韓国、半導体・家電は超好況…自動車は後退

韓国、半導体・家電は超好況…自動車は後退
-韓国、第2四半期の実績決算シーズン
-各産業の悲喜こもごも

半導体や家電、石油業界は好調の推移が続いている一方、自動車業界は不振に陥った。

韓国半導体大手のSKハイニックスは26日、第2四半期の連結決算を発表した。発表によると、売上高10兆3705億ウォン(約1.3兆円)、営業利益5兆5739億ウォン(約5500億円)、当期純利益4兆3285億ウォン(約4300億円)を記録。全ての部門で過去最高値となった。

LG電子の第2四半期の実績は売上高15兆194ウォン(約1.5兆円)、営業利益は7710億ウォン(約770億円)で、前年同期比でそれぞれ3.2%と16.1%増加した。今年1~6月期の売上高と営業利益についてはそれぞれ30兆1424億ウォン、1兆8788億ウォンを記録したと発表した。上半期の売上高で30兆ウォンを超えたのは初めてで、営業利益も歴代最高を更新した。

石油業界も国際原油価格の上昇による利益の増加で好況を迎えている。石油大手Sオイルの第2四半期の実績は売上高6兆31億ウォン(約6000億円)、営業利益4026億ウォン(約400億円)を記録した。

その一方、自動車業界は業績不振に陥った。韓国現代自動車は上半期の売上高と営業利益でそれぞれ47兆1484億ウォン(約4.7兆円)と1兆6321億ウォン(約1600億円)を記録。前年同期比で、売上高は1.1%、営業利益は37.1%が減少した。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »