在日本大韓体育会、創立65周年記念式を開催…東京五輪出場選手を激励

在日本大韓体育会(会長 崔相英)が3月31日、都内ホテルで創立65周年記念式典および祝賀会を開催した。

在日本大韓体育会、創立65周年記念式を開催…東京五輪出場選手を激励

大韓体育会の日本支部である在日本大韓体育会(会長 崔相英)が3月31日、都内ホテルで創立65周年記念式典および祝賀会を開催した。

在日本大韓体育会は、1945年に終戦後、日本に残った韓国体育人を中心に韓国スポーツの復興と国際社会への復帰に寄与することを目的に、53年に発足した団体。発足の前から活発に活動し、韓国が初めて参加した1948年のロンドン五輪、1952年のヘルシンキ五輪に選手団派遣費用や運動用具などを日本全国で集めて寄付した。

大韓体育会の日本支部として認められた53年からは、日本で活動の機会がなかった在日同胞選手を集めて選手団を構成し、韓国の全国体育大会に派遣してきた。これまでの65年間、約1万人規模の選手団を全国体育大会に派遣し、186人の選手と指導者らを国際大会に出場させた。

在日韓国人として初めて金メダルを獲得した安昌林選手(左)を激励する在日本大韓体育会の崔相英(チェ・サンヨン)会長。
右からテコンドー80キロ級の金秀範(キム・スボム)選手、柔道52キロ級の許海実(ホ・へシル)選手、柔道73キロ級の安昌林(アン・チャンリム)選手、柔道66キロ級の金琳煥(キム・イムファン)選手、柔道57キロ級の金知秀(キム・チス)選手。

31日に開かれた記念式では大韓体育会の李起興(イ・ギホン)会長をはじめ、日本スポーツ協会、日本オリンピック委員会から日韓のスポーツ団体の関係者、日韓の体育人など約250人が参加した。

また前回の世界柔道選手権の男子73キロで優勝し、オリンピックで在日韓国人として初めて金メダルを獲得した安昌林(アン・チャンリム)選手をはじめ、柔道66キロ級の金琳煥(キム・イムファン)選手、柔道57キロ級の金知秀(キム・チス)選手、柔道52キロ級の許海実(ホ・へシル)選手、テコンドー80キロ級の金秀範(キム・スボム)などの選手らが参加した。

あいさつに立った在日本大韓体育会の崔相英(チェ・サンヨン)会長。

在日本大韓体育会の崔相英(チェ・サンヨン)会長は「2020東京五輪まで残り481日。日本で生まれ育ち、鍛えられた選手たちが世界の舞台で戦う姿に、熱い声援をお願いする」とし「2020東京五輪の成功に向け、伝統に培われた不屈の精神で、韓日両国のスポーツ発展に寄与するという重大な役割を果たしていきたい」と語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  3. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  4. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  5. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »