ブロックチェーン基盤の海上保険登場…海運最大手マースクが初導入

ブロックチェーン基盤の海上保険登場…海運最大手マースクが初導入

-物流分野に広がる可能性

世界最大の海運会社A.P.モラー・マースクが世界で初めてブロックチェーン基盤の海上保険プラットフォームを導入した。物流分野に急速に広がる事が予想されるブロックチェーン技術が、マースクの海上保険サービスを通じて世界の海上物流産業のデジタル革新の転機となるかに注目が集まっている。

29日、仮想通貨やブロックチェーン専門の海外メディアなどは会計事務所のアーンスト・アンド・ヤングとソフトウェア保安会社のガードタイムがマイクロソフトのクラウドサービス「アジュール」を活用し、別名「インシュアウェーブ(Insurwave)」と呼ばれるブロックチェーン海上保険プラットフォームを完成させたと明らかにした。関係者らはマースクはこのプラットフォームを試験運用中で、プロジェクト開発にも一役買ったという。
インシュアウェーブは導入初年に50万件以上の自動化された元帳の取引を支援する一方で、1000件超に達する商業用船舶のリスク管理も支援することが期待されている。

マースクのリスク・保険総括ラス・ヘンネバーグ氏は「運送物流業界のデジタル化を主導するのが目標だ」とし、「依然として受動的で複雑な手続きを簡素化する事の価値を試すきっかけになるだろう」と評価した。また「全世界でコンテナ船350隻を運航しているだけに、海上保険は私どもに相当な助けになることは間違いない」と付け加えた。

アーンスト・アンド・ヤングとガードタイムはこのプラットフォームを海上貨物とグローバル物流、航空とエネルギー部門などにも拡大する計画だ。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  2. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  3. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  4. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…
  5. 17日の仮想通貨市場は、ほとんどの銘柄が前日比10%以上の暴落を見せるなど重い雰囲気が漂っている。米…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る