。

また「仮想通貨が世界的金融にとって脅威となってはいないが、注視する必要がある。国際金融のための組織である金融安定理事会(FSB)が、今後継続して仮想通貨界を監視してくれることを期待する」と強調した。

G20は、マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)に対し、10月までに具体的な仮想通貨規制案を提示して欲しいとした。FATFの規制案が発表されれば、G20も仮想通貨関連の規制について明確にしたいという立場だ。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界最大民泊仲介の米エアビーアンドビー(Airbnb)が新規株式公開(IPO)を準備していると明らか…
  2. サウジアラビア政府がサウジの富豪らに対し、国営石油企業アラムコのIPO(新規株式公開)時に株式の大量…
  3. 安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月下旬開催の国連総会に出席するため、米ニューヨ…
  4. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  5. 今年8月に日本を訪れた韓国人観光客数が前年の半分程度に急減した事が分かった。前年の数字を基準として見…

おすすめ記事

  1. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  4. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  5. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
ページ上部へ戻る