下落するFAANG、浮上するMAGA

下落するFAANG、浮上するMAGA

最近の業績発表以降、米国ウォール街の大型IT企業への選好度が変わりつつある。

現地時間28日、フィナンシャル・タイムズは、「FAANG」がこれまで証券市場をリードして来たが、先週の第2四半期の業績発表を境に、マイクロソフト、アップル、グーグル、アマゾンのいわゆる「MAGA」がウォール街の注目を集めていると報じた。「FAANG(ファング)」はフェイスブック(Facebook)、アップル(Apple)、アマゾン(Amazon)、ネットフリックス(Netflix)、グーグル(Google)などアメリカの主力ハイテク銘柄の総称。

フェイスブックは先週の26日に業績発表した。発表によると、売上とグローバル利用者数が想定以上に低迷。その影響で株価は19%急落し、時価総額も1190億ドル(約13兆円)減少した。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営者(CEO)の資産も1日で約160億ドル減少した。

ネットフリックスの場合、映像ストリーミングサービスが依然として好調ではあるものの、新規加入者増加率が鈍化し、これまでの勢いと違ってスローダウンの様子を見せた。

一方でマイクロソフトは昨年だけで時価総額が2800億ドルも増加した。マイクロソフトの時価総額の増加額はネットフリックスの時価総額の2倍の規模に当たる。

フェイスブックの急落に“超大型IT企業「ビッグテック(Big Tech)」が成長し続ける時代の終焉ではないか”との見方も出ている。

フィナンシャル・タイムズは、「依然としてTV広告が健在な中、全体広告市場の40%を占めているビッグテックのデジタル広告市場拡大にも限界が来るだろう」とし、「今後ビッグテックの間で熾烈な争いが繰り広げられる」と予想した。

また、「クラウドコンピューティングに力を得ているアマゾンやマイクロソフト、グーグルには、トップの座を守るために果てない開発が必要だ」と語った。

しかし、フェイスブックについては、「過去にインスタグラム買収とモバイルサービスに優先順位を置くという変身を遂げたフェイスブックだが、今後利用者と広告主がどの様な反応を見せるかは疑問だ」と指摘しつつ、「指導力が弱まったフェイスブックが後退する一方、MAGAは徐々に支配力を拡大しているのは明らかだ」と伝えた。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国経済は新型コロナウイルス感染症の影響で、今年第2四半期に過去最悪の成長率-32.9%を記録した。…
  2. 一時出国した後、日本への再入国が閉ざされていた留学生や駐在員などの再入国が、来月初から制限的に許可さ…
  3. ビットコイン(BTC)が1万1000ドルラインを突破した。ビットコインの価格が1万1000ドルを超え…
  4. アップルは来たる9月8日に新製品発売イベントをオンラインで開催し、アイフォン12やアップルウォッチ第…
  5. 世界の新型コロナウイルス感染者が今月26日時点で1600万人を超えた。依然として米国の感染者数が最も…

おすすめ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  2. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  3. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  4. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  5. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
ページ上部へ戻る
Translate »