ビットコインの格付け「B-」…イーサリアムは「B-」

米国格付け機関「ワイス」、ビットコインをB-に格上げ…イーサリアムもB-

米国独立格付け機関ワイス・レーティングの仮想通貨への格付けで、時価総額1位のビットコインがB-を取得した。今年1月のC+より一段階上がったと、ビットコイン・ドットコムが5月31日(現地時間)に報じた。

時価総額2位のイーサリアムもB-に格付けされた。リップル、ステラ、トロンも同様にB-となった。イオス、カルダノ、ディークレッドは今回最も高いB等級を取得した。B+またはAを取得した仮想通貨はなかった。

ワイスは93種の仮想通貨の等級を評価した結果、14種がB水準(B、B-)だったと明らかにした。ドージコイン、イーサリアムクラシック、ライトコイン、Zキャッシュなど54種がC水準(C、C+、C-)を獲得した。ビットコインキャッシュはC-だった。

DとEはそれぞれ16種、9種だった。特に時価総額1億ドル以上の仮想通貨の中で4種がここに該当した。ビットコインゴールド、ビットコインプライベート、エレクトロニウム、レッドコインなどだ。最下級のF等級の評価を受けた仮想通貨はなかった。F等級は詐欺の可能性が高い等級だ。

ワイスは「技術及び投資のリスク、リターンのような評価項目以外に他の要素まで総合的に判断して付与した結果だ。新技術時代に向かう過渡期であり、項目全体で最高点数を獲得することはとても難しい」と話した。

また「旧世代コインが一般的に技術の面で引けを取る一方、最新技術が採用されたアルトコインでは採択面で点数が低い。リスクとリターンの場合、伝統的な投資手段と肩を並べるようなコインは今のところはない」と付け加えた。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »