ブロックチェーン基盤の海上保険登場…海運最大手マースクが初導入

ブロックチェーン基盤の海上保険登場…海運最大手マースクが初導入

-物流分野に広がる可能性

世界最大の海運会社A.P.モラー・マースクが世界で初めてブロックチェーン基盤の海上保険プラットフォームを導入した。物流分野に急速に広がる事が予想されるブロックチェーン技術が、マースクの海上保険サービスを通じて世界の海上物流産業のデジタル革新の転機となるかに注目が集まっている。

29日、仮想通貨やブロックチェーン専門の海外メディアなどは会計事務所のアーンスト・アンド・ヤングとソフトウェア保安会社のガードタイムがマイクロソフトのクラウドサービス「アジュール」を活用し、別名「インシュアウェーブ(Insurwave)」と呼ばれるブロックチェーン海上保険プラットフォームを完成させたと明らかにした。関係者らはマースクはこのプラットフォームを試験運用中で、プロジェクト開発にも一役買ったという。
インシュアウェーブは導入初年に50万件以上の自動化された元帳の取引を支援する一方で、1000件超に達する商業用船舶のリスク管理も支援することが期待されている。

マースクのリスク・保険総括ラス・ヘンネバーグ氏は「運送物流業界のデジタル化を主導するのが目標だ」とし、「依然として受動的で複雑な手続きを簡素化する事の価値を試すきっかけになるだろう」と評価した。また「全世界でコンテナ船350隻を運航しているだけに、海上保険は私どもに相当な助けになることは間違いない」と付け加えた。

アーンスト・アンド・ヤングとガードタイムはこのプラットフォームを海上貨物とグローバル物流、航空とエネルギー部門などにも拡大する計画だ。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真:WIKIMEDIA COMMONS (作者 Steve Jurvetson) グーグル、…
  2. 仮想通貨取引所「アップビット」、シンガポールに続きタイ、インドネシアも手中に? 韓国を代表する…
  3. 接点探す米中…中国副首相訪米秒読み段階 -首脳会談の事前調整兼ね訪問 米国と中国が高位級…
  4. 「ビットコインの遅い処理速度は弱点ではない」=大物投資家 仮想通貨投資家でコインメトリクスの共…
  5. 徴用工問題で韓国に歩調合せる北朝鮮...国際大会で声明発表か 韓国の最高裁が新日鉄住金に対し、…

おすすめ記事

  1. 2018-11-8

    米中間選挙の勝者はトランプ?「上院の勝利で弾劾される恐れが消えた」

    米中間選挙の勝者はトランプ?「上院の勝利で弾劾される恐れが消えた」 2018年米国中間選挙が予…
  2. 2018-10-30

    韓国最高裁、元徴用工訴訟に新日鉄住金の賠償命令を判決…「個人請求権は消滅していない」

    韓国最高裁、元徴用工訴訟に新日鉄住金の賠償命令を判決...「個人請求権は消滅していない」 日本…
  3. 2018-10-29

    韓国ではアダルトサイトを見ることもダメ?過度な処置に不満爆発

    韓国ではアダルトサイトを見ることもダメ?過度な処置に不満爆発 「アダルト動画も好きなように見られな…
  4. 2018-10-26

    共同警備区域の非武装化が完了…北朝鮮側への観光は来月から

    韓国と北朝鮮の軍事境界線がある板門店。/WIKIMEDIA COMMONS(Henrik Ishih…
  5. 2018-10-22

    カナダの実験「大麻合法化」…成功するか?

    カナダの実験「大麻合法化」...成功するか? 10年ほど前のある真っ暗な夜、カナダ・カルガリー…

アーカイブ

ページ上部へ戻る