アリババの馬雲氏、会長を退任

アリババの馬雲氏、会長を退任

中国電子商取引(EC)大手のアリババグループのジャック・マー(馬雲)会長が10日、会長の席から公式に退いた。同日はマー氏の55歳の誕生日で、アリババ創業20周年になる日。

マー氏は昨年の株主と社員に送ったメールで「人間の能力とエネルギーには物理的な限界があるため、誰も会長とCEO職を永遠に全うすることはできない」と経営の一線から退陣することを予告した。その後マー氏はアリババの株式持分を減らし、後継体制構築のための大々的な組織再編を断行した。

英語教師出身のマー氏は、1999年に浙江省杭州で50万元(約830万円)でアリババを共同創業した。電子商取引を中心に、ネット金融、人工知能(AI)などの先端産業全般にビジネス幅を広げ、時価総額5000億ドルに達する巨大インターネット企業に成長させた。

マー氏と家族の財産は390億ドルで、中国の最高の金持ちと知られている。会長から退任したマー氏はまだ6%台のアリババの株式を保有しており、2020年の株主総会までアリババ理事会のメンバーとして残るようになる。外部から抜擢した会計の専門家である張勇(ダニエル・チャン)CEOがマー氏の後を継ぐ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界最大民泊仲介の米エアビーアンドビー(Airbnb)が新規株式公開(IPO)を準備していると明らか…
  2. サウジアラビア政府がサウジの富豪らに対し、国営石油企業アラムコのIPO(新規株式公開)時に株式の大量…
  3. 安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月下旬開催の国連総会に出席するため、米ニューヨ…
  4. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  5. 今年8月に日本を訪れた韓国人観光客数が前年の半分程度に急減した事が分かった。前年の数字を基準として見…

おすすめ記事

  1. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  4. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  5. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
ページ上部へ戻る