ブロックチェーン基盤の海上保険登場…海運最大手マースクが初導入

ブロックチェーン基盤の海上保険登場…海運最大手マースクが初導入

-物流分野に広がる可能性

世界最大の海運会社A.P.モラー・マースクが世界で初めてブロックチェーン基盤の海上保険プラットフォームを導入した。物流分野に急速に広がる事が予想されるブロックチェーン技術が、マースクの海上保険サービスを通じて世界の海上物流産業のデジタル革新の転機となるかに注目が集まっている。

29日、仮想通貨やブロックチェーン専門の海外メディアなどは会計事務所のアーンスト・アンド・ヤングとソフトウェア保安会社のガードタイムがマイクロソフトのクラウドサービス「アジュール」を活用し、別名「インシュアウェーブ(Insurwave)」と呼ばれるブロックチェーン海上保険プラットフォームを完成させたと明らかにした。関係者らはマースクはこのプラットフォームを試験運用中で、プロジェクト開発にも一役買ったという。
インシュアウェーブは導入初年に50万件以上の自動化された元帳の取引を支援する一方で、1000件超に達する商業用船舶のリスク管理も支援することが期待されている。

マースクのリスク・保険総括ラス・ヘンネバーグ氏は「運送物流業界のデジタル化を主導するのが目標だ」とし、「依然として受動的で複雑な手続きを簡素化する事の価値を試すきっかけになるだろう」と評価した。また「全世界でコンテナ船350隻を運航しているだけに、海上保険は私どもに相当な助けになることは間違いない」と付け加えた。

アーンスト・アンド・ヤングとガードタイムはこのプラットフォームを海上貨物とグローバル物流、航空とエネルギー部門などにも拡大する計画だ。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. [metaslider id="8380"] (写真はユーチューブで「ユミの空間」の動画から) 平壌…
  2. [metaslider id="8380"] 韓国で新型コロナウイルスのPCR検査を受けなければなら…
  3. 中国からの入国者全員に対するPCR検査が義務化された中、今月2日に仁川空港から韓国に入国した入国者の…
  4. [metaslider id="8380"] 北朝鮮で平壌(ピョンヤン)に輸送されていた金塊…
  5. 韓国の新型コロナウイルスの新規感染者数は15日0時基準で前日より4万9118人増加し、7万2883人…
ページ上部へ戻る
Translate »