VISA前CEO、仮想通貨による即日決済処理スタートアップを主導

VISA前CEO、仮想通貨による即日決済処理スタートアップを主導

クレジットカード会社VISAの前最高経営責任者(CEO)が仮想通貨を通じた決済処理サービスを提供するスタートアップ(新生ベンチャー企業)を主導する。

VISA英アイルランド法人のCEOを務めていたマーク・オブライエン氏は、現地時間20日に行ったビジネスインサイダーのインタビューで、クリプテリウム(Crypterium)社のCEOに就任したと明らかにした。同氏は2008〜2014年の間、VISA英法人のCEOとして在籍していた。

同氏は「日常の決済で仮想通貨が利用できるように努力する。また、それによって、貨幣、そして合法的決済手段として仮想通貨の採用が増えるように努める」と説明した。

また「日常的な決済手段として仮想通貨を利用するのは現状まだ難しい。ビットコインを持って両替所に行けば、銀行口座に現金が入金されるまで3〜7日を要する。すべての手続きが円滑に行われるようにし、消費者が仮想通貨で日用品を購入できるようなシステムを作っていく予定」と付け加えた。

オブライエン氏は金融業界での経験とクレジットカード分野の人脈を活用しVISA・MASTERカードなどと提携を結ぶ一方で、仮想通貨基盤のデビットカードの発売についてもサポートする方針だ。

これまでコインスやテンエックスなど、多数の仮想通貨会社がVISA提携の銀行を利用してデビットカードを発売してきた。しかし昨年、VISAが仮想通貨デビットカードを禁止としたため、当該サービスは中断せざるを得なくなった。第三者である提供会社がVISAの許可なしにサービスをスタートさせたとしてこのような措置を取ったのだ。

クリプテリウム社のような仮想通貨のスタートアップがVISA・MASTERカードなどと直接連携することができれば、今後正式な仮想通貨基盤のデビットカードが発売となる可能性もある。

翻訳者M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »