野火のように広がる香港デモ

香港の問題がますます大きくなる模様だ。香港警察はすべての集会を不許可したが、先月31日にも香港市民が街に集結し、抗議デモを13週連続行った。

前日、香港警察はデモを主導する黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏(22)と周庭(アグネス・チョウ)氏など多数の民主活動家を逮捕し、集会とデモの求心力を揺さぶった。しかし、このような圧力がデモ隊を刺激した。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によると、デモ隊は警察庁付近の道路でバリケードを築いて激しく対抗した。火炎瓶を投げる場面も目撃されている。

警察側も強力に対応した。ビクトリア公園近くのデモ現場では銃口を空に向けて実弾を発砲する警告射撃もあったという。警察の警告射撃は先週に続き、今回が2度目。また催涙弾を発射し、デモ隊の火炎瓶に対抗したとの記事もみられる。

香港デモが長期化、過激化、大規模になることで、中国の中央政府の苦心もますます大きくなっている。中国が力を入れて準備中の建国70周年国慶節(10月1日)のビックイベントまでデモが続く場合、中国政府の負担も大きくなるしかないと専門家らは分析している。

武装兵力の本格投入でデモ隊の鎮圧に乗り出す可能性もあるが、「第2の天安門事件」の烙印を押され、国際社会の激しい非難に直面するため、“兵力の投入”は難しいとみられる。

さらに米中貿易交渉が香港問題と連携されている点も負担となっている。米中貿易戦争を交渉を通じて解決することが中国としては最高のカードだが、ドナルド米大統領が香港問題を貿易交渉と連携する態度をみせており、中国政府の苦心が深まっているようだ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »