「ミュージカー」正式公開…ブロックチェーン基盤の音楽フラットフォーム

ブロックチェーンに基づく脱中央化音楽産業フラットフォームの「ミュージカー(Muzika)」は30日、自社のサービスを正式に公開し、本格的な活動開始を発表した。

ミュージカーは創作曲・楽譜のフラットフォームであるMY MUSIC SHEETと総合ピアノ・ポータルサイトMaPianistを運営するMaPiaCompanyが直接手掛けるプロジェクト。音楽家とファンが主導する、自生的かつ持続可能なエコシステムを作り出すために企画された。

現在の韓国音楽産業は著作権や流通の構造、仲介の手数料、違法ダウンロードやストリーミングなど数多い問題を抱えている。ミュージカーは分散型デジタル音楽エコシステムを構築し、誰もがアーティストの発掘や支援、音楽の生産から消費に至るまで音楽産業の全過程に参加できる。

ミュージカーの主な強みの一つは主要経営陣3人が既にデジタル音楽産業の市場で大活躍している点で、実質的な事業成果への期待が高まっている。ミュージカーの共同創業者のチョン・インソ氏(代表)、ホ・サンミン氏(最高技術責任者)、イ・ザンウォン氏(最高執行責任者)は今年米フォーブス誌が発表した「2018年アジアで最も影響力のある30歳以下の人物30人(Forbes 30 Under 30 Asia 2018)」に選ばれた。

ミュージカー・プロジェクトを進めているMaPiaCompanyは韓国最大手インターネット企業のNAVER系列である「VC」とKakaoの協力企業「TIPS」からの投資を受け、注目を集めた。今回のミュージカー・プロジェクトも業界から高い関心をもとに、BlackHorse, PANONYなど韓国内外の大手機関から次々と投資を誘致。一般の投資家を対象にする仮想通貨の新規公開(ICO)を全く行わずに事業の費用を確保することができた。

MaPiaCompanyの代表チョン氏は「ブロックチェーンに基づくミュージカーを通じて、今のデジタル音楽産業の問題を効果的に解決可能な新たなパラダイムを提示したい」とし「数年間の経験を基に、どうすればロイヤルティーの高いコミュニティー利用者を確保できるか、また彼らにどうやってインセンティブを与えられるかについて明確に学んできた」と今後の事業運営に自身を示した。

ミュージカーは今後、上場などの会社の公式的な活動をテレグラム内のミュージカー公式チャンネルを通して公表する予定だ。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 10月13日に25歳の誕生日を迎える、世界的な人気を誇るBTSのジミン。世界各地のARMY(BTSの…
  2. 「大久保まつり」が10月14日に開催される。場所は例年通りにJR新大久保駅から大久保2丁目交差点まで…
  3. サウジアラビアの港でイラン国営石油会社のタンカーが爆発し、大量の石油が紅海に流出した。イランは今回の…
  4. 米航空機メーカーのボーイング社と独自動車メーカーのポルシェが「空飛ぶ電気自動車」を共同開発することで…
  5. 曹国(チョ・グク)法務部長官任命から1ヶ月が経過したものの依然として賛否論争は激しく、文在寅大統領と…

おすすめ記事

  1. フェイスブックの仮想通貨リブラの同盟が急激に揺れ動いている。世界最大のオンライン決済企業のひとつ、ペ…
  2. 今年下半期に日本円の価値が世界各国の通貨の中で最も大幅に上昇するとの見通しだ。世界的な景気沈滞への憂…
  3. 韓国外交部は27日、声明を出し、「日本の防衛白書は、我々の固有の領土である独島(竹島)に対して領有権…
  4. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  5. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
ページ上部へ戻る