ビットコインが9千ドル割れ…暴落の原因は?

ビットコインが9千ドル割れ…暴落の原因は?

ビットコインが急落し、9000ドル台を割り込んだ。9000ドルを下回ったのは約3か月ぶり。

コインマーケットキャップによると、ビットコインの価額は25日午前11時時点で過去24時間前より約10.7%安の8715ドル前後で推移している。一時は8300台ドルまで下落したが、少し落ち着きを取り戻した雰囲気。しかしさらなる暴落の可能性もあり、アルトコインを含め市場全体が全面安の動きを見せている。

このような暴落の原因についてはまだ伝わっていないが、専門家らは好材料と期待されていた「Bakkt」への失望感が背景にあると指定している。ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル取引所が設立したBakkt(バックト)が23日(現地時間)、ビットコイン先物取引サービスを開始した。仮想通貨が米国連邦政府の規制を受ける取引所に進入したという点で期待を集めたが、初日の出来高は日本円で8千万円水準にとどまった。機関投資家の参加も予想より少ないことが分かっている。

また国際会計基準審議会(IASB)傘下の国際会計基準(IFRS)の委員会が仮想通貨について金融資産として分類することができないとの結論を下したことが、暴落の火種になったとみられる。仮想通貨は通貨も金融商品でもないとの国際会計基準が提示されたことで、仮想通貨の制度圏進入はより困難になったと専門家らは分析した。

info@fnnews.jp
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »