フェイスブック、「リブラ発行は規制当局の懸念を解消してから」

フェイスブック、「リブラ発行は規制当局の懸念を解消した後」

フェイスブックは24日、規制当局の法的・制度的の懸念が解消された後、ブロックチェーンプロジェクト「リブラ」を発行するという立場を改めて明らかにした。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は同日、自身のフェイスブックを通じて「リブラ・プロジェクトの参加各社は、リブラを発行する前に規制機関と緊密に協力して規制機関の懸念を解消するために努力する」と綴った。また「今後も規制当局の制度的懸念を解消するため、政策立案者と積極的にコミュニケーションしていく」と伝えた。

リブラ発行の目的についても語った。ザッカーバーグ氏は「支払い(Payments)は、最も重要な産業として浮上している」と前提した後、「銀行サービスから疎外されている世界中の何十億人の人々に、安全で、信頼性の高い、適切な統制下にある仮想通貨にアクセスする権限を与えること」とリブラの目標を説明した。

個人情報の取り扱いを巡って、フェイスブックが米連邦取引委員会に罰金50億ドル(約5400億円)を支払うことになったとの報道と関連してもコメントした。ザッカーバーグ氏は、「フェイスブックは今後、データ管理技術を検討し、それを補完するために技術的資源を大量に投入していく」と約束した。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »