サムスン電子、第2四半期半導体売上高2.2兆円、営業益1.1兆円

サムスン電子、第2四半期半導体売上高2.2兆円、営業益1.1兆円

サムソン電子が31日、第2四半期に半導体事業で売上高2.2兆円、営業益1.1兆円をあげたと発表した。

第2四半期のメモリ市場は、需要減少とスマートフォン市場の低迷にも、データセンター用サーバーを中心に堅調な需要増加の流れが続いた。NAND型フラッシュメモリの場合はスマートフォン大容量化の流れと、クラウドインフラ拡大によるサーバー用ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)の需要が引き続き増加。サムソン電子は64層3D V-NANDの安定供給を元に、新規モバイルモデルとサーバー用SSDの需要対応に注力し、堅調な業績を達成した。

DRAMに関しては、サーバーやデータセンター、グラフィックカードの需要増加によるメモリ搭載量増大の流れの中、サムソン電子は大容量サーバー用DRAMなどの弾力的な物量運営と供給拡大で堅調な業績を続けている。

下半期のメモリ市場はサーバー需要の継続的な増加と、新型スマートフォン発売による需要拡大が予想される。

NAND型フラッシュメモリに関しては、大容量ストレージを中心に需要が拡大する見通しで、サムスン電子としては第5世代3D V-NAND量産の本格化と、大容量ソリューション製品の競争力を元に、需要に積極対応する計画だ。

DRAMはハイスペックなクラウドサービスが拡大する事でサーバー需要が引き続き増加し、モバイル用の大容量製品搭載などによる需要も堅調だ。しかし、業界では10ナノ級メモリの量産の難しさで、全体的に供給が制約されると予想している。サムスン電子は10ナノ級メモリの工場転換拡大と、大容量サーバーDRAMや広帯域メモリ(HBM)などの差別化された製品販売を通じて、競争力を一層強化していく計画だ。

第2四半期のシステムLSI事業は時期的要因(需要の少ない時期)の影響で、モバイルAPやDDIなどの部品の需要が減少し、業績は前四半期対比で下落した。

下半期はフラッグシップ・スマートフォン向けの有機発光ダイオード(OLED)DDIと、中国スマートフォン企業の高解像度イメージセンサー、デュアルカメラ採用拡大などにより、業績が改善する見込みだ。ファウンドリー事業は第2四半期のHPC(High Perforance Computing)チップの受注増加と共に、モバイルAPやイメージセンサーの需要増加で業績拡大が続いている。

下半期はモバイルAPやイメージセンサーなどの部品需要増加で堅調な売上高が期待される。8ナノ工程適用製品の量産と、EUV(Extreme Ultraviolet=極紫外線)工程を適用した7ナノ工程試験量産により、サムソン電子の技術的リーダーシップが続く見通しだ。

翻訳︰水野卓

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  2. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  3. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…
  4. サーモンが新型コロナウイルスの感染源だという濡れ衣を晴らした。ノルウェーと中国の両国は、サーモンは新…
  5. 安価で広く使われている抗炎症治療剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイリスの治療剤として急浮上した。…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  2. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  3. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  4. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  5. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
ページ上部へ戻る
Translate »