VISA前CEO、仮想通貨による即日決済処理スタートアップを主導

VISA前CEO、仮想通貨による即日決済処理スタートアップを主導

クレジットカード会社VISAの前最高経営責任者(CEO)が仮想通貨を通じた決済処理サービスを提供するスタートアップ(新生ベンチャー企業)を主導する。

VISA英アイルランド法人のCEOを務めていたマーク・オブライエン氏は、現地時間20日に行ったビジネスインサイダーのインタビューで、クリプテリウム(Crypterium)社のCEOに就任したと明らかにした。同氏は2008〜2014年の間、VISA英法人のCEOとして在籍していた。

同氏は「日常の決済で仮想通貨が利用できるように努力する。また、それによって、貨幣、そして合法的決済手段として仮想通貨の採用が増えるように努める」と説明した。

また「日常的な決済手段として仮想通貨を利用するのは現状まだ難しい。ビットコインを持って両替所に行けば、銀行口座に現金が入金されるまで3〜7日を要する。すべての手続きが円滑に行われるようにし、消費者が仮想通貨で日用品を購入できるようなシステムを作っていく予定」と付け加えた。

オブライエン氏は金融業界での経験とクレジットカード分野の人脈を活用しVISA・MASTERカードなどと提携を結ぶ一方で、仮想通貨基盤のデビットカードの発売についてもサポートする方針だ。

これまでコインスやテンエックスなど、多数の仮想通貨会社がVISA提携の銀行を利用してデビットカードを発売してきた。しかし昨年、VISAが仮想通貨デビットカードを禁止としたため、当該サービスは中断せざるを得なくなった。第三者である提供会社がVISAの許可なしにサービスをスタートさせたとしてこのような措置を取ったのだ。

クリプテリウム社のような仮想通貨のスタートアップがVISA・MASTERカードなどと直接連携することができれば、今後正式な仮想通貨基盤のデビットカードが発売となる可能性もある。

翻訳者M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が17日、新型戦術誘導兵器の射撃実験を視察したと、朝鮮中央通信が報じた…
  2. 韓国南部の晋州市(チンジュし)で17日、通り魔事件が発生した。40代男性が自身の部屋に火をつけた後、…
  3. 経済専門メディア「フォーブス」は16日、ブロックチェーンの分野で将来10億ドル以上の価値を持つと評価…
  4. 膠着状態に陥った米朝対話の勢いを取り戻すべく、文在寅大統領が4回目の南北首脳会談を計画しているものの…
  5. フランスの消防当局が16日(現地時間)、ノートルダム大聖堂の火災原因調査に本格的に着手した。…

おすすめ記事

  1. 2019-4-15

    仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

    仮想通貨専門メディアのビットコインエクスチェンジガイドは最近、今年の仮想通貨の成長傾向を予測する4大…
  2. 2019-4-11

    実際のブラックホール写真が初公開…「我々の理論と予測が正しかった」

    世界で初めてブラックホールの存在とその姿が公開された。EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)理…
  3. 2019-4-9

    グーグルとアップルの覇権争いが勃発…5Gゲームコンテンツが収益源として浮上

    グーグルとアップルが5G常用化を前に、新たなゲーム・プラットフォーム開発を宣言した。グーグルとアップ…
  4. 2019-4-6

    スターバックス、真の目的はビットコイン銀行

    昨年8月、スターバックスがICEのBakkt(ビットコイン先物取引などを行うことができるプラットフォ…
  5. 2019-4-5

    没落した英雄…ゴーン会長が4度目の逮捕

    日本の検察は、保釈金を支払い先月6日に釈放されたカルロス・ゴーン前日産自動車会長を4日、特別背任容疑…

アーカイブ

ページ上部へ戻る