北朝鮮、「サイバー攻撃で資金調達」国連報告書を否定

北朝鮮、「サイバー攻撃で資金調達」国連報告書を否定

北朝鮮は最近、米国など敵対勢力がサイバー攻撃で大量破壊兵器の開発資金20億ドルを調達したという噂を広めていると主張した。

「朝鮮民主主義人民共和国の資金洗浄やテロ資金支援を防ぐための国家調整委員会」の報道官は、談話を通じて「何の科学的な証拠もなく、むやみに我が国を誹謗するような謀略資料を、我々が認めてもいない国連安全保障理事会・対朝鮮制裁委員会の専門家グループの中間報告書にまで入れた」とし「サイバー犯罪をはじめとするあらゆる犯罪の首領がこのような真っ赤な嘘を捏造し出したのは、嘘も百回繰り返せば真実になるというヒトラー、ファシスト宣伝手法を再現してみようとする愚かな行為」と非難した。

また「このような敵対勢力の謀略・捏造行為は、我が国のイメージを損ない、対朝鮮制裁・圧迫騒ぎを正当化するための卑劣な遊びに過ぎない」と強調した。

一方、国連安全保障理事会傘下の対北朝鮮制裁委員会は最近、銀行や仮想通貨取引所へのサイバー攻撃で北朝鮮が20億ドル規模の資金を奪取したと発表した。被害調査対象国として指定したのは計17カ国で、韓国の被害事例が10件で最も多く、インドが3件、バングラデシュ、チリがそれぞれ2件だった。

翻訳:尹怡景
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »