VISA前CEO、仮想通貨による即日決済処理スタートアップを主導

VISA前CEO、仮想通貨による即日決済処理スタートアップを主導

クレジットカード会社VISAの前最高経営責任者(CEO)が仮想通貨を通じた決済処理サービスを提供するスタートアップ(新生ベンチャー企業)を主導する。

VISA英アイルランド法人のCEOを務めていたマーク・オブライエン氏は、現地時間20日に行ったビジネスインサイダーのインタビューで、クリプテリウム(Crypterium)社のCEOに就任したと明らかにした。同氏は2008〜2014年の間、VISA英法人のCEOとして在籍していた。

同氏は「日常の決済で仮想通貨が利用できるように努力する。また、それによって、貨幣、そして合法的決済手段として仮想通貨の採用が増えるように努める」と説明した。

また「日常的な決済手段として仮想通貨を利用するのは現状まだ難しい。ビットコインを持って両替所に行けば、銀行口座に現金が入金されるまで3〜7日を要する。すべての手続きが円滑に行われるようにし、消費者が仮想通貨で日用品を購入できるようなシステムを作っていく予定」と付け加えた。

オブライエン氏は金融業界での経験とクレジットカード分野の人脈を活用しVISA・MASTERカードなどと提携を結ぶ一方で、仮想通貨基盤のデビットカードの発売についてもサポートする方針だ。

これまでコインスやテンエックスなど、多数の仮想通貨会社がVISA提携の銀行を利用してデビットカードを発売してきた。しかし昨年、VISAが仮想通貨デビットカードを禁止としたため、当該サービスは中断せざるを得なくなった。第三者である提供会社がVISAの許可なしにサービスをスタートさせたとしてこのような措置を取ったのだ。

クリプテリウム社のような仮想通貨のスタートアップがVISA・MASTERカードなどと直接連携することができれば、今後正式な仮想通貨基盤のデビットカードが発売となる可能性もある。

翻訳者M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »