アリババの馬雲氏、会長を退任

アリババの馬雲氏、会長を退任

中国電子商取引(EC)大手のアリババグループのジャック・マー(馬雲)会長が10日、会長の席から公式に退いた。同日はマー氏の55歳の誕生日で、アリババ創業20周年になる日。

マー氏は昨年の株主と社員に送ったメールで「人間の能力とエネルギーには物理的な限界があるため、誰も会長とCEO職を永遠に全うすることはできない」と経営の一線から退陣することを予告した。その後マー氏はアリババの株式持分を減らし、後継体制構築のための大々的な組織再編を断行した。

英語教師出身のマー氏は、1999年に浙江省杭州で50万元(約830万円)でアリババを共同創業した。電子商取引を中心に、ネット金融、人工知能(AI)などの先端産業全般にビジネス幅を広げ、時価総額5000億ドルに達する巨大インターネット企業に成長させた。

マー氏と家族の財産は390億ドルで、中国の最高の金持ちと知られている。会長から退任したマー氏はまだ6%台のアリババの株式を保有しており、2020年の株主総会までアリババ理事会のメンバーとして残るようになる。外部から抜擢した会計の専門家である張勇(ダニエル・チャン)CEOがマー氏の後を継ぐ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  4. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  5. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »